« 母娘感染の可能性=タイの鳥インフルエンザ | トップページ | KDDIは大丈夫か? auケータイの「FeliCa」搭載に感じる不安 »

2004/09/30

「教科書問題」の顛末について

去る9月20日付の記事童話「おおきなかぶ」は危険思想書
1980年代初頭の「教科書問題」に関連して、「誤報」に対する
全国紙の対応について書かせていただきました。

この内容について、けんぼうさんよりご指摘のメールをいただきま
した。

ご指摘いただいたのは、

「産経新聞以外のメディアは、誤報であったことを報道していない」

と言い切るのは「踏み込み過ぎではないか」というものでした。

この件に関して、けんぼうさんから、より詳細な情報をいただきま
したので、ご紹介します。

・「(当時の文部省が日本軍の大陸への『侵略』を『進出』と指導
 したとされる)問題となった記事は、各紙1982年6月26日
 のもの。

・サンケイ(現産経新聞)は、同年9月7、8日で訂正及び検証記
 事を掲載。

・朝日新聞は、9月19日付で誤報を一応は認めている。 
 但し、「文部省への責任転嫁を行う等、訂正記事としては問題の
 ある内容に思え」るものだそうです。

・毎日新聞は9月10日付で「それっぽい記事」が掲載されているが
 これを訂正記事とするのは苦しい。

 
・読売新聞やNHK等については訂正を出したかどうかは不明。

 本来であれば、データベースや新聞の縮刷版で調査して、きちんと
確認しなければなりませんが、取り急ぎ、現在までの情報をお伝えし
たいと思います。

 けんぼうさん、情報ありがとうございました。

 より詳しい情報をご存じの方がいらっしゃれば、ご教示いただけれ
ると幸いでございます。

|

« 母娘感染の可能性=タイの鳥インフルエンザ | トップページ | KDDIは大丈夫か? auケータイの「FeliCa」搭載に感じる不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1552060

この記事へのトラックバック一覧です: 「教科書問題」の顛末について:

« 母娘感染の可能性=タイの鳥インフルエンザ | トップページ | KDDIは大丈夫か? auケータイの「FeliCa」搭載に感じる不安 »