« 肖像画の人物の向きでわかること | トップページ | リクルートと富士通 »

2004/09/06

いくつある?「冬ソナ」日本語カバー曲

「冬ソナ」の地上波放送が終了して2週間。

それなのに

「チャララン♪ チャララーラ♪」

と、お馴染みのイントロを耳にすると、何だかくすぐったいような、
恥ずかしい気持ちになるのはなぜだろう。

最近は、Ryu(ミン グァノン)が歌う韓国語のオリジナルバージョンでなく、日本語
カバー曲もよく耳にする。

でも、よく聴くとRyu以外の人が歌っている曲も多いような気がする

歌詞も微妙に違うような...

だいたい飲み屋の有線で耳にするケースがほとんどなので、最初は
酔っていることもあって「気のせい」と考えてました。

でも、どうしても気になったので、ちょっと調べてみた。

Ryu 「Moment / 最初から今まで」

 こちらが本家本元。

やしきたかじん 「My memory」

天乃つばさ 「My memory」

意外なことに、この2作品は、ブームになる前の昨年9月リリース。
しかも本家よりも早い。(Ryu版は2003年12月)
「冬ソナ」ブームの便乗商法じゃなかったのね。
やるじゃん、たかじん!

September 「冬のソナタ~最初から今まで~」

ビリーバンバン 「今は、このまま」(カップリング曲として「最初から今まで」を収録)
 名曲「白いブランコ」で有名ですね。
 知らない人は、50過ぎのおじさんをカラオケに連れて行ってお願いしてみてください。
 きっと喜んで熱唱してくれるはずです。

テツandトモ 「サイボウの不思議/最初から今まで」
 「サイボウの不思議」はNHKの「みんなのうた」でOAされてます。
 そして、今度は「冬ソナ」...
 いつの間にか「NHKファミリー」入りを画策しているのではないか?>テツandトモ
 
 歌唱力は確かですので、聴いてみて損はありません。
 
向井成一郎 「オレンジハート」
(「最初から今まで~Room#303~」を収録)
 Ryuに手紙を出して直接会いに行ったらしいです。
 この人も私の好きな「熱い人」のようです。
 その辺の事情は、北海道日刊スポーツの記事をご参照ください。
 ■もっと!ピープル 人気韓国ドラマ「冬のソナタ」のテーマ曲を日本語でカバーした歌手 向井成一郎


全部で7作品。

いろんな風に聴こえてたわけではなく、いろんな人が歌ってたんですね。

では、歌詞の方はどうだろう?
ふつう同じタイミングで出た外国曲のカバーは、だいたい同じだと思うのですが。

では、作品ごとの作詞家を比較してみましょう。


・Ryu、ビリーバンバン、テツandトモ=凛々

・天乃つばさ=天乃つばさ

・やしきたかじん=及川眠子

・September=松井五郎
          (すごい!安全地帯、HOUND DOG、氷室京介にも提供してる大物作詩家です)

・向井成一郎=向井成一郎

5パターンの歌詞があったんですね。

確かに気のせいでも、酔っぱらいの幻聴でもではなかった。

あとは、韓国語オリジナルとカバー曲の歌詞の違いを比較してみたいもの
ですが、また時間があればやってみたいと思います。

|

« 肖像画の人物の向きでわかること | トップページ | リクルートと富士通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1342120

この記事へのトラックバック一覧です: いくつある?「冬ソナ」日本語カバー曲 :

» 冬ソナFLASH [百鬼夜行]
こんなの見つけちゃいました。 元ネタはシェルターさん 冬のソナタ(日本語訳) h [続きを読む]

受信: 2004/09/12 01:38

« 肖像画の人物の向きでわかること | トップページ | リクルートと富士通 »