« 昭和のバカボンパパはどこへ行ったのか? | トップページ | 部下正座させBB弾を数発発射、護衛艦の2等海曹逮捕 »

2004/11/09

電子投票と民主主義

アメリカ大統領選挙が終わった。

結果云々については、ここでは述べない。

この選挙では、

・マーク式
・パンチカード式
・タッチスクリーン式電子投票

が使われたようだ。

日本においては、地方自治体レベルで電子投票が導入された
事例がわずかにあるが国政選挙での実績はない。

「e-Japan戦略」の名の下に、一時導入の機運が盛り上がった
ものの機器のレンタル費用が高い、思ったよりも時間が短縮され
ないなどの問題があり、熱気は急に冷めたようである。

私は、民主主義にコストや効率化を持ち込むことは非常に危険で
あると考えている。

「時間がかかるから」「お金がかかるから」あるいは「そんなことに
無駄なエネルギーを使うなら、別のことにお金と時間をかけるべき」
などと言って選挙や審議に時間をかけなくなるとどうなるか?

まさしく大政翼賛会が、同じ目的のもとに成立し、結果は歴史が
伝える通りである。

電子投票、インターネット投票にもそのような危険を感じる。

電子投票の結果の中身は誰が保証するのか?システム自体が
「ブラックボックス」なので極端な言い方をすれば、為政者に都合の
よい結果にすることだって可能である。

インターネット投票にしても、

「携帯から投票出来れば便利」

などという人がいる。特にIT関係の人間に多いのだが、こういった人は
電子投票システムを売り込む前に、まずは民主主義について勉強した
方がいい

いつでもどこでも投票できるということは、投票の秘密も担保されない
ことを意味することをきちんと理解すべきである。

偏差値の高い学校で学んでいるはずなのに、会社の仕事に一生懸命
なあまり、市民としての基本を忘れてしまっている人が何と多いことか。

話を元に戻す。

言うまでもなく、投票の秘密は民主主義の重要な要素である。
あの北朝鮮にも投票制度は存在するが、党が推薦する候補者リスト
に異論がある人だけが記入所に行くシステムなので、100%に近い
率で信任されるしくみになっている。

この投票の秘密を獲得するためには、先人たちの多くの努力があった
ことをまず知るべきである。

これ以外にも、データが落ちた時については、どうするのか?
それについても議論されていないし、タッチスクリーン式だとしても
その並び方や配色ひとつによっても結果に影響してくるはずである。

「町山智浩アメリカ日記」

によると、今回のアメリカ大統領選挙において、全投票の3分の1タッ
チスクリーン式の電子投票マシン
で行われたそうである。

そして、その導入を進めたのはブッシュ政権で、この電子投票システムを
最も多く受注したのが、ディーボルト社

ディーボルト社は、共和党に多大な献金をしている企業である。


これだけでも十分怪しい。

しかも、このタッチスクリーン式電子投票システムの構造は企業秘密で、
ディーボルト社が管理と集計を行うという。

極端な話、例えディーボルト社が共和党に有利なように細工したって、一
切、証拠は残らない。

前出の「町山智浩アメリカ日記」では、ディーボルト社製の電子投票システ
ムでケリーに投票しようとするとどうなるか、というショートムービーを紹介
している。

http://www.ericblumrich.com/wmf/vm.wmv

これは極端かも知れない(当然だが)が、左右どちらに配置するか、配色、
フォント、など議論になることは多そうである。

一度、このショートムービーを見て、考えていただければ幸いである。

|

« 昭和のバカボンパパはどこへ行ったのか? | トップページ | 部下正座させBB弾を数発発射、護衛艦の2等海曹逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1884416

この記事へのトラックバック一覧です: 電子投票と民主主義:

« 昭和のバカボンパパはどこへ行ったのか? | トップページ | 部下正座させBB弾を数発発射、護衛艦の2等海曹逮捕 »