« 死にたくなる月曜日 ~ 4月と5月が特に危ない ~ | トップページ | タダより高いモノはない »

2005/02/03

アントニオ猪木をゲームソフトに「出場」させるといくらかかるのか?

ゲーム業界本を書いている友人から、こんな
話を聞いたことがある。

あるゲームメーカーが、新日本プロレス
レスラーが登場するゲームを作った。

新日本プロレス 闘魂炎導 BRAVE SPIRITS
(こんな感じのヤツでしょうか?※イメージ映像です※

ゲームメーカーから、新日本プロレスに支払わ
れたギャラは、数千万円2,000万円説もある)。

「アントニオ猪木が入ると5,000万円

アントニオ猪木自伝

と言われたので、予算の都合で猪木の出場は無く
なったという。

と、いうことはアントニオ猪木が格闘ゲームに
出場するファイトマネーは、
3,000万円

某プロレスライターさんにこの話をすると、

BOYS BE 2ndSeason 13 (13)
(ヒントです)

「あ~、わかるような気がします。
猪木さんは、別格ですから。まぁ、妥当なセン
だと思いますよ。」

選手としてリングに上らなくなって、久しいが
ギャラ次第では、ゲーム上のリングに出場して
くれるかも知れない。



アントニオ猪木 必殺技全集-極意-1
ジェネオン エンタテインメント (2002/09/26)
売り上げランキング: 45,514
通常5~6日以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 さすが猪木
5 プロレスの醍醐味を伝える作品!

|

« 死にたくなる月曜日 ~ 4月と5月が特に危ない ~ | トップページ | タダより高いモノはない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/2785828

この記事へのトラックバック一覧です: アントニオ猪木をゲームソフトに「出場」させるといくらかかるのか?:

» プロレス・ゲームの制作予算 [星海の駄述駄言 GX]
● http://kitadai.air-nifty.com/fd/2005/02/post.html  リンク先の「FDクラススタッフ控室(地下2階)」さん... [続きを読む]

受信: 2005/02/03 11:15

« 死にたくなる月曜日 ~ 4月と5月が特に危ない ~ | トップページ | タダより高いモノはない »