« カップジュース自販機だって法律上は「喫茶店」 | トップページ | どこまで行くか?!「萌え」ブーム »

2005/02/20

メガドライブは、PICOの中で生きている

セガから「メガドライブ」が遊べるゲーム機、 「メガドライブプレイTV」が発売されるらしい。
「メガドライブ」のゲームソフトが収録され、価格は3980円。

セガ:メガドライブが遊べるゲーム機を発売 「メガドライブプレイTV」

「メガドライブ(MD)」と言えば、1988年にセガから発売された家庭用ゲーム機。
日本では、王者 任天堂の「スーパーファミコン(SF)」の壁に阻まれたが、アメリカでは、「ジェネシス」の名称でヒット。
「ソニック・ザ・ヘッジホック」が日本市場以上にブレイクしたことで、「スーパーニンテンドー(SFのアメリカ版)」を超えるベストセラー機となった。

あれから、約20年。

パソコン用はもちろん、ゲームボーイやケータイにも移植されてきたが、再び、メガドライブのソフトが家庭のテレビ画面に復活する。

それだけ人気のあるゲームが多かったというのかも知れない。

当時のセガの勢いを改めて感じる。

ソフトだけではない。

実は、「メガドライブ」のハードは、今も生きている。
いわゆるゲームとしてのハードとしてではなく、別のところに姿を変えて生きているのである。

そのハードがこれ。

ピコバリューパック しまじろうセット

子供用の知育コンピューター「PICO」。
この分野では、大成功を納めたハードであり、今も人気の商品である。

時代の経過とともに半導体の集積度が上がったり、仕様が変更された部分もあるが、基本的な部分は「メガドライブ」である。

一昨年、「ファミコン」と「スーパーファミコン」の生産が終了。

スーパーファミコンジュニア
(「スーパーファミコンジュニア」)

任天堂ファミコン
(新「ファミコン」)

FC ファミリーコンピューター本体 四角ボタン(本体のみ・中古)
(こちらは初代「ファミコン」。なんとプレミア付き価格で売っています!)

かつてのライバルが引退した後も、形を変えながらも、キッズコンピュータとして、今も生産される「メガドライブ」。

おもちゃ売り場に行くと、あの頃のセガの技術をしのぶことが出来るはずです。

セガ・コンシューマー・ヒストリー
ファミ通DC編集部
エンターブレイン (2002/02)
売り上げランキング: 18,478
通常3~4日以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 セガコンシューマーの総?決算
5 セガファン必携の一冊
5 家庭用ゲーム機もう一つの歴史

|

« カップジュース自販機だって法律上は「喫茶店」 | トップページ | どこまで行くか?!「萌え」ブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/2983231

この記事へのトラックバック一覧です: メガドライブは、PICOの中で生きている:

« カップジュース自販機だって法律上は「喫茶店」 | トップページ | どこまで行くか?!「萌え」ブーム »