« アントニオ猪木をゲームソフトに「出場」させるといくらかかるのか? | トップページ | また二日酔い… »

2005/02/04

タダより高いモノはない

「タダで...」

と、言いつつ、実際には高額な料金
を請求をする

「無料商法」

の被害が急増しているらしい。

「ただで…」に要注意、無料商法が急増・ネットにも広がる
(2005年1月30日 日本経済新聞 朝刊)

昨年度の「国民生活センター」
への相談件数は約4万7000件。

3年間で約4倍増

という勢いである。

着付け教室、エステなど、以前から無料
商法が多く見られる業種だけでなく、
昨今は、ネット上のサービスにも広がった
ことが急増していることが原因という。

ちなみに「無料商法」に関する相談のうち
ネット上で料金の請求を受けたケースは、

3年間で約120倍

に急増(!)

しかも、約3万3000件と相談全体の7割
に達した。

ついに役所(経済産業省)も動き出した
らしいが、昔から、

「タダより高いモノはない。」

という言葉がある通り、利害関係で成立
しているこの世の中で、赤の他人にタダ
でくれてやるなんて、絶対にウラがあると
思うのが普通。

レンタルビデオの某大手がやってる
「半額キャンペーン」とかに応募すると、
どれだけの個人情報を抜かれるかを
知ったら、二度と借りたくなくなるだろう。

自分は、そのカラクリを知った時から
恐ろしくて一度も借りていない

別に秘密でもなんでもなく、この会社は
最先端のコンピューターシステムを使った
「事例」として、企業のシステム管理者
向けの発表会で堂々と発表している。

「個客」をつかむケータイCRM―需要創出のITマーケティング
「CRM」関係の本を何冊か読めば、その
「手口」がわかるはず。

こんなご時世で、

「タダだから...」

「安くなるから...」

と甘い言葉に引っかかる方もどうかと思う。

この報道があったのと、ほぼ同じタイミングで、

日本のアニメ、外務省が途上国へ無償提供
(2005年1月29日 読売新聞)

の記事を読んだときは、思わず苦笑した。

国ぐるみで「無料商法」をしてる
のだから。

個人情報流出のすべて―あなたのカード・インターネット・携帯…が危ない!
三井 優
山下出版 (2000/09)
売り上げランキング: 423,060
在庫切れ

|

« アントニオ猪木をゲームソフトに「出場」させるといくらかかるのか? | トップページ | また二日酔い… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/2799222

この記事へのトラックバック一覧です: タダより高いモノはない:

« アントニオ猪木をゲームソフトに「出場」させるといくらかかるのか? | トップページ | また二日酔い… »