« 連休の谷間 | トップページ | 一緒に夢を見よう »

2005/05/04

権利の上に眠る者は法はこれを保護しない

昨日は憲法記念日だったせいか、各地で左右両陣営が様々なイベントを行っていた。

私は、東京・上野公園内にある東京国立博物館で開催されている「ベルリンの至宝展」を見に行ったのだが、会場周辺は混沌した様相だった。

ベルリン博物館島と美術の旅

公園内は上野動物園と 「恐竜博2005」目当ての家族連れで大混雑。開場間もない午前9時半の段階で入館まで「80分待ち」の長蛇の列。

公園の入り口付近は、改憲反対を訴える社民党や左翼団体が陣取り、のぼりが立ち並ぶ中で拡声器で演説をしている。
その隣では、マイルドな右翼が北朝鮮問題での社民党批判を行っており、それらを制服と私服の警官が取り囲むように監視している。
周囲の道路では右翼の街宣車が大音量で憲法改正をがなり立て、パトカーや機動隊などの警察車両が後を付ける。

平成の右翼 第1集 (1)

幸い会場内は完全に騒音が遮断されていたので、ゆっくりと作品を鑑賞できたのだが、少しでも漏れてきたら完全に興ざめだった。

今日の朝日新聞 朝刊でも、

「想像力なき改正心配」
「自衛隊位置づけ必要」

のアイキャッチの後、

「憲法58歳 各地で集会」

とのタイトルで各地の様子が色々と書かれている。

護憲派を最初に持ってくるところが朝日らしい。

昔に比べると、この問題を扱う紙幅がかなり減った気がする。
筋金入りの改憲派や護憲派も齢を重ね、鬼籍に入った者も多いせいもあるだろう。

黛敏郎の世界
(黛 敏郎。右派文化人の代表的な方でした。)

国会での改憲論の盛り上がりをヨソに普通の人の間では、この問題が話題に登ることがほとんどない。

憲法の拡大解釈が続き、自衛隊が海外に派兵されるようになった。
今ではPKOだけでなく、ついに戦場にまで派遣されている。

当初こそ野党や左派マスコミは騒ぐものの、ほとぼりが覚めるとすっかり忘れてしまったかのようである。
今だってイラクの戦場には自衛隊員が駐留しているというのに。

自衛隊のイラク派兵―隊友よ殺すな殺されるな!
(陸上自衛隊の親友もいつ現地に行かされるのかわからないから心配です。)

派兵云々よりも国家権力を縛る国の最高法規がかくも軽んじられている方に危惧を感じる。
例えば、現在の日本国憲法であれだけ国家非武装を厳しくうたっていても、現在の状況である。
もし改憲派がいうことを盛り込んだら、それこそどうなるかわかったものではない。

まず今まで環境権に対して最も冷淡だった者から、

「(現行憲法は)環境権など新しい権利に対応出来なくなった。」

ということからして、うさん臭い。

憲法改正よりも、まずは憲法の遵守が出来るかどうかだと思う。

そのためには、我々がよりしっかりと権力を監視し、選挙で明確に意思表示をしなければならない。

「関係ないよ。よくわかんないし。」
「自分がやらなくても、誰かが上手くやってくれるでしょう?」
「今まで通りでいいじゃない。それで上手く行っていたから。」

と言う人もいるかと思う。

しかし、法律の世界の言葉にこのような言葉がある。

「権利の上に眠る者は、法はこれを保護しない。」

また、日本国憲法にもこう書いてある。

第十二条【自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任】

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

気が付いた時、「権利の侵害だ!」などと、あれこれ文句を言っても遅いのである。

58回目の憲法記念日を終えて、ふとこんなことを考えてしまいました。


全訂 憲法学教室
全訂 憲法学教室
posted with amazlet at 05.05.04
浦部 法穂
日本評論社 (2000/10)
売り上げランキング: 60,771
通常2日間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.67
5 浦部憲法学
5 おすすめ本
5 浦部憲法学は素晴らしい!

|

« 連休の谷間 | トップページ | 一緒に夢を見よう »

コメント

トラックバックさせて頂きます☆

そう、憲法論議はうさん臭いんですよね。政治のスタンドプレーにしか見えない。

投稿: ゆか | 2005/05/04 23:50

コメントありがとうございました!
私は現行の司法試験は受けるつもりはないので、今はロー入試にせいを出しています。だからまだそんなに荒波に揉まれていないので、ちっとも偉くありません。
それに学生なので勉強に24時間使えますしね・・・。
仕事を持ちつつ試験勉強をしてらしたんですか?それだけで頭が下がりますよ~。
その左翼と右翼の乱闘を新聞で読みましたよ!生で観たかったなあ。なんて。
長くなりました。
また来ます☆

投稿: yuka | 2005/05/06 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/3974924

この記事へのトラックバック一覧です: 権利の上に眠る者は法はこれを保護しない:

» 憲法改正について3 [yukariel real]
9条について 沖縄のこととか色々含め、私は考えてきた。 けど、 これは難しすぎる。 正直誰も名案は出せないと思う。 9条の戦力不保持。しかし自衛隊という既成事実。 自衛隊の合憲性とか自衛の範囲とか、そういう話題が主になっていますが、 憲法改正というテ...... [続きを読む]

受信: 2005/05/04 23:53

« 連休の谷間 | トップページ | 一緒に夢を見よう »