« マスコミが知らないiモード秘話---2XXシリーズと5XXシリーズ誕生の真相 | トップページ | 古代日本は韓国人の支配下 »

2004/09/27

「週刊SPA!」からお詫びがありました

先日、このような記事を書いた。

今週の「週刊SPA!」に「採用(?)」されました!

あれから約1週間が経ち、

「やはり、無視されたか...」

と思っていたら、

本日(9/27)の夜6時前に「週刊SPA!」編集部の担当者X氏から電話が
あった。

例の9月28日号の例の記事についてのお詫びであった。

電話で伝えられた内容は、次のようなものであった。

 「ライターに確認したところ、
 『自分で調べたところもあったが、指摘されたサイトを参考にさせてもらった』
ということでした。
 事前に断りなく、使わせてもらってすみません。
 今後はこのようなことがないように気を付けます。
 これでよろしいのでしょうか?」
 

 とのことでした。

裁判で言えば、全面勝訴である。

 「これでよろしいのでしょうか?」のフレーズにひとをクレーマー扱い
されたような気がしないではありませんでしたが、別にゴネてユスることが目的
ではありません。

こちらの主張をきちんと認めていただき、きちんと謝罪もあったのでこれでこの件は
終わりにする。

しかし、扶桑社の看板雑誌である「週刊SPA!」編集部が、名もない一個人に対し
て、このように謝罪することはない
と思っていただけに正直、意外な気がした

このようなことは、なかなか出来ることではない。
素直に立派であると思う。

確かに考えてみれば、当然のことではあるが「大人の世界」では、道理が通らない
ことの方が多い。

それだけに今回の「週刊SPA!」編集部の対応に接し、

「世の中、捨てたモンじゃないな」

とちょっとうれしく思った。

(甘いかな?)

|

« マスコミが知らないiモード秘話---2XXシリーズと5XXシリーズ誕生の真相 | トップページ | 古代日本は韓国人の支配下 »

コメント

いつも楽しく読ませて頂いております。

「これでよろしいのでしょうか?」
にちょっと笑ってしまいましたが、
「次号に謝罪文掲載とか、なにがしかの報酬はよろしいんですね」
というニュアンスも(少なくとも文章からは)読み取れますね。

一個人に対してもきちんと謝罪するってことは、
ネットといえどもバカにはできないってことなのでしょう。
それだけ影響力が強いってことですね。

投稿: | 2004/09/28 10:40

SPA!はやはり、時代が読めてますな。

投稿: さいもん | 2004/10/27 20:14

著作権料として少しお金を要求してもよかったのでは。

投稿: nanashi | 2004/12/29 17:29

それをやっちゃうと、
「やっぱりカネが目的か!?」
と思われるのがイヤだったんです。
男のプライドでございます。
ハイ。

投稿: cyro | 2005/01/05 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1534579

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊SPA!」からお詫びがありました:

« マスコミが知らないiモード秘話---2XXシリーズと5XXシリーズ誕生の真相 | トップページ | 古代日本は韓国人の支配下 »