« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(2) | トップページ | グチばかりじゃ悲しくないか? »

2005/09/24

『原宿ジャイアン10』ライブレポート(3)

『原宿ジャイアン10』ライブレポート 第3弾をお送りします。

トリを務めた『せきずい』のステージが終わり、次はいよいよBINGOゲーム1等の抽選です。
プレゼンターは、 tvk(テレビ神奈川)『みんなが出るテレビ』のレポーター 木村暁奈さん。(ライブ終了後、自分も取材を受けた。もしかしたら、9月末~10月上旬予定のOAで「出演」するかも?)

DSC_0567
(某ミスコンで「女王」になったとか。)

DSC_0568
(「もし5万円あったら何に使います?」)

DSC_0571
(見事、『原宿ジャイアン』10回目を記念する賞金5万円をゲット!)

1等の賞金授与が終わると、『原宿ジャイアン』恒例の記念撮影。
この日の出演バンドと観客がいっしょにフレームに収まります。

撮影担当は、いつもの通り、フォトグラファーのみへんさん。

DSC_0573
(指示を出すみへんさん。撮ることはあっても、『ジャイアン』で撮られることは初めてでは?)

みへんさんが指示を出すたびに、『せきずい』と『TWOGEE』メンバーからツッコミが入り、会場から笑いがおきます。

DSC_0575
(だいたいこんな感じでしょうか?)

DSC_0578
(はい、撮りま~す)

撮影の準備が出来ると、いつもの掛け声が。

DSC_0579
(原宿~、ジャイ・アン!ジャイ・アン!ジャイ・アン!)

DSC_0581
(原宿~、ジャイア~ン!!)

撮影が終わると、『原宿ジャイアン10』全プログラムの終了となります。

DSC_0583

22時41分。
『原宿ジャイアン10』も無事終了。
10回目の区切りを終え、次回から彼らが、どのような新しいステージを見せてくれるのかがとても楽しみです。

深夜0時、ここは東京・原宿。

目の前を怪しげな出で立ちで歩く男の姿が。
人通りが少ないとはいえ、それなりの人がいる。

かなり注目を浴びている。
道路脇の美容院の店員は、後片付けの手を止め、ウィンドウ越しに見える異様な姿に一瞬たじろいだ。

道行く人も振り返る。

DSC_0588
(メチャクチャ目立ってました。)

『原宿ジャイアン10』を終え、ファンや参加バンドが待つ後夜祭会場に向かう『せきずい』Gt.&Vo.ゴウであった。

DSC_0589
(ウルトラクイズの帽子みたいです。)

「ジャミロ・クワイがこんな帽子かぶってたよな~。」

とつぶやくゴウ。

【ジャミロクワイ】ダイナマイト
(これがジャミロ・クワイ。確かに似たようなモノをかぶってますね。)

信号で立ち止まった時、カメラを向けるとポーズをとってくれました。
あれだけ激しいステージの後で相当疲れているはずなんですが、このサービス精神には頭が下がります。

DSC_0590
(何気なくフレームに納まる『せきずい』Key.ヨシアキ。)

信号が変わり歩き出す。

DSC_0591
(もう12時過ぎているから、早く行こう!)

場所は、いつも『原宿ジャイアン』後夜祭会場になっているイタリア料理レストラン『カフェ ラ・ボエム』 表参道店

会場には、すでにファンや出演バンドのメンバーで70人近い人が集まっていた。
ライブ会場にいた1/3~1/4くらいが来ているのだからすごいものだ。

ちょうど日付が変わった頃から、後夜祭スタート。
始発まで続くのが、いつものスケジュールだという。
『原宿ジャイアン』は4回目の参加となるが、実は後夜祭は初参加である。

参加者最年長グループには、朝までの飲み会は体力的に厳しい。
しかし、今夜は、アコースティックライブ付きだというからそれを楽しみに乗り切ろうと思っている。

この後、『LiLi』 Key.Hajime、大山社長を含む『せきずい』スタッフのみなさんと同じテーブルで飲むことに。(アルコールが入った後の『LiLi』メンバーのエピソードも聞けました)

DSC_0196
(【資料映像】『LiLi』Key.Hajime)

最初は、ビールだったが、途中からジントニックやウォッカに。
いい感じでお酒が進みます。

後日、当日の参加者数名から、

「cyroさん大丈夫でしたか?相当寄っていたような感じでしたけど。」

  とか

「ポーズをとって写真に写っているいたんですけど。狙ってですか?」

と言われましたが、全く覚えていません。

従いまして、記憶が断片的に飛んでおりますことをご了解ください。

ふと周りを見ると、『せきずい』 『TWOGEE』のメンバーは、ファンのテーブルをひとつひとつ回っている。
今日のライブに来てくれたお礼から始まって、ファンからライブの感想や近況報告を聞いている。中には悩み事の相談なのか、メンバーを含め、頭を寄せ合って真剣な表情で話し合っているテーブルもある。

「すごいな」と思うのは、ひとりひとりに対して丁寧に接している姿と、ライブや後夜祭に来てくれたファンのことをきちんと覚えていることだ。

「久しぶりだな、前は○○だといっていたけど大丈夫か?」

というのは当たり前で、

「お前、ライブの『○○』の(演奏を)やっている時、××していただろう?」

と、いう会話が普通に交わされている。
あれだけ激しく動いている中でよく見ているものであるし、年間70回近いライブをやっているのによく覚えているものである。

お客の顔を覚えているホテルのベルボーイやゴルフ場のキャディさんの話がCS(Custumer Satisfaction = 顧客満足)の手本みたいに語られるが、彼らもそれに決して負けていない。

『週刊東洋経済』や『プレジデント』あたりも取材に来たっておかしくないと思うのだが。
でも、そんな特集記事が載った日には、勉強熱心なオジさんでライブハウスがあふれるかも?(笑)

後夜祭開始から、3時間余り。
ようやくアコースティックライブ開始。

『TWOGEE』は、本日アコースティックライブをやることを知らなかったそうで、「『せきずい』のホームページで知った。」と笑っていました。

最初は、『TWOGEE』の2人によるビートルズ ナンバーの演奏。
ライブでは滅多に聞けないだけに得した気分です。

DSC_0592
(『TWOGEE』の「お兄ちゃん」こと有紀[左]と弟「ハッキ」[右])

DSC_0595
(結構目元が赤い...)

次は、ボンゴ☆がく が参加。
「お兄ちゃん」の顔が近づく...

DSC_0597
(異常接近に表情がこわばるボンゴ☆がく )

DSC_0598
(何となく危険な雰囲気が)

この異常接近に会場は、変に盛り上がる。
結果は、「未遂」に終わったのですが。

DSC_0599
(その様子をケータイのカメラで撮る『せきずい』Gt.&Vo.ゴウ)

DSC_0601
(『せきずい』がお世話になっているフォトグラファーのみへんさんと談笑するDr.リョウ)

午前3:30を過ぎ、いよいよ『せきずい』のアコースティックライブ開始である。
Gt.&Vo.ゴウとGt.テツヲのデュオだ。

DSC_0613
(ともに『TWOGEE』のギターを借りて演奏。)

DSC_0619
(アコースティックでも、聴かせていただきました。)

DSC_0624
(若干顔と目が赤いように思えます。)

『TWOGEE』「お兄ちゃん」と『せきずい』Gt.テツヲによるデュオなんて珍しい組み合わせも後夜祭ならではです。

DSC_0633
(後夜祭ならではの貴重な映像)

DSC_0635
(温かく見守るGt.&Vo.ゴウ)

DSC_0636
(即興でもここまで出来てしまうというのも『TWOGEE』と『せきずい』の息の合ったところなのでしょう。)

DSC_0638
(あまり飲めないはずのゴウの手にジントニックのようなものが)

実は、この時点で午前4時。
会場でもかなり疲れている方の姿も散見されましたが、でも、みなさん元気です。

その中に、こんな姿も。

後夜祭開始から途切れることなくファンに囲まれていました。
ライブの前のリハーサルから考えると、相当疲れていたのだと思います。

ファンもその辺を察してか、そっとしていたのですが、酔った勢いもあって、つい撮ってしまいました。(カズヒロさん、ごめんなさい。)

DSC_0640
(午前4:15 熟睡中の『せきずい』Bass カズヒロ。)

ストロボの光に目が覚め...

DSC_0641
(「写真撮っちゃダメ~!」)

DSC_0642
(「ダメ~~~~!!!」)

「クールガイ」の称号で知られるBass カズヒロのこんな姿もなかなか貴重です。

そろそろお開きの時間も近くなり、締めとして『せきずい』ゴウ(左)と『TWOGEE』お兄ちゃん(右)によるセッションが行われた。

DSC_0644

DSC_0645

DSC_0647

かなりテンションが高いです。
会場の手拍子も朝の5時近くとは思えないくらいのノリでした。

DSC_0649
(その右隣で手拍子で参加する『せきずい』Key.ヨシアキ。彼もまた各テーブルをひとつひとつ回って、最後にこの一番端のテーブルにまで来てくれました。)

DSC_0652

午前5時前に『原宿ジャイアン10』後夜祭は盛況のうちに幕を閉じた。
終了後、会場から白みかけた朝の原宿を三々五々駅に向かって流れていく。

帰りしな『せきずい』Dr.リョウに、声をかけた。

「今日は、かなりいい感じだったんじゃないですか?」

「ええ、今日は燃え尽きました!完全に。全てを出し切りました。」

「みなさんとファンとの会話を聞いていると、ステージだけだなく、客席もよく見えていますよね。『この曲の時に○○していた』とか。」

「今、よく見えてますね。ステージだけでなく、客席のお客さんの顔も。
見えているとわかるんです。ステージとお客さんが一体になった様子が。
ドラムのポジションからだと自分を中心にしてステージから客席までバーッと全部が見渡せるから、良くわかります。
自分たちと客席が一体になったことが感じられると、本当にうれしくなってくるんですよ。
だから、今は本当に充実していますね。」

溢れんばかりの笑顔で自分に話してくれるリョウ。
その表情を見て、その満ち足りた気持ちがこちらにまで伝わって来ます。

今日(9/23)と明日(9/24)は仙台でのライブ。
きっと仙台でもステキなステージを繰り広げてくれることでしょう。

そんな彼らの次のライブは、9月30日に東京・新宿で行われる。
ステージと客席だけでなく、客席同士もつないでしまう『せきずい』ライブ。
(自分も通っているうちに、いつの間にかたくさんの仲間が増えました。)

09/30(金) @新宿JAM
OPEN 18:30 / START 19:00 / Ticket 2000yen 
カミナリグモレコ発企画
『晴れときどき雷雲 14hPa』~長野の夜空に星や月~
BANDS>> [ma] / カミナリグモ / せきずい / O.A.クローバー

夏のテンションのまま秋に突入したい人。
淋しい秋を迎えそうな人。
退屈な日常に変化が欲しい人。

そんな人たちにオススメです。

セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet at 05.09.22
せきずい
インディペンデントレーベル (2004/04/07)
おすすめ度の平均: 4.8
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された!
5 幸せ配達された

|

« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(2) | トップページ | グチばかりじゃ悲しくないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/6058007

この記事へのトラックバック一覧です: 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(3):

« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(2) | トップページ | グチばかりじゃ悲しくないか? »