« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(1) | トップページ | 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(3) »

2005/09/20

『原宿ジャイアン10』ライブレポート(2)

昨日は、書くのが深夜に及んでしまったので、『原宿ジャイアン10』ライブレポートは『せきずい』ステージのオープニング直前で終わってしまいました。

DSC_0377
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

翌日が仕事だったので、引っ張った形になってしまいまして、申し訳ございません。
では、昨日の続きから。

会場は、既にいっぱい。
自分を含む「撮影隊」もアングルを変えるための移動がかなり大変です。

DSC_0369
(こんな感じでした。)

1年前だったら、割と自由に好きなポジションに行けたのですが、そんな話が昔話になってしまいそうなのが最近の『せきずい』です。

そこで、今回は、ペ・ヨンジュンの取材でも使った脚立まで持ち出してみました。
機材も同じですから、全く同じ取材体制でございます。

今回も恵比寿に引き続いて、tvk(テレビ神奈川)のカメラが取材に来ていました。

tvk
(これは恵比寿の時の写真。『ジャイアン』では撮る余裕もないくらい人がいっぱいでした。)

さて、オープニングは、もちろん『せきずいのテーマ』。

DSC_0237

DSC_0239
(「ものまね大好き~♪)

ここまでは、いつもと同じだった。

DSC_0243
「今日は、某ビジュアル系ボーカルの方が...」

と紹介するGt.&Vo.ゴウ。

すると...

DSC_0246
(熱唱するGt.テツヲ。さて、これは誰のものまねでしょう?)

ここで「飛び道具」を使って来ました。

オープニングから、この調子だと、この先も期待できそうです。

DSC_0249
(Gt.&Vo.ゴウの紹介とともに、Bass カズヒロがにこやかに前に出る。)

DSC_0250
(Bass カズヒロのソロプレイが始まると、Key.ヨシアキとGt.&Vo.ゴウが寄って来る。)

DSC_0252
(Key.ヨシアキにガン飛ばされ、Gt.&Vo.ゴウからは蹴りが。思わず苦笑いのBass カズヒロ。)

DSC_0254
(妨害にメゲずに歌うBass カズヒロ。最近、キャラが面白くなって来ています)

一見、Gt.&Vo.ゴウやKey.ヨシアキがステージで良く動いているように見えますが、実は意外にBass カズヒロが相当動いていることに気付きました。 さて、次は...

DSC_0258
(「スマイルメーカーがここにいるんだ!」)

DSC_0263
(Dr.リョウ)

DSC_0261
(とにかくものすごい迫力です。あの細い体のどこにそんなパワーがあるのか不思議です。)

DSC_0268
(「趣味は筋肉~♪」「モリモリ!」Key.ヨシアキ)

DSC_0273
(この人の元気なくして『せきずい』の魅力はありません!)

今回の見どころは、Gt.テツヲがメインボーカルを務めた『太陽』でしょう。

前回の『祭だろック』では、若干中途半端さが残ったが、この『原宿ジャイアン10』では、きちんと仕上げて来た。出来れば、サビまで含む全部をきちんと聴いてみたいと思う。

Gt.&Vo.ゴウの歌う『太陽』は、もちろん素晴らしい。 作詩・作曲は、確かにGt.テツヲだが、その歌の世界観を咀嚼して自分のものにした上で表現出来ている。 他人に自己を投射し、そこから返って来たものを自分のものとして表現する能力は本当にすごいと思う。 最近、新曲の歌詞を聞くと、その傾向が強く感じられる。

しかし、前回、Gt.テツヲの『太陽』を聴いて、作った本人ならではの世界が垣間見えて新鮮だった。 数百もの視線が一手に集まる圧力にとまどう姿。

自らが作った歌詞を口にする時の含羞のある様子から、この曲をどういう気持ちで作ったのか、その一片が感じられました。メインボーカルが変わることについて、賛否はあるかも知れないが、自分は、こういう試みはいいと思う。

あと、個人的にうれしかったのは、Key.ヨシアキのパワーが元に戻りつつあることがでしょうか。
気のせいかここ最近若干おとなし目のように感じました。この日のステージは、すごくいい表情をしていて、写真を撮っていても「絵になって」いました。

DSC_0292
(この快晴の空のような笑顔を見てると、こっちまでハッピーになれます。)

『夢追ト』が流れると会場は、ひとつになりました。 もともと胸を打つ曲ではあるのですが、この日は涙ぐむ人の姿もありました。

DSC_0548

小指を立てて約束しよう。
またこの場所で夢を語る日を

最後は、『キラリ~to Tomorrow's you~』で締めてくれました。
最近では、キメに使われるほどの存在になりました。
ライブハウスやストリートライブに何度も通っているファンなら、すっかりおなじみです。

ただ、ちょっと懸念していたのは、CD未収録の新曲が増えるたびに、ライブに何度も通えるファンと、CDしか聴けないファンとの間の溝が出来ないかということです。

今回の『原宿ジャイアン10』で配布されたリーフレットには、『春風』と『キラリ~to Tomorrow's you~』の歌詞が入っていましたが、こういう試みがあるだけでも、溝を埋めるいい一助になると思います。

DSC_0557

壊れて止まった時計の針だって
一日必ず二回は動き出すチャンスあるじゃない!?

いつでもここから始まるんだ キッカケは君の中から
願いの扉に手をかけて「キラリ」 君が光った
これから先何年か経って 今以上誰かを好きになって

DSC_0560

思い出し笑いをしよう! さぁ動き始めた 虹の向こうへ Let's Start with Now→

 


セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet at 05.09.19
せきずい
インディペンデントレーベル (2004/04/07)
売り上げランキング: 21,334
おすすめ度の平均: 4.8
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された!
5 幸せ配達された

|

« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(1) | トップページ | 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/6024587

この記事へのトラックバック一覧です: 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(2):

« 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(1) | トップページ | 『原宿ジャイアン10』ライブレポート(3) »