« 海外でホリエモンはどのように紹介されているのか? | トップページ | どこからどこまでが「韓流スター」? »

2006/01/19

新世紀マネー王伝説 堀江の拳

深夜1時過ぎに帰宅してから、ライブドアショックをネタに久々にブログの記事を書いた。

テレビのニュースなどとっくに終わっている時間なので、ネットで関連記事を検索していると、こんなものを拾った。

新世紀マネー王伝説 堀江の拳(※音が出るので注意!)

タイトルからわかる通り、『北斗の拳』のパロディ。

新・北斗の拳 第弐話「禁じられた拳」

こういうの好きですね~。
ストレートに笑えて。

ダメだ、笑ってしまったせいで、変にテンションが上がってしまって眠れなくなりそう。


コールドキャスト製胸像 ケンシロウ リペイントVer
ハピネット・ロビン
売り上げランキング: 819

|

« 海外でホリエモンはどのように紹介されているのか? | トップページ | どこからどこまでが「韓流スター」? »

コメント

見ました~!!おもしろすぎです!!
作った人もすごいけど、
探し当てたCYROさんもすごい!
何度も見たくなるし、何回見ても笑えますね。

投稿: たこぽん | 2006/01/19 23:46

たこぽんさん、コメントありがとうございます。

おもしろいでしょう?(笑)

作った人はこういう素材を事件の前から用意しているのでしょうか?僕もパソコンの中に結構いろんなネタがあります。(サントリーのジュースのキャラクター)Qooバージョンの「北斗の拳」オープンングとか、英語版の「天才バカボン」や「巨人の星」とか…
でも、事件が起こった時にすぐにそこから作るなんて出来ませんね。
世の中にはすごい人がいるもんだと思います。

またおもしろいのを見つけたら、紹介したいと思います。

投稿: cyro | 2006/01/20 02:21

「Qooバージョンの北斗の拳」も
おもしろそうですね♪
私はパソコン入力ですら「?」って感じなので
作れる人がうらやましいです。
また、楽しみにしています(^-^)

投稿: たこぽん | 2006/01/20 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/8228599

この記事へのトラックバック一覧です: 新世紀マネー王伝説 堀江の拳:

« 海外でホリエモンはどのように紹介されているのか? | トップページ | どこからどこまでが「韓流スター」? »