« 男でもヤクルトおばさんになれる! | トップページ | 伊首相、植毛バレちゃった!昨年は美容整形も »

2004/08/24

「『昭和』の次は『旭(旭日)』説を聞いたことはありませんか?

「どうして「平成」というのか?」の記事に対して、次のようなコメントをいただいた。

「昔、社会の先生から最終選考は「旭」だと聞かされた記憶があるんだけど間違いだったのかな・・・・」

私も「旭」(あるいは「旭日」)説は聞いたことがある。
確かにありました。しかもボツになった理由が、

「政府の天敵、朝日新聞を想起させ、彼らを利するから」

との「理由」付きで。

ただ、前例踏襲の伝統の典型とも言える元号について、過去1,300年以上も2文字だったものを1文字名をすることは、ふつう考えられない。

では、一体この説はどこから出てきたのか?

都市伝説の類なのか、または表に出て来なかった隠れた事実なのか。

「昭和」になる時も、東京日日新聞(毎日新聞)が、

「次の元号は『光文』」

と報道した「幻の光文事件」もありました。

当時は、

「新聞にスッパ抜かれたから、急遽『昭和』に変えた」

と言われていましたし。

どなたか、この辺の説について詳しい情報をお持ちの方がいれば、ぜひお寄せいただきたい。

※補足※

光文は最終候補には残っていたが、既に早くから昭和に決まっていたそうだ。
ただ、報道から発表までの時間があまりに短かったために、そのような説が巷間に広がったらしい。


|

« 男でもヤクルトおばさんになれる! | トップページ | 伊首相、植毛バレちゃった!昨年は美容整形も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1265500

この記事へのトラックバック一覧です: 「『昭和』の次は『旭(旭日)』説を聞いたことはありませんか?:

« 男でもヤクルトおばさんになれる! | トップページ | 伊首相、植毛バレちゃった!昨年は美容整形も »