« 「MyblogList」月別アクセスランキング | トップページ | 「SE7EN」ライブから韓流ブームの今後を予想する »

2005/03/10

10万人の日本人を殺した男に勲一等を贈った日本国政府

3月10日は、東京大空襲の日である。

60年前の今日、東京の街は壊滅した。

1945年3月 9日
22:30 警戒警報発令。2機のB-29が東京上空に飛来するも、房総半島沖へ。

1945年3月10日
00:08 第一弾が投下。
00:15 空襲警報発令。

プロペラ・パワー
(B-29 スーパーフォートレス)

それから約2時間半焼夷弾を満載したB-29  344機による爆撃が行われた。
まず、周囲を火の壁で東京の街を囲むように焼夷弾が落とされ、市民の逃げ道を塞ぎ、その後に約100万発2,000tもの焼夷弾が投下し、街を焼き尽くす。
逃げる市民には機銃掃射が浴びせられ、無差別殺戮を行った。

B29撃墜記―夜戦「屠竜」撃墜王樫出勇空戦記録
(それだけに、こういう話を本で読むと溜飲が下がってしまいます。)

その結果、死者は10万人。
負傷者11万人、100万人以上が家を失ったという。

これは当時、日本もアメリカも批准していた「ハーグ陸戦協定」違反である。

戦時国際法では、無防備都市や非戦闘員への攻撃を禁止し、いわゆる無差別殺戮など論外である。

にもかかわらず、日本の「愛国者」たちは、この点についてアメリカを糾弾するどころか、口にすることすらない。

この無差別爆撃を指揮したのは、カーチス・ルメイ少将(後に大将)。
彼は原爆投下を含む、日本の主要都市爆撃にかかわっており、当時の日本人からすれば、不倶戴天の敵。
東京市民を含め、数十万もの無抵抗な一般市民を虐殺した、恨んでも恨みきれない相手である。

驚くべきことに、日本国政府は、1964年にこの男に対し、

「航空自衛隊の育成に貢献した」

という理由で、勲一等旭日大綬章を贈っている。
時の総理大臣は、後にノーベル平和賞を受賞する佐藤 栄作である。

この勲一等旭日大綬章がどういうものかについては、内閣府のサイトに詳しく載っている。

日本の勲章・褒章(賞勲局)
勲章の種類及び授与対象

ちなみに、この勲一等旭日大綬章の戦前の受賞者の一部を抜き出すと、

岩倉具視(右大臣) 明治9年12月29日
三条実美(公爵、太政大臣) 明治9年12月29日
木戸孝允(参議) 明治10年5月24日
伊藤博文(公爵、内閣総理大臣) 明治10年11月2日
大久保利通(贈右大臣) 明治10年11月2日
大隈重信(侯爵、内閣総理大臣) 明治10年11月2日
島津久光(公爵、左大臣) 明治14年7月15日

(出典:中野文庫 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

なんていう錚々たる人物が受賞した名誉あるものである。

それを日本国民を虐殺した者に対して、

「国家又は公共に対し功労のある方」

として顕彰するとは、タチの悪い冗談以外何者でもない。

おめでたいというか、何というか...

自分は、九州出身だが、毎年この日になると、この事実を思い出す。
そして、フツフツと怒りの炎を燃やすのである。


東京大空襲―B29から見た三月十日の真実
E.バートレット カー E.Bartlett Kerr 大谷 勲
光人社 (2001/02)
売り上げランキング: 158,464
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 東京に咲いた、地獄の華

|

« 「MyblogList」月別アクセスランキング | トップページ | 「SE7EN」ライブから韓流ブームの今後を予想する »

コメント

私も先日WikiPediaを見てこの勲章の事実を知り、かなり驚きました。この事実は、かえって正しい日米関係を築く上での禍根になると思います。そして、アメリカという国における「軍」のプレゼンスの強さを感じます。

投稿: nako | 2005/03/10 10:07

日本人も戦争中同じような事してたんだから不平不満いえる様な立場じゃ無いと思うなぁ~

投稿: どうでもいいけど | 2005/03/11 09:18

過去のことは水に流して、ということなんでしょうか。それとも何も考えずにやったんでしょうか。後者だとしたら怒って当然だと思います。

投稿: とかげ | 2005/03/11 10:45

はじめまして、岡枝と申します。同じく東京大空襲について少しばかり自ログに書いてみました。その後、他にもこの史実について触れられている方を探し求めてこちらに辿り着きました。

‘それを日本国民を虐殺した者に対して、「国家又は公共に対し功労のある方」として顕彰するとは、タチの悪い冗談以外何者でもない。’

↑本当に、性質の悪い冗談ですよね…日本って何処までお人好しなのでしょう?まるで、日々イジメに遭っている苛められっ子が、苛めっ子大将にゴマをすりすりして、もうちっとでもイジメが軽くなりますように、みたいな態度を取っているとしか思えません。

ズバッと日本国民の本音を書いてくださって有難うございます!私の方のログからも後ほど、リンク&TBさせて頂きます。今後も宜しくお願いいたします。

投稿: 岡枝佳葉 | 2005/03/11 17:41

みなさま、コメント&TBありがとうございます。
「日本も同じようなことをした」
「過去のことは水に流して」
ということだとしても、私は変だと思います。
ナチスを追求しつづけるイスラエル、日本に謝罪を求め続ける韓国、中国だけが特別ではなく、当のアメリカだって日本軍に捕虜にされた元兵士たちが賠償を求めて裁判を起こしたりしています。
例え、許すとしても、勲章をくれてやるまでやるというのは、思考回路を疑います。

投稿: cyro | 2005/03/13 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/3239242

この記事へのトラックバック一覧です: 10万人の日本人を殺した男に勲一等を贈った日本国政府:

» 3/10 どの舌がそれを言うか! [放浪癖さんあっちへふらふら日記]
え〜、震災後観光業がまだ振るっていない(特に日本人が)震災各国ですが、プーケットでの観光客カンバックのため各所で行動が起こってます。 ぜひお暇な方はどうぞいっ... [続きを読む]

受信: 2005/03/10 12:23

» あした;東京大空襲60周年
安息日につき、かの大戦について少々…
[Art Grey]
あした;東京大空襲60周年について少々…亡くなられた皆様に捧げる駄文。 [続きを読む]

受信: 2005/03/11 18:09

» 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(4)---東京大空襲60年 [BigBan]
【関連記事】 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(1) 「非人道的 [続きを読む]

受信: 2005/03/11 18:37

» 皇国の荒廃この一帯にあり [いか@ :インドで働いたこと(7/4-19)。]
昭和20年3月18日、東京大空襲の8日後、惨状を視察する ひろひと さん。 深川富岡八幡宮あたりを歩かれたらしい。 60年前の今夜、東京の下町がB-29の焼夷弾で焼き尽くされた。生きながら炎に焼かれ死んだ人は10万人といわれている。 さて、その一般人を焼き殺したこの作戦は用意周到に計画されたもので、日本の、特に東京下町の、家屋は木造なので、爆弾で吹き飛ばすのではなく、油脂を撒いて炎上させ家屋も人�... [続きを読む]

受信: 2005/04/12 07:09

« 「MyblogList」月別アクセスランキング | トップページ | 「SE7EN」ライブから韓流ブームの今後を予想する »