« 「置き引き」に遭う | トップページ | 『せきずい』ライブ in 『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』(せきずいまにあ向け) »

2006/03/21

レイザーラモンHGの関西弁

先週末、レイザーラモンHGが出演する番組の収録で東京の新宿・歌舞伎町にあるキャバクラに行って来ました。

DSC_6184s

あるサイトでだけ告知され、クチコミのみでしか伝わっていないにもかかわらず、開場前から、ビルの1Fには列が出来ていた。
ちなみに入場料は無料。当日の飛び入り参加OKというもの。

会場の周辺で告知看板と「レイザーラモンHGの無料イベントで~す!」と呼び込みをしても、興味は示すものの、いぶかしそうな顔をして去っていく人が多い。
確かにここは歌舞伎町のド真ん中。
あのレイザーラモンHGのイベントがこんなところで、しかも無料で自由参加であるなんて聞いて信じろという方が難しいかも知れません。

開場前に会場となるキャバクラに入る。
自分が入った時には、すでにリハーサルが始まっている状態でした。
ステージ上には、黒い服を来て、ニット帽を被った長身の男性と声の低い女性が立っている。
時々、男性の方が時折冗談まじりに関西弁でスタッフに指示出しをしています。
てっきりスタッフだと思っていましたが、よく見ると、素顔のレイザーラモンHG。

昨年12月に勤務先でのロケに彼が来た時、控室で会話をした際は、(ああいう格好でしたが)標準語でとても礼儀正しい感じだったので、関西弁でフランクに話す様子は不思議に思えた。

元々、関西出身だから、当然と言えば当然か。
ふだんの自分が博多弁でなく標準語を話しているようなものです。
それでも、新鮮な驚きでした。

共演のニューハーフに『フライデー』ネタでいじられていた時の動揺が素の反応で面白かった。(ミニスカポリスの彼女との様子を激写された『フライデー』は2冊持っているそうです。)

DSC_6228s
(ちなみに左はニューハーフの方です。言われなければ男だと絶対にわからないです。)

収録が始まるといつもの格好であのゲイ風。
この辺の演じわけは、さすがゲイ人でございました。

本来であれば、今月からレイザーラモンHGの仕事をするはずでしたが、諸事情で9月以降に再検討となりました。果たして、その時、彼のゲイ風はまだ受け入れられているのでしょうか?

関西弁を英語で喋れまっか?
シャノン ヒギンス
宝島社 (2004/02/29)
売り上げランキング: 116,488
おすすめ度の平均: 5
5 よろしおまんな~関西人必読
5 ほんまにおもろい英語本?関西弁の本?

|

« 「置き引き」に遭う | トップページ | 『せきずい』ライブ in 『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』(せきずいまにあ向け) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/9191262

この記事へのトラックバック一覧です: レイザーラモンHGの関西弁:

« 「置き引き」に遭う | トップページ | 『せきずい』ライブ in 『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』(せきずいまにあ向け) »