« 『星の王子さま』の想い出 | トップページ | インド映画の不思議 »

2005/10/07

祝・『せきずい』、tvk『みんテレ』出演

tvk(テレビ神奈川)『みんなが出るテレビ』に幸せ配達型ロックバンド『せきずい』が出演した。

tvkが取材に来ていることについては、過去のライブレポートでも何度か触れたが、本日(10/6)ようやくオンエアの運びとなった。

『せきずい』が出たのは、インディーズアーティストを紹介するコーナー。
番組でプロモーションビデオを作ってもらえるだけでもすごいが、それでも普通は5分程度である。
しかし、今回の場合は、10分も時間を割いて彼らを紹介していた。
数ヶ月に渡ってライブ会場にテレビカメラが取材に来ていたので、かなり力が入っているとは思ったが、まさかここまでとは思わなかった。

プロモーションビデオも結構凝った作品に仕上がっていて、相当手間隙かけて作られたことがわかる。

『原宿ジャイアン10』に取材に来たレポーターの木村暁奈さんが、

「インディーズアーティストのライブには行ったことがなかった。メジャーのコンサートに行っても、会場が広過ぎるせいもあるのか、一体感を感じるのが難しい。
でも、(『せきずい』のライブは)会場の広さのせいではなく、会場とステージが同じ空気で一体化していた。」

と番組でコメントしていた。

自分が好きなバンドが番組で大きく扱われたことは、もちろんうれしい。

でも、自分が感じている彼らの魅力と同じものを感じてくれたことの方がもっとうれしい。

うれしさのあまり、深夜にもかかわらず師匠へ電話をしてしまった。
年甲斐もなく、ひとりでじっとしていることが出来なかった。

不思議なものである。
自分のことでもこんなに感情が高ぶることなど、ここ数年なかった。
また、彼らの成功を本気で信じて(「願う」を通り越している)熱くなっている自分にも驚いている。

狭量な自分は、他人の成功をうらやむことはあっても、他人の成功をここまで本気で心から願えることなど出来ないと思っていたからだ。

「自分をこんなふうにさせてしまう彼らの魅力とは何だろう?」

思えば、この1年と数ヶ月、『せきずい』のライブに足しげく通っているのは、その理由を探すためなのかも知れない。

その答えが見つかるまで、そして、それを他人(ひと)に説明出来るその日まで、きっと自分はライブ会場に足を運び、彼らを追うことだろう。

P.S:しかし、取材を受けたとはいえ、テレビ画面で自分の姿を見るのは何とも...


セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet on 05.10.07
せきずい
インディペンデントレーベル (2004/04/07)
売り上げランキング: 3,385
おすすめ度の平均: 4.8
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された!
5 幸せ配達された

|

« 『星の王子さま』の想い出 | トップページ | インド映画の不思議 »

コメント

本当にせきずいの魅力がよく伝わってきましたよね!
PVもとてもよかった!
中でも最も私が強くうなずいたのは、CYROさんのコメントの場面でした!

投稿: SEIKO | 2005/10/08 20:25

どうもありがとうございます。
でも、恥ずかしいことにカミカミのコメントになってしまいました。
しかし、僕なんかが『せきずい』といっしょに出ちゃっていいんでしょうか?

投稿: cyro | 2005/10/10 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/6285937

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・『せきずい』、tvk『みんテレ』出演:

« 『星の王子さま』の想い出 | トップページ | インド映画の不思議 »