« 京都からタクシーただ乗り | トップページ | ハリポタ第5巻、日本で発売 未明の行列200人 »

2004/09/01

トマトジュースのカクテルに密かなブームの兆し

トマトジュースのカクテルに密かなブームの兆し

ドリンクの世界にも健康ブームが押し寄せ、バーやレストランの間で、
トマトジュースをベースにしたオリジナルカクテルを開発する動きが広
がっている。

 仕掛けたのはトマトジュースのトップメーカー、カゴメ。同社は、トマト
ジュースを使った新しい飲用スタイルを提案するプロジェクト『&t』を展
開し、東京・大阪のバー・レストランとタイアップ。トマトジュースの需要
拡大とイメージアップを狙った。こうした呼び掛けに対して、飲食店側も
昨今の健康ブームや低アルコール化の流れに合わせたドリンクメニュー
の拡大につながる試みとして歓迎した。

(中略)

 今後、さらに種類を増やしたいという店も多く、トマトジュースのカクテル
がちょっとしたブームになりそうな兆しを見せている。
(「日経レストラン」菅原雅信)


「密かなブームが...」
「静かなブームが...」

といった記事があったら、その裏に必ず仕掛けようとしている人や企業が
いる。

ご存じの方も多いと思うが、こうしたことは、自然発生的に起こっている
のではなく、ネタが欲しいマスコミと企業の「創作」なのである。

その典型が情報番組(ニュースの情報コーナーを含む)や雑誌、そして、
日経(今回は日経BP社だが)である。

通常は、それとわからないように報道しているのだが、今回は非常に
その「創作」過程がわかりやすいので、参考例として挙げてみた。

簡単に言うと、日経BP社とカゴメの書いたシナリオでバーとレストラン
を使ってブームを作るというストーリーである。

新聞を「事実を報道するもの」と信じてやまない無邪気なおじさん達は、
きっと今朝もどこかでこんな話をしていることだろう。

「お前、日経読んだか?今、~が流行っているらしいな。」

そして、こうした事情を知る人々は、その言葉を否定することなく、
愛想笑いという「大人の対応」で応えているのである。


P.S:今回は、ちょっと「3分間講義」のネタっぽかったかな?>元FDのみなさん

|

« 京都からタクシーただ乗り | トップページ | ハリポタ第5巻、日本で発売 未明の行列200人 »

コメント

なにを講義しているのですか?(^-^;

そういえば、「韓流ブーム」は電通が仕掛けたモノだ、と言ううわさ話を聞いたことがあります。

投稿: nako | 2004/09/01 21:57

nakoさん、いらっしゃいませ。
沖縄はいかがですか?

最近、怪しげな話が続いたので、ちょっとマズい
かなと思いまして。少しマジメに書いて見ました。
もし良かったら、後輩に一言いかがです?

「韓流=電通仕掛け説」おもしろそうですね。
ちょっと調べてみます。

では、またお越しくださいませ。

投稿: CYRO | 2004/09/02 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1329999

この記事へのトラックバック一覧です: トマトジュースのカクテルに密かなブームの兆し:

» ジンギスカンの謎 [なころぐ]
 夕刊フジBlogにこんな記事が。 ◇ジンギスカン人気拡大中-「ジンパしよ!」が [続きを読む]

受信: 2004/09/02 19:51

« 京都からタクシーただ乗り | トップページ | ハリポタ第5巻、日本で発売 未明の行列200人 »