« 『私の頭の中の消しゴム』来日記者会見に行ってきた | トップページ | ステキな夜をありがとう! »

2005/08/12

パク・ソルミ 日本女優デビュー記者会見に行ってきた

前日に引き続き、韓流関係の取材に。
今回は、パク・ソルミ

『冬のソナタ』のチェリン役、『オールイン』のジニ役で知られる韓国の女優である。

わが家 スペシャルDVD-BOX

(こういうドラマにも出ています。こっちの方が自分が見た本人のイメージに近いかな?)

今回は、日本の大手事務所オスカープロモーションに所属し、日本でも本格的な女優活動を開始するということで行われた。

国内でも有名な女優の記者会見ということで、かなりの数のマスコミが集まる。
撮影の場所取りだけでもかなり大変。
会場と同時に脚立のバリケードとレンズの砲列が出来上がる。
そのスキマに辛うじて撮影スペースを確保。

ニコン D100ボディ (こんなカメラや)
キャノン デジタルカメラ EOS 20D EF-S17-85 IS U レンズキット (こんなカメラに)
Canon(キャノン)EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
(こんなゴツいレンズがついてるようなのがゴロゴロ。)
ニコンD70sレンズキット(AF-SDX ED18-70レンズ付)【ナイター0714】
(この中に入ると自分のカメラもオモチャのようです。)

前日のチョン・ウソンの撮影で、「空気イス」のような姿勢のまま約1時間。
おかげで太股の筋肉痛がひどい。
日頃の運動不足と怠惰な生活をこんな形で実感するとは。

どちらかというとドラマでは大人びたイメージだったが、実物はもっと若々しかった。
緊張していたせいか、落ち着かない雰囲気でした。
(緊張をほぐすために会見場に入る前にワインを一杯飲んできたとか。)

『冬のソナタ』のチェリン役のイメージで見ていましたが、そういう様子を見ると初々しくて自分的には好感度がアップしました。(男って単純です。)

スチール撮影の時間になっても、ファインダー越しに見る姿には、緊張の色がありありと伺えた。

「カメラの方、(目線が欲しい時は)声をかけてあげてくださ~い。」

と事務所のスタッフが叫ぶ。
プロの方々は遠慮してなのか、まだ声をかけない。

(では、お言葉に甘えて)

ひときわ大きい声で、

「パク・ソルミシ ヨギ プータッケヨ~!!!」 (パク・ソルミさん、こっちお願いしま~す!!!)

と声をかけると、パッと華やいだ表情で、

「ネー」 (は~い。)

とこちらを見て、大きな声で答えてくれました。

調子に乗って、その後もマスコミのカメラの砲列の陰から、ちょくちょく声をかけさせていただきました。

思い切って最初にやることって大切ですね。

インタビューを聞いていると、ドラマのイメージとは全然違い、実は無邪気でかわいらしい方なんだなと感じます。
韓国語で聞くと、特にそう感じます。(思ったより柔らかい口調でした。ふつうは韓国語で聞くと表現が豊かなので、「エッ!?」と思うことが多いのですが。)

これから本格的に日本で女優活動をするわけですが、本人も言っていたように『冬のソナタ』『オールイン』のイメージを払拭して、早くパク・ソルミとしてのキャラを認知させることが成功のカギだと思います。


韓流スターたちの真実
慎 武宏
TOKIMEKIパブリッシング (2004/09)
おすすめ度の平均: 5
5 読み応えありました
5 韓流の水面下をのぞいてみませんか
5 驚いた。内容充実

|

« 『私の頭の中の消しゴム』来日記者会見に行ってきた | トップページ | ステキな夜をありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/5403178

この記事へのトラックバック一覧です: パク・ソルミ 日本女優デビュー記者会見に行ってきた:

« 『私の頭の中の消しゴム』来日記者会見に行ってきた | トップページ | ステキな夜をありがとう! »