« Utada 日本で「洋楽」扱いの謎 | トップページ | 口うつしで手乗り文鳥にエサ、オウム病にかかり九死に一生 »

2004/09/16

Winnyユーザー逮捕の手法 ついに明らかに!

京都府警によるWinnyユーザー逮捕までの手法が、ついに明らかになった。

詳細な方法は、この記事を読んでいただきたい。

京都府警のWinny突破の手法が、ついに明らかに

結局は、

「府警はWinny本体に対して暗号解読も試みたが、歯が立たなかった。」

らしい。

今回、逮捕に至ったのは、Winnyに組み込まれたBBS機能から足が付いたようである。

さて、ここで疑問である。

なぜ、群馬県高崎市と愛媛県松山市の「犯人」を逮捕したのが、京都府警なのか?

京都府警と言えば、この手のサイバー犯罪の摘発記事の常連である。

京都府警には、IT系に強い特殊な部隊がいるのだろうか?

私は、ある情報を入手した。

「『サイバーポリス』の裏には、ゲームメーカーの協力がある。」

というのである。

その後の調査で、

「成田空港の税関に違法CD-ROM摘発用のパソコン設置を進言したのも、あるゲームメーカーだ。」

という情報を得た。

そして、さらにこのようなディープな話も聞くことが出来た。

「増加するIT系の犯罪に対して、警察もスキルアップに力を入れているが、いかんせん数的にも質的にも追いつかない。
そこで、地元のゲームメーカーに技術指導の協力を依頼するようなことも出てくる。
警察の依頼だけにゲームメーカーも無下に断れず、時には、パソコンなど機器持参で協力することになることもある。」

そして、最後にこう話してくれた。

「IT系犯罪を摘発する警察は、その管轄内に有名なゲームメーカーか、あるジャンルのゲームメーカーがある。」

確かに京都府には、ゲームメーカーの雄、任天堂の本社もある。

それに京都には大学やベンチャー企業も多いから、IT系の高いスキルを持った人材が豊富であるのは間違いない。

「『サイバーポリス』の裏には、ゲームメーカーの協力がある。」という情報について、今この真偽はわからない。

しかし、今後、発生するサイバー犯罪を摘発したのが、どこの警察なのかは、注意深くトレースする必要がありそうだ。

【補足】

今度は、ハリウッドが動き出した。

権利お金にはすごくうるさい連中が相手だけに、今も「Winny」「WinMX」を利用している方は、お気をつけください。

その恐怖のシナリオについて、CYRO流に分析・予想してみたので、ぜひ一度ご一読ください。

「ハリウッドがあなたを訴える?! Winnyユーザーの想定賠償金額は1人平均5049万円!」

Winnyはなぜ破られたのか―P2Pネットワークをめぐる攻防
園田 道夫
九天社
売り上げランキング: 122168
おすすめ度の平均: 4.5
4 ネットエージェント社によるリバースエンジニアリングの概要
4 現在のP2Pネットワークの現状か
5 取り締まる側の書籍です。

|

« Utada 日本で「洋楽」扱いの謎 | トップページ | 口うつしで手乗り文鳥にエサ、オウム病にかかり九死に一生 »

コメント

京都府警は任○堂とは関係ないんじゃないかな?
90年代後半からネット関係の犯罪を検挙していたし
伝説のハッカーccを逮捕したのも京都府警
当時は父兄にはPCおたくがいるって噂されていた

投稿: | 2004/09/20 02:33

情報ありがとうございます。
そういう噂もあるのですか?
参考になります。
それを可能にするのも、高度な技術に対応出来る
人材を供給出来る京都という土地柄があってこそ
のものなのでしょうね。

投稿: CYRO | 2004/09/20 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1443996

この記事へのトラックバック一覧です: Winnyユーザー逮捕の手法 ついに明らかに! :

» なるほどね [たくろふのつぶやき]
なぜサイバー犯罪を摘発するのはいつも京都府警なのか 地の利 [続きを読む]

受信: 2004/09/18 10:00

« Utada 日本で「洋楽」扱いの謎 | トップページ | 口うつしで手乗り文鳥にエサ、オウム病にかかり九死に一生 »