« とりあえずオープン | トップページ | 幸せ配達バンド「せきずい」 »

2004/08/03

月やあらぬ

月やあらぬ 春や昔の春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして

良く知られた在原業平の歌です。
真夏に春の歌を引用するのも変ですが、最近ふとこの歌を思い出します。
一時の熱狂が冷め、自分一人が取り残されて余韻に浸っているような孤独を表現するには適しているような気がします。
人の心の移ろいは世の常ではありますが、変わらない部分もあるのではといい年こいて甘っちょろいことを考えてます。
そんな心模様を書き残したくなったのが、このBlogを始めたきっかけです。

|

« とりあえずオープン | トップページ | 幸せ配達バンド「せきずい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1235060

この記事へのトラックバック一覧です: 月やあらぬ:

« とりあえずオープン | トップページ | 幸せ配達バンド「せきずい」 »