« 報知新聞に関する長年の疑問 | トップページ | 女性の快感は男性の10倍以上 »

2004/08/29

「オタク」の定義とは?

日本屈指のシンクタンク、野村総研の定義によると、

「オタク」の定義とは、次のようなものらしい。

・アニメ:テレビアニメ番組を週2ケタ以上録画する。
(20万人、消費規模 200億円)
・コミック:同人誌即売会に参加する。自ら同人誌を執筆する。
(100万人、消費規模 1,000億円)
・ゲーム:生活時間のほとんど(余暇時間の7割以上=推定)を
ゲームに費やす。
(80万人、消費規模 780億円)
・アイドル:特定のタレントなどに共感を持ち、情報収集や応援
活動を積極的にする。
(80万人、消費規模 600億円)
・PC組み立て:余暇時間(推定8割以上)などをパソコンの組み
立てに費やす。
(5万人、消費規模 320億円)

一体、どのようにして、この定義が決められたかについて、記事も
野村総研のプレスリリースも触れていない。

私は、ここに書かれた数字以上に、そちらの方に興味がある。

以上、締めて、延べ285万人

東京ドーム 52杯分のオタク...

彼らの体温と汗で蒸し暑く、ドーム中にすっぱい臭いが充満していそうである
下手するとドームの天井に結露が生じて、上から水滴がポタポタと...

そんなオタクの方への処方箋がここに。
「脱オタクファッションガイド」
http://www.oxiare.net/
有名なサイトなので、ご存じの方も多いと思います。
オタクの分析も秀逸ですが、きちんと治療法が書いてあるのが素晴しい
ですね。

|

« 報知新聞に関する長年の疑問 | トップページ | 女性の快感は男性の10倍以上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1289042

この記事へのトラックバック一覧です: 「オタク」の定義とは?:

« 報知新聞に関する長年の疑問 | トップページ | 女性の快感は男性の10倍以上 »