« 世の中の明るさのみを吸ふごとき | トップページ | 「俺、ハゲて来たよな?」とエライ人に聞かれたら? »

2006/02/24

孤独なゲリラ戦は続く

昨夜のハッピーモードから、一転いつものお疲れモードでございます。

「がんばっていれば、そのうち楽になるだろう。」

と思って、この7ヶ月くらい午前3時就寝、同6時半起床という生活を続けていますが、4月以降も続くことが本日ほぼ確定。

いい加減で能天気なB型の見本みたいな自分ですが、さすがに凹んでおります。

ジャングルで戦うゲリラみたいな生活ですからね。
手元には旧式の歩兵銃と数発の弾しかない。
しかも援軍も武器の補充もなく、戦車やイージス艦といった近代兵器完備の軍隊と戦うような感じ。

イージス艦入門―最強防空システム搭載艦のすべて

数回の奇襲攻撃をやって、勝利を収めるくらいの自信はあるが、所詮は局地戦。
敵の進撃を一時くい止めるくらいのことは出来ても、戦局を左右するほど大きな影響はない。

ゲリラPR―PR奇襲作戦

運良く一人の敵将をピンポイントで討ち取ったとしても、その一撃を放った瞬間、自分の居場所が発覚して集中砲火を浴びることは確実である。

このままだと、4月からは二正面作戦どころか、三正面作戦に突入となる。

このまま徹底抗戦を継続するか?
無条件降伏か?
あるいは、万歳突撃か?

さて、どうしたものだろうか?

失敗の本質―日本軍の組織論的研究
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎
中央公論社 (1991/08)
売り上げランキング: 176
おすすめ度の平均: 4.59
5 今、考えないといけないこと
5 今も昔も変わらぬ日本の組織
5 少なくとも、戦史として読む本ではない

|

« 世の中の明るさのみを吸ふごとき | トップページ | 「俺、ハゲて来たよな?」とエライ人に聞かれたら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/8807487

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独なゲリラ戦は続く:

« 世の中の明るさのみを吸ふごとき | トップページ | 「俺、ハゲて来たよな?」とエライ人に聞かれたら? »