« モンチッチの「散髪」 | トップページ | 美談?迷惑?「19歳の少女に一目惚れ、74歳の男がプロポーズ」 »

2004/12/12

マジメな人ほど一度踏み外すと恐いのはなぜ?

こんにちは。

その後は、いかがですか?

今日は、先日の続きです。

前回は、

「忘れることなんかできないから、いろんなことを
して、思い出の分母を大きくして、薄めるしかない。」

と言ったと思います。

でも、その一歩すら踏み出せないならどうするか?

今日は、そのことについて話そうと思います。

人は、心の中に「狂気」という「猛獣」を飼っているような
ものではないのか?

それを「理性」やら「道徳」といったオリに閉じ込めて日常を生きているように思うのです。

ある程度いい加減に生きてきた人っていうのは、時々(いろんな意味での)「快楽」というエサを猛獣に与えてるから、例え、何かの拍子にオリが壊れても、自分を傷つけることも他人を襲うことも少ない。

(満腹のライオンがシマウマを襲わないのと同じ理由です。)

反面、いわゆるマジメに生きてきた人たちというのは、

「危険だから...」
「恐いから...」

ということで、エサを一度も与えずに、「メンツ」や「常識」といった要素も付加されたぶ厚い鉄板や鋼鉄で出来た頑丈なオリに閉じ込めているようなもの。

素直に信じられた子供の頃や、若い頃は問題ない。

けど、大人になって何年かすると、「疑問」の雨「現実」の風でオリがすっかり錆びてしまったり、おいしそうな「快楽」という名のエサの臭いを嗅ぐとお腹を空かせた猛獣が暴れ出すことも。

このオリが、何かの拍子で壊れると、どうなるでしょう?
飢えたトラを野に放つようなもの。
しかも、長い間、外に出ようとオリに体をぶつけて傷だらけ。

こうなると手がつけられません。
無理に大人しく「理性」と「道徳」のオリに戻ってもらおうとすると、手ひどいケガしかねません。

下手すると本当に死にます。

もちろん、周りの人間も無傷じゃありません。
時には、手伝った相手もとばっちりで重傷を負うこともあるでしょうね。

急いでオリを直すにも、なにせ素材は鉄板や鋼鉄。
木の板や棒でできたオリであれば、材質は弱いけど誰にでも修理出来ます。
頑丈なものだけに溶接などの特殊技能を持った人間でないと難しい。時間だってかかります。

長い年月をかけて出来た硬い「常識」や「道徳」といった素材が幾重にも取り囲んで出来ている。

それだけに一度壊れると元に戻すのも大変なんですよ。

しかも、ただでさえ恐ろしい猛獣なのに、今まで「快楽」というエサをほとんど与えられずにいたわけですからハンパじゃありませんよね。

これが、マジメな人ほど一度踏み外すと恐い理由です。

姿かたちこそ、猛獣の姿をしてますが、これも大切なあなたのハートの一部

いきなり射殺するなんてことはしないでください。
えらいことになります。

まずは、落ち着くまで待ちましょう。
少しの「エサ(=快楽)」と薬を与えて、危害を加えないレベルまで。

どんなエサでも構いません。

ただ、注意しなきゃいけないのは、「愛情」と間違えて「人間の肉(=肉欲)」を与えないように。

両者は、ある意味、非常によく似た部分があるので注意してください。慣れた人でも間違うことが多いから。

一度壊れた古いオリに猛獣を戻すのは、難しいかも知れません。
でも、野放しにするのは危険過ぎます。

フェンスでも板囲いでもなんでもいいです。
まずは、今、あなたが信じられる価値観の中に収めてください。

そこから、考えてもいいと思います。

今回の「事件」に懲りて、いきなり鉄とコンクリートの要塞を作ろうとなんて思わないことです。

そして、絶対にひとりで何とかしようとしないように。

ひと呼吸おいてから、周りを見渡してごらん。

きっと、あなたに手を差し伸べてくれる人たちがいるから。

また、辛くなったときでも連絡をください。

役に立てるかわかりませんが、いっしょに考えるくらいなら
出来ると思います。

では、また。


いまここから始めよう
伊藤 守
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 142274
おすすめ度の平均: 5.0
5 元気の出る本!!

|

« モンチッチの「散髪」 | トップページ | 美談?迷惑?「19歳の少女に一目惚れ、74歳の男がプロポーズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/2241696

この記事へのトラックバック一覧です: マジメな人ほど一度踏み外すと恐いのはなぜ?:

« モンチッチの「散髪」 | トップページ | 美談?迷惑?「19歳の少女に一目惚れ、74歳の男がプロポーズ」 »