« 「原宿ジャイアン7」ライブレポート(1) | トップページ | AV女優とレースクィーンをわけるものは? »

2004/10/16

「原宿ジャイアン7」ライブレポート(2)

ヨン様も登場した「原宿ジャイアン」。

3番目「Clue Reverse」
観客の声を突き抜けて、RUIDOの隅々までクリアに通るKenのボーカル。

clue.JPG

終了後の楽屋で、

「また、ジャイアンに来たいなー」

と、叫ぶ彼を見て、「ジャイアン」が、バンドにとって一種のブランドになりつつあることを感じた。

そして「ジャイアン」の共同主催者である「TWOGEE」登場。

twogee.JPG

ノリの良い曲で会場を沸かせた後に、辻兄弟による「芸人殺し」の軽妙なMCが入り、「花言葉」で聴衆を引き込む。
変幻自在とは、まさにこのことである。

路上ライブで見るのと、また違う趣きである。
国家権力の介入を心配せずに演奏出来るせいか、のびのびやっているように見える。

彼らの実力については、リサーチ済みであったが、緩急織りまぜたステージさばきもなかなかである。

トリは、もちろん「せきずい」である。

私も、年甲斐もなく、「せきずい」のイメージカラーであるグリーンのTシャツに身を包み、若い人の邪魔にならないように静かに参加。

彼らを間近で見ようとする聴衆でステージ近くの密度が変わる。
幕が上がり、1曲目「マイルストーン」の演奏が始まると会場の空気が弾けた。

相変わらずVo ゴウのMCも冴えている。
ゴウだけがしゃべるのでなく、常に話題がサッカーボールのように絶妙なパス回しでメンバーの間を巡る。

いつも会場の反応を見ながらMCを進めるゴウ。
一方通行にならないように間を取ったり、観客の視線がステージ全体を回るようにメンバーに話をふったりするトーク術は非常に参考になる。

あとは、ゴウの目ヂカラですね。
歌舞伎役者でも、あそこまで力のある目で訴えてくる人はいません。
一番後ろにいても、射すくめられる目というのは、彼が最初です。

メンバーもそれぞれ個性があるトークができるからこそ、成立するワザなのだろう。

テツヲのものまね(今回は、加山雄三でした)、ヨシアキのマンガなど、ライブの中に盛り込まれる小ワザの数々が、ステージにメリハリを付ける。

「せきずい」の場合、曲間のMCが観客とのコミュニケーションになっている。このやり取りの間に、初めて接する人々も知らないうちに彼らの世界に引き込まれてしまう。

その結果、MCが終わり、次の曲が始まるとマジックにかかったように古くからのファンと一体化できるのである。
これが「せきずい」のライブの魅力なのだろう。

2曲目に公約通り新曲「太陽」が公開された。さらに「Mr.タンクトップ」で会場を盛り上げた後、2つ目の新曲「晩秋の空、月にじむ夜」では、一転してじっくりと聴き込ませてくれる。

「せきずい」から観客への応援歌「夢追ト」
このブログのサブタイトルにも使わせていただいている、私の大のお気に入りの曲である。
突き出した右手の波が会場を覆う。

そして、ラストは「チャリンコライダー」
(私の携帯の「着うた」は、これ。)
観客全員がメンバーと一緒に踊る。
光と影の中、ステージと客席が一体となって一斉に縦に横に動く光景は、巨大なうねりのようでもある。

sekizui.JPG

最後列で取材する筆者の隣に元「森田公一とトップギャラン」のギタリスト原田正美さんを発見。
「森田公一とトップギャラン」と聞いてわからない若い方も多いかも知れない。
1976年にリリースした「青春時代」がミリオンセラーの大ヒット。
1977年には紅白歌合戦にも出場した伝説のグループである。

森田公一とトップギャラン ~GOLDEN J-POP / THE BEST

原田さんにお話しを伺うと以前からライブやレコーディングに足を運んで「せきずい」の応援をされているそうである。

最後は、出演メンバーと観客全員による記念撮影。
「記念撮影」と聞いて、大変驚いたが、これは恒例の行事になっているとのことである。

開演から5時間。
もう23:00を過ぎているが、それぞれの表情から疲れは読み取れない。
会場には、充実の微笑みが広がっている。
(私は「Clue Reverse」の黒い旗(?)を持たせてもらいました。)

「原宿ジャイアン」がファンの間で特別な位置付けである意味が理解出来たような気がする。

当日の様子をもっと知りたい方は、

プログラフィックデザイナー kanon氏http://home.att.ne.jp/surf/kanon/
プロライブフォトグラファー みへん氏http://www.mihaeng.net/

のサイトを訪ねていただければ、「原宿ジャイアン」の持つエネルギーをきっと感じていただけるだろう。

また、ライブでしか聞けない「せきずい」の軽妙なMCもインターネットラジオで聴くことが出来る。

「せきずい☆ハピデリTalk-RADIO」
http://www.bigmountain-jp.com/radio.html

10月20日(水)深夜にVol.8がアップされる予定。
月2ペースで更新され、古いものから順に聴けなくなるそうなので、聞き逃さないようお早めに。

なお、今後の「せきずい」の予定は、次の通りです。

お時間がある方は、ぜひ!
本当に元気になりますから。

《ライブ》

■10月

10/29(fri)長野大学学園祭 

10/30(sat).31(sun)上田Player's Club loft Ticket¥1000(高校生半額)

■11月
 
11/02(tue)渋谷RUIDO K2

《ラジオ》

■長野SBC放送「おいしいワイド まるさか亭」 
[受信チャンネル]
長野1098kHz 松本864kHz 上田1062kHz 諏訪1197kHz
軽井沢1485kHz 伊那1098kHz 佐久1458kHz 飯田1098kHz

詳細はSBCラジオHPへ
http://sbc21.co.jp/radio/index_ra.html 

「せきずい」公式ホームページ
http://www.at.il24.net/~sekizui/top.html

【追伸】

ライブ終了後、楽屋で「せきずい」メンバーのサインをもらっちゃいました。

今まで、テレ臭くてもらえなかったのですが、この日は「意を決して」(ちょっとオーバーか)色紙とペンを持参してお願いしました。

色紙を差し出すと、

「いや~、色紙に書き慣れてないので、緊張しますね。」

と言いつつ、快くサインに応じてくれました。

ベースのカズヒロさんから、

「ステージからでも思いっきり見えましたよ。
緑のTシャツ着てたから、Cyroさんって、すぐにわかりましたよ。」

と言われ、うれしい反面、ちょっとテレ臭かったです。

今回の「ジャイアン」では、企画面でお手伝いをさせていただきましたが、こちらが恐縮してしまうくらいメンバーのみなさんから丁寧なお礼を言われました。

こう言われると、男として意気に感じますね。
音楽性もさることながら、私の師匠が言ってた通り、「本当にいいヤツら」です。
あの師匠がホレ込んだ理由がよくわかります。

「よし、また彼らのために何かしてあげよう!」

って気になります。

「せきずい」のメンバーと私が去年担当したFDクラスの熱い人たちが、ほぼ同じ年。
彼らを応援していると、FDのみんなを応援しているような感じがします。

|

« 「原宿ジャイアン7」ライブレポート(1) | トップページ | AV女優とレースクィーンをわけるものは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1674466

この記事へのトラックバック一覧です: 「原宿ジャイアン7」ライブレポート(2):

« 「原宿ジャイアン7」ライブレポート(1) | トップページ | AV女優とレースクィーンをわけるものは? »