« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

年の瀬に『せきずい』ライブを振り返る

ただいま博多の帰省先でのんびりしています。
今日は朝から『女王の教室』を最後まで見てしまいました。
こういうダラダラとした時間の使い方をしたのは、何ヶ月ぶりでしょう?

今月中旬以降は年末年始対応業務があり、仕事が立て込みバタバタしていただけにウソのような感じです。

ブログの更新でもやろうかと思いましたが、12/25と12/28のライブレポートも写真を整理する時間がなく、帰省したので年内の更新は断念。
何か書こうかと思っていたら、『せきずい』に関する書きかけの記事を発見。

写真も準備していたので、これをコンプリートしない手はありません。

では、これから今年最後の記事をお送りします。

せきずい』のライブに通っているので、気付くと多くのバンドのステージを見ている。
盛り上がって来ると、ボーカルやギター(『せきずい』の場合はキーボードも!)が前に出て来て客席に向かってソロプレイなどでアピールすることがある。
多くの場合は、ステージから客席にスピードボールを投げ込まれているように感じる。

最初は、その勢いに圧倒されるが、演奏が進むとだんだん慣れてくる。
ステージからもそんな客席の空気を感じるのだろうか、だんだん大音量で叫んだり、派手なパフォーマンスになったりする。

最初の頃、『せきずい』のレポートを書いた時に、「緩急の付け方が上手い」ということを書いた。彼らの場合、ステージを通したメリハリだけでなく、ひとつの曲の中でも緩急を巧みに付けて、観客の集中力を切らさないようにしている。これがボーカルだけでなく、メンバー同士の連携で動いているから、目が離せない。

ずっと写真を撮りながら、何とかそれを映像で伝えられないかと思っていた。

11/23に東京・西新宿にある「CROSS ROAD」で行われたライブでも、「その瞬間」を狙っていた。ターゲットは、「着うた」にも入っている彼らの代表曲のひとつでもある『夢追ト』。

ステージ全体の動きを写真で表現するのは、自分の技量では及ばないので、今回はGt.&Vo.ゴウに的を絞ってみた。

この曲は、ゆったりとしたトーンで始まり、一気にサビにかけて盛り上がり、会場がギュッとひとつになる。

下の映像はサビへとかかる直前から、サビに入った部分のGt.&Vo.ゴウの動きである。


DSC_2400

人という字は人と人が互いに寄りかかり出来ている

DSC_2403
時々僕が

DSC_2405
たまには君が

DSC_2406
寄りかかり合おう

DSC_2407
人も

DSC_2408
入るも

DSC_2410
どっちでもいいさ~

ここで緊張が徐々に解ける。

DSC_2411

サビに入る直前、それまでの力がフッと抜け、優しい視線で客席を見つめる。
この間、わずか数秒。

リョウの刻むドラムの音が力強く響く…

ダダダ・ダダダ・ダン!

DSC_2412
右手開いて握手をしよう 共に夢追う我らが友よ

広げた右手を突き上げ、ここで一気にピークを持って来る。

わずか数秒の間、そしてそのわずかな時間で見せる表情や口の動きを観客はしっかり見ています。
この時にステージから伝えられる言葉にならないメッセージが客席に伝わり、その前後の歌詞に生き生きとした命が吹き込まれるように感じます。
観客にメッセージを伝えるのは、歌詞や大きなアクションだけではないことを実感した瞬間でもあります。

「静」があるから「動」が生きる。
「緩」があるから「急」になった時にインパクトがある。
メッセージを伝えるのは、歌詞だけではない。

こうして写真を見ると改めてそう思います。

今年は、楽しくライブに参加させていただいただけでなく、NHKの「オンエアバトル」、tvkの「みんなが出るテレビ」の収録にも立ち会うなど、本当にたくさんの出来事がありました。

来年春には、2ndアルバムの発売も控え、『せきずい』の活動にも一層力が入ることでしょう。
自分も少しでも彼らの魅力やステージの面白さを伝えられればと思っています。

最後に当ブログをご覧のみなさま、お越しいただきありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。


セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet on 05.12.18
せきずい
インディペンデントレーベル (2004/04/07)
売り上げランキング: 3,385
おすすめ度の平均: 4.83
5 これがインディーズ?
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/30

博多のしめ縄

お正月を迎えるための買い出しに荷物運びとして動員され、実家近くのスーパーへ。

スーパーの周りには、商店も並んでいて、この時期は正月準備の買い物客で大変な賑わいを見せる。

毎年見慣れた光景ですが、活気あふれる雰囲気はいいものです。

店先に並べられた品物を見ると首都圏とはかなり違います。

まずは価格。(当然というか)物価が安いことに驚かされます。
みかんなど一山100円。一番高いので一山250円。
確かに福岡はみかんの産地ですが、この価格には驚かされます。

051230_12170001.jpg
(結構たくさん入っているんですよ。山盛りになるくらい。)

後は地域性の違いを感じさせるもの。
例えば「アゴ」でしょうか。博多のお雑煮は「アゴ」で取ります。「アゴ」とは干したトビウオを焼いたもの。間違いなく都内では見ることは出来ませんが、こちらではパックに入ってスーパーで売られています。

051230_13250001.jpg
(まず首都圏では見られません。)

またしめ縄も首都圏と博多では形が違います。
こちらでは、青竹を横に渡して、その下ダイダイを中心に藁縄で作った飾りが下がる形になっています。

051230_12150003.jpg
(幅は50㎝以上あります。同じようなしめ縄を飾る地方はどの辺なのでしょうか?)

もちろん、関東で見られる鶴を模したデザインのものを見ることも出来ますが、こちらでは、前者の方がポピュラーです。

051230_12150001.jpg

お雑煮が地方によって違うようにしめ縄のデザインもそれぞれ異なるのでしょうか?
正月のしめ縄を見ながら、ふとそんなことを考えてしまいました。

しかし、しめ縄もウソみたいに安いですよね…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ただいま帰省中

年末年始休暇で1年ぶりに博多の実家に帰省しています。

28日は、7時半で仕事納め。(会社としては、午後2時で業務終了なのだが)
その後、原宿へ直行し、幸せ配達型ロックバンド『せきずい』のライブで2005年の締めくくり。

0時半頃に帰宅後、手を付けていない年賀状制作に取り掛かる。

「無理してでも早めに少しずつやっておけばよかったか…」

といつもの年末と同じ後悔をしながら、深夜の孤独な作業は続く。

朝5時過ぎに何とか完了し、そのまま帰省の準備。

帰省客で混雑する中を大きな荷物を抱えて、何とか実家に帰ることが出来ました。
思ったよりも暖かくて少し安心。
いつも九州の方が暖かいだろうと思いながら帰省し、毎年裏切られてきたのだが、今年は暖かい年末が過ごせそうです。

ライブレポートも積み残したままなので、「やり残した」感はありますが、地元 博多で年末年始をゆっくり過ごし、新年に備えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

『せきずい』ライブ in 横浜・赤レンガパーク

去る12月17日に横浜・赤レンガパーク前「海の上のイルミネーション会場で行われた『せきずい』のライブに行ってきた。

DSC_2902
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

場所は、横浜の観光地にもなっている赤レンガ倉庫。
最近、みなとみらい線が出来てアクセスがしやすくなったが、かなり寒そうだったことに加えて、子供もいっしょということもあり、車で行くことに。

この日は、tvk(テレビ神奈川)の『みんなが出るテレビ』の「YMPストリートライブ!!」 収録。
『みんなが出るテレビ』の中のコーナー「ASAHI SUPER DRY YOKOHAMA MUSIC POWER」に出演者したアーティスト4組によるストリートライブを行うという企画。

DSC_2845
(このイベントの一環?)

赤レンガ倉庫と言えば、キリンビールが出資者になっている施設。
そこでアサヒビールのイベントやるとはなかなか画期的ですね。

DSC_2822
(横浜・赤レンガ倉庫。天気には恵まれましたが、海のすぐ近くで非常に寒かった!)

出演アーティストは、『せきずい』、『スピカ』、『Yamo Shim』、『☆-HOSHI-』。

現地到着は16:30。
ちょうど前のバンドの演奏が終わり、『せきずい』のメンバーが準備をしていました。

DSC_2817

ステージ(?)の後ろ約10m先は海。
陸から海へと吹く風が結構強かったので、体感温度はかなり低かったのではないでしょうか。
じっとしていると本当に寒いです。
特に演奏するメンバーからは、思いっきり向かい風になるので、相当辛い環境です。

続きを読む "『せきずい』ライブ in 横浜・赤レンガパーク"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/23

A Hard Gay's Night

昨夜、8時過ぎ。

会社にレイザーラモンHGがやって来た!

ロケ用のマイクロバスから降りたロングコート姿の彼を見た時には、感動してしまいました。
「本当にハードゲイを会社に呼んじゃったわ」って。
自分で呼んでおいて、こんなこと言うのもなんですが。

レイザーラモンHG

アディダス!ダウン!ロングコート!【adidas】アディダス SHADOW BASIC ロングダウンコート
(いつもの服装の上にアディダスのこんな感じのロングコートを来て登場しました)

続きを読む "A Hard Gay's Night"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/12/22

レイザーラモンHGがやって来る!

先日、

レイザーラモンHGといっしょに仕事が出来るかも知れない。

というお話をしました。

今朝、会議中に番組制作会社の社長から、

続きを読む "レイザーラモンHGがやって来る!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

オチャメなイ・ビョンホン

先日、仕事で韓国芸能情報の記事をチェックしていたら、「第25回韓国・映画評論家協会賞」でのイ・ビョンホンに関する記事を見つけた。

途中までは、フムフムと普通に読んでいたのだが、後半になって驚いた。

あのイ・ビョンホンがこんなくだけた表情をするとは…

日本の女性誌には、絶対載らないような写真だと思います。
『美しき日々』や『オールイン』なんかのイイ男のイメージが壊れてしまいます。

美しき日々 DVD-BOX 1 オールイン DVD-BOX 1

でも、自分としては、彼の違った一面が見られて良かったと思っています。

(会ったことはありませんが)実は、結構ノリが良くて気さくな人なのかも知れませんね。


イ・ビョンホン DVD-BOX
イ・ビョンホン DVD-BOX
posted with amazlet on 05.12.20
ポニーキャニオン (2004/11/17)
売り上げランキング: 5,635
おすすめ度の平均: 4.86
5 癒されてます ビョン様
4 ビョンホニー素敵
5 本当にかっこいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/19

『せきずい』、NHK『オンエアバトル』2回目のトップ通過!

自分が応援しているロックバンド『せきずい』が、先程(12/18 24:55OA)放送されたNHK『熱唱オンエアバトル』に出演、初めて全国ネットのテレビ放送を決めた前回(11/7 OA)に引き続き、2度目のOAをトップ通過を勝ち取った。

DSC_0541
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

この『熱唱オンエアバトル』という番組は、10組のバンドを100人の審査員による投票で選び、上位5組が放送されるシステムになっている。

今回の収録の際も、その様子を直に見ることが出来たので、当日の様子を少しお話します。

続きを読む "『せきずい』、NHK『オンエアバトル』2回目のトップ通過!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/18

『LiLi』ライブ@原宿RUIDO

ここ3週間更新が無かったからといって、平日は仕事だけして、休日は泥のように寝ていた訳じゃない。(そういう時もあったけど)

人間は機械じゃないから、そんなことばかりではおかしくなる。
確かに体を休めることも必要だけど、精神の緊張も解放することは絶対必要だと思う。

いまさら聞けない会社のカラクリ

社会人生活が長くなると、どうしても会社がメインになって、気付くと会社や仕事関係の人といった付き合いだけになりがちである。
そうなると会社やその業界を中心とした視点や考え方しか出来なくなってしまって、アタマも固くなってしまう。

学校を卒業した後、しばらくぶりに会った友人と話す時にそう思う。
「自分も相手からはそう見えているのかな」って。

だから、常に意識して会社から離れるようにはしているのだけど。
特に忙しかったり、疲れていたりする時こそ、流されないように多少無理してでも外の空気に触れようとしています。

さて、前置きが非常に長くなりました。
そんな感じで動いているうちに、一昨年あたりから、ライブハウス通いにハマってしまい。今では『せきずい』と『LiLi』というバンドを応援しています。

DSC_2608a
(これが横浜出身のバンド『LiLi』。神奈川・東京エリアでライブを行っています。)

今月初めに東京・原宿にあるライブハウス「原宿RUIDO」で行われた『LiLi』のライブに行って来ました。

続きを読む "『LiLi』ライブ@原宿RUIDO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

レイザーラモンHGとお仕事?

「来週、レイザーラモンHGの番組収録があって、○○や△△をやるんですが、いっしょにやりませんか?」

外出先から事務所に戻るとこんな電話があった。

実は、最近、ひょんなきっかけでレイザーラモンHGと接点が出来た。
昔の仕事関係のつながりである。

話を聞くと、どうやら火曜日までにネタを考えなければいけないらしい。

「とりあえず週末に考える」

と回答して、電話を切る。

とは言ったものの、急な話で時間もないので何が出来るかわからない。
しかし、相手は今、大ブレイク中のレイザーラモンHG。

少し前に「腰の振り過ぎで腰痛になった」というニュースがあったが、話を聞くとここ3ヶ月近く休みが無く、今月は睡眠時間も無いくらい多忙らしい。

それだけの人気キャラが使えるのですから、これはもう、やるしかないでしょ~!

会社でロケをやったら、みんな驚くだろうか?

ロケ当日にアポ無しで社長室に乱入させてみるか。

シャレで済めばいいが、本気で怒られて処分されそうな気がする。

「ハードゲイで懲戒」

今なら「神」になれるかも知れない。

おもしろそうなのでやれるものはやってみましょうか。
何となく閉塞感があるから、ここはひとつパーンと弾けたことをやって社内を明るくするのもいいのかな。

レイザーラモンHG
レイザーラモンHG
posted with amazlet on 05.12.16
レイザーラモンHG
竹書房 (2005/11)
おすすめ度の平均: 4.57
5 HGの魅力が満載です!
5 ファン必見!
5 レイザーラモンHG本とってもおすすめです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/16

久々の更新

3週間ぶりにブログを更新した。

もともと慢性的に長時間勤務だったところに、この半年弱の間に意に反して降ってきた仕事と自らの意志でつかみ取った案件が重なり、睡眠時間が3時間強の生活が8月から続いて来た。

ここしばらくの間は、いくつか大きな山があったせいでギリギリ3時間寝られるくらいの生活でした。
20代の頃のように全力投球で連投は出来ませんが、それでも気持ちが前向きであれば、何とかなるものです。

休日出勤も続きましたが、それでも週に8時間寝られる日が1日あれば、とりあえず肉体的にはがんばれました。

ただ、それは精神的に満たされていればの話。
自分の進む道を疑わず信じられれば、前に進めます。
何かにハマったら、時間が経つのを忘れるのと同じことです。

しかし、それが狂うとどうなるか。
体のバランスは崩れるは、リズムはおかしくなるし、何よりも何も手につかなくなってしまいます。

2週間前ほど前にあることをきっかけにグチャグチャになりかけた時期はありましたが、多少区切りがついたこともあり、少し落ち着いて考える余裕が出来たせいでしょうか、何とか通常の60%程度までモチベーションを戻すことが出来ました。(やはり、仕事とは全く関係ない気分転換は必要です。)

高校の時に読んだキルケゴールの本ではないですが、

絶望とは死に至る病である

とはよく言ったものです。

まだ、完全とは言えませんが、ここも少しずつ元に戻したいと思っています。


対象喪失―悲しむということ
小此木 啓吾
中央公論新社 (1979/11)
売り上げランキング: 16,913
おすすめ度の平均: 4.67
4 やはりフロイトが創始者なんですね
5 別れの悲しみが心の中で整理でき、癒されました
5 悲しむことができるということ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『せきずい』ライブ in 『音♪爛漫2005 Vol.4』(その2)

休日出勤の仕事を切り上げて、慌てて会場に駆けつけたので、ギリギリ間に合った。(結局、夜の11時過ぎまで電話に追われたのだが)
扉を開けるとステージでは、セッティングの最中でした。

DSC_2531
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

会場は、既に観客であふれ、人の身体から発せられた湿度を含んだ熱が風船のように膨らんでいた。
この日は、『ワカバ』『ひなた』『メリチョコ』といった人気バンドが参加していたので、予想はしていたが、それにしてもすごい熱気である。
特にステージ付近になると人口密度が高く、後ろの方と比べると付近の温度は1~2度高いのではないかと思うくらいである。

最近の『せきずい』ライブは、観客が増えたこともあり、昔であれば自由に撮影ポジションを選ぶことが出来たのだが、今では早めに行くか、脚立でも使わないことにはなかなかいい絵が撮れる場所が得にくくなった。

DSC_2428
(こんな感じで、かなり密集しています。)

また、ステージ付近の客席密度も高くなり、ステージで演奏中の移動が非常に難しく、同じ確度からの定点撮影になってしまうことも多い。
そういう意味で、ここ「新宿CROSSROAD」は、ステージと客席の間にフェンスのようなもので区切られた幅1m弱の隙間があって、ここを「カメラマン席」として使うことが出来るので非常にありがたい。

続きを読む "『せきずい』ライブ in 『音♪爛漫2005 Vol.4』(その2)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »