« やはり「ドラえもん」も高齢化していた | トップページ | 電子投票と民主主義 »

2004/11/08

昭和のバカボンパパはどこへ行ったのか?

「サザエさん」「ドラえもん」のようにずっと続いているアニメは、声優さんの交代が難しいが、「国民的キャラクター」になると前作のイメージがあるので同様に交代が難しいようである。

「鉄腕アトム」アトム役を演じた清水マリさん(1936年6月7日生:68歳)は、40年間も担当した。

「ゲゲゲの鬼太郎」は、今まで4つのテレビシリーズがあった。鬼太郎役は、3作目から交代したが、目玉のおやじ田の中 勇 1932年7月19日生:72歳)は、あのイメージが強すぎるせいか、初代からそのままである。

「天才バカボン」も「元祖天才バカボン」「平成天才バカボン」「レレレの天才バカボン」と4部作あるが、バカボンのママだけは、不動である。

「天才バカボン」のメインキャラクターと言えば、バカボンのパパ。

「あの強烈なイメージを作った昭和のバカボンのパパ役の人は、今、何をしているのだろうか?」

人気アニメのキャラクター役の声優さんの年齢を調べつつ、ふと疑問に思った。

さっそく「天才バカボン」も調べてみた。

その結果がこれである。

バカボン     山本 圭子 1943年 8月 7日 61歳  
(「ゲゲゲの鬼太郎」の砂かけ婆)
バカボンのママ  増山江威子 1936年 4月22日 68歳
(「ルパンⅢ世」の峰不二子、「キューティーハニー」の如月ハニー)
ハジメちゃん   貴家堂子  1941年2月4日 63歳
(「サザエさん」のタラちゃん、「ハクション大魔王」のアクビちゃん)
目ん玉つながりのおまわりさん
[初 代]田の中 勇 1932年 7月19日 72歳
[2代目]肝付 兼太  1935年11月15日 もうすぐ69歳

初代が「鬼太郎」の目玉のおやじで2代目がスネ夫くんですか。
レレレのおじさん 槐 柳二  1928年 3月17日 76歳

そして、

バカボンのパパ 雨森 雅司 1930年 7月24日 (74歳)
  
ここで「(74歳)」としたのは、昭和のバカボンパパ役の雨森 雅司さんは、1984年 4月 9日に肝硬変のためにお亡くなりになっていたのです。
享年53。
あまりにも早すぎる死です。

鬼籍に入られて今年でちょうど20年になります。
ここで調べるまで全く気が付きませんでした。

「元祖天才バカボン」以降、なじみのバカボンパパの声を聞かなくなったと思ったら、こういうことになっていたとは...

20年後に気付いて、こういうことを言うのも変かも知れませんが、ショックです。

バカボンのパパが亡くなった

そんな気持ちです。

雨森さんのご冥福をお祈りいたします。


天才バカボン DVD-BOX
天才バカボン DVD-BOX
posted with amazlet at 08.08.31
デジタルサイト (2007-01-26)
売り上げランキング: 11835
おすすめ度の平均: 5.0
5 おそらく…
5 バカボンはやはり1作目が最高
5 今もこの作品を越えられるものは現れない…

|

« やはり「ドラえもん」も高齢化していた | トップページ | 電子投票と民主主義 »

コメント

亡くなった当時,新聞の訃報欄で知りました.
既に20を過ぎていましたが、新作は作られないんだなあと思いました.(それ以降も作られていますけど、違和感があります。)
 思い出してみますと、鬼籍に入られた声優さんと言うのもかなりいらっしゃるんですよね.特に,現役で亡くなられて突然、別の人になると言うのは悲しいものですね。

投稿: 千春の部屋 | 2004/11/12 16:41

千春の部屋さん、コメントありがとうございます。

訃報欄に出ていたんですか?
掲載時に気が付かないと、私のように20年経って、
ようやく気付いて愕然としてしまうのでしょうね。

「バカボンパパ=雨森さん」のイメージが強いだけ
に、それ以降に制作された、どの「バカボン」も
千春の部屋さん同様に違和感を感じて仕方ありませ
ん。

鬼籍に入られた声優さんも多いですね。
この記事を書いていて気が付きました。
「サザエさん」のカツオくんや伊佐坂先生(=浜さん)
もそうでした。

愛していたアニメ作品の声優さんが亡くなるのは、
悲しいですね。思い出の一部が失われたようで。

投稿: | 2004/11/14 23:24

雨森さんのパパの声すごく好きなのに・・
私もとてもショックです。
今ちょっと涙が出てしまいました・・

投稿: ポリゴン | 2008/01/31 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/1888572

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のバカボンパパはどこへ行ったのか?:

« やはり「ドラえもん」も高齢化していた | トップページ | 電子投票と民主主義 »