« 行ってきたぜ! 「せきずい」ライブ | トップページ | ライブ終了後の「せきずい」をレポートしました »

2004/12/18

ナイトウォーク

昨夜、同僚と会社近くで飲む。

乗り換え駅に着くと、終電が出た後であった。

タクシーで帰るにも、金曜日の夜だし、忘年会シーズン。

まともな長さでないタクシー待ちの列、列、列。

ふと、

「じゃあ、家まであるくか?」

なんてことを考えてしまった。

乗り換え駅から、自宅までは約10km。

多摩川に沿って歩けば、酔っぱらっていても道に迷うこと
はない。

そうは行っても、フツーの人は、そう思うことはあっても、実際に歩く
ことはない。

ただ、この日の自分は、酔っぱらって気が大きくなっていたことに加
えて、先日のホノルルマラソン完走してきた同僚たちの話を
聞いていていた影響もあった。

virtual trip THE BEACH HAWAII oahu
(あぁ、ハワイ...[普通の人のイメージ])


ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐
(嗚呼、ハワイ...[私のイメージ])

「大丈夫ですよ。ほとんどの人が(42.195kmを)完走出来ますよ。」


歩きました。

約3時間かけて。

ひたすら多摩川の土手千鳥足で。

冷たい冬の風が多摩川を吹き抜けていく。

30分も歩くと、一気に酔いも覚めてしまった。

その頃になって、ようやく自分のアホな決断に後悔するも、
時すでに遅し。

この時間、多摩川の沿線道路を走る車のスピードハンパでは
ない。

しかも巨大な10tダンプでさえ、100km/h近いスピードで
走っている。

(学生時代、400ccのレーサーレプリカバイクで、深夜この道を走る
ダンプを追い越すのに120~130km/h出さないと無理だった。)

こんな状態で、ほとんどないに等しい歩道フラフラした酔っぱら
が立って、空車のタクシーを止めるのは無謀というもの。

仕方なく、途中で途中で目につくコンビニ「給水所」にして、カップ
を補給しながら無事完走

なぜか歩き始めた時よりも自宅に着いた時の方がフラフラしてたよ
うな気がする。

で、目覚めたのが、昼の2時。

学生の時、渋谷でコンパが終わった後、15kmの道のりを
国道246号線を歩いて帰って以来のことである。

30半ば過ぎて、こんなことやってるようじゃダメだよな...

あぁ、頭が痛い...


でも、やめられないんだよな。

飲んべえの聖書「ルバイヤート」を読んで、自分の「粗相」を
正当化してみたくもあり。

1冊まるごとお酒を詩に読んだオマル・ハイヤームというオッサン
はスジ金入りの飲んべえですな。

酒を友とし、時には師として、上手に付き合ってるから大したもの
です。

ルバイヤート
ルバイヤート
posted with amazlet at 04.12.18
オマル ハイヤーム 陳 舜臣
集英社 (2004/02)
売り上げランキング: 273,048
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
5 序文には感動
4 数少ない原典からの直訳

|

« 行ってきたぜ! 「せきずい」ライブ | トップページ | ライブ終了後の「せきずい」をレポートしました »

コメント

あははは。
僕もよく酔い覚ましに歩きますよ。
さすがに10kmは歩かないけど。
とにかくケガなく無事で何より(笑)

投稿: KAIZUKA | 2004/12/19 00:45

お疲れ様です。たまたまKAIZUKAさんのところからたどり着きました。

酔いながらの歩きは超きもちいいーですねー。
ラーメン屋さんがあったら、尚更よしです。

両方の親指の爪が青紫色になってしまいましたが、来年に向けて走りだそうと思います。

ぜひ、ごいっしょに!

投稿: zhongcun451 | 2004/12/19 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/2304215

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトウォーク:

« 行ってきたぜ! 「せきずい」ライブ | トップページ | ライブ終了後の「せきずい」をレポートしました »