« せきずい in 西新宿CROSS ROAD ライブレポート(3) | トップページ | まずは自分でやってみる »

2005/03/31

「野球型上司」と「サッカー型上司」について考えてみた

一応、前の会社も今の会社も世間的には「IT企業」と呼ばれている。

今、フジテレビ支配に意欲を見せるライブドアや、そのライバルであるソフトバンクや楽天なんかと同じ業界です。

堀江本。2004.1.1ー2005.2.28 ライブドア激動の400日!!

でも、不思議なことに、そういうニュースが流れてもどこか「他人事」です。
業界では古い歴史を持つ会社だけに、昔からの日本企業の文化を残しているからだと思います。

乗っ取りをかけられて、右往左往する経営者やアンシャンレジームを維持しようとする勢力による商法「改正」に走る政治家と同じ文化圏に属する人たちなのでしょう。

世の中がこれだけ激しく流れていて、自分みたいな人間は、乱世に嵐が吹き荒れているような今の雰囲気は大好きです。

でも、自分の勤務先を含めて、多くの日本の会社は、相変わらず変化を嫌っています。
学校秀才で、野球型経済の中で偉くなった人に、特にその傾向があります。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究
(これを読むと、現代との相似形がいっぱい見つかります。)

減点を嫌って、チャレンジをしない。
判断に迷ったら、とりあえず何もしない。(「検討する」「静観する」という美しい言葉もありますが。)
待っていれば、そのうち風向きが変わるだろう。

勇気ある奇特な人が出てくるかも知れないし、やってみて上手く行った時に追従すればいい。

これは、なぜでしょうか?

私は、こう考えます。

昔の日本経済は、 「野球型」だったのだと思うのです。
野球の場合、極端な言い方をすれば、一回もバットを振らなくても、相手のピッチャーがヘボだったり、こっちの力を買いかぶり過ぎてビビってフォアボールを連発すれば、点は入ります。

前述の何もしない人たちの代表が「野球型上司」と言えるでしょう。

でも、今は、「サッカー型」経済になっています。
相手の攻撃を防ぐだけでなく、敵のディフェンスをかわしながら、自分から積極的に進んで、ガンガンにシュートを蹴り込んでいかないと点なんて入りません。

点を取った後でも、それに安心して動きを止めたら、即、負けです。

もちろん、野球でいう「押し出し」のように、サッカーにも「自殺点(オウンゴール)」というものがあります。

でも、それだって滅多にあるものじゃありません。
確率から言えば、死四球による押し出しに比べれば、うんと低くなります。

自殺点の可能性があるとしても、敵陣の奧までどんどん攻めて行かなければ、それも期待出来ません。

私には 「野球型」にどっぷり染まった人たちは、サッカーの試合で自殺点で勝とうとしてるように見えます。

過去の偉大な遺産で生きている「名門」と言われる企業の人たち、特に「野球型」の経済で功成り名を上げた経営者には、その傾向が強いように思えます。

自殺点のハットトリック(?)で企業間の競争に勝てることなんて絶対に起こるワケがないのですが、世の中には、それが出来ると信じている人がいるから驚きです。

企業の中で部長やら課長と呼ばれる人たちが、このことに早く気が付いて、「サッカー型上司」に変われないと、その組織は勝てないと思います。

サッカーのW杯予選のニュースを見ながら、ふとこんなことを考えてしまいました。

さんざん、野球をコケにしてしまいましたが、私は、サッカーよりも野球が好きです。
日本のプロ野球、しかもパ・リーグのソフトバンク・ホークスが大好きだったりします。


ピーターの法則
ピーターの法則
posted with amazlet at 05.03.31
ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也
ダイヤモンド社 (2003/12/12)
売り上げランキング: 4,412
通常4日間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.54
5 衝撃の法則!
5 組織仕事をする人には、あらかじめ知っておくべき内容
1 問題提起よし、でも解決策なし! Dilbert的不快感

|

« せきずい in 西新宿CROSS ROAD ライブレポート(3) | トップページ | まずは自分でやってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/3503961

この記事へのトラックバック一覧です: 「野球型上司」と「サッカー型上司」について考えてみた:

» 3/31 「理解できない」ことを理解することから [放浪癖さんあっちへふらふら日記]
まず毎度のことながらのギリギリサッカー 勝ち点3でよかったよかった(-。-) ところで、バーレーンから日本へ応援に来た方が、メッカの方を確認してるシーン... [続きを読む]

受信: 2005/03/31 16:57

« せきずい in 西新宿CROSS ROAD ライブレポート(3) | トップページ | まずは自分でやってみる »