« 「野球型上司」と「サッカー型上司」について考えてみた | トップページ | ああ、睡眠不足... »

2005/04/01

まずは自分でやってみる

過去の成功事例や成功談なんているのは、他人がコケたり、事故らずに歩いた足跡のようなもの。
地雷源を突破した人の後に残った足跡にも似ている。

そこが地雷源だと知らなければ、砂場に残った足跡と変わらない。

人が通り過ぎた道は見える。

でも、そこを歩いた人が、そこをどういう気持ちで歩いたか、そこで何を見たかまではわからない。

自分の目で見て、頭を用いて考えてみるくらいの気持ちがなければならない。

それこそが、自らの未来を変える最大の糧となる。

たとえ不器用でも、段取りが悪くたって構いやしない。

きっと、将来の役に立つ。

運と模倣で育った人は、南洋でぬくぬくと育つ木のようなものだと思う。

確かに成長も早く、見た目は丈夫そうに見える。

でも、年輪と年輪の間が開いていて、ブヨブヨして柔らかいから、柱になっても長くは支えられない。

不器用でも、苦労してじっくり育った人は、シベリアの針葉樹のようだ。

恐ろしく成長に時間がかかるが、目がギッチリ詰まっていて、固く丈夫な柱となれる。

にもかかわらず、安易に他人の模倣で楽に済ませようとする輩が何と多いことか。

見た目は同じでも、絶対本質的な部分で違うはずである。


失敗学のすすめ
失敗学のすすめ
posted with amazlet at 05.04.01
畑村 洋太郎
講談社 (2000/11)
売り上げランキング: 385
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.44
5 「成功の母」から目をそらすな
4 失敗は成功の母(マザー)
5 失敗を活かすために

|

« 「野球型上司」と「サッカー型上司」について考えてみた | トップページ | ああ、睡眠不足... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/3516028

この記事へのトラックバック一覧です: まずは自分でやってみる:

« 「野球型上司」と「サッカー型上司」について考えてみた | トップページ | ああ、睡眠不足... »