« 決戦の木曜日 | トップページ | 寝坊 »

2006/03/17

本当にやるの?

ここ数週間、頭痛のタネだった案件が、木曜日の頂上決戦でとりあえず決着。

一時は最悪の結果も覚悟した時期もあったこともあり、始まるまではドキドキものでした。
しかし、いざフタを開けると会談は終始穏やかな調子で進み、思ったより良い形で終わりました。恐らく、今の状況を考えると出来過ぎの結果でしょう。

終了直後、ふと、

「日露戦争の講和条約を結ぶ時、日本の全権代表はこういう気持ちだったのだろうな。」

などと考えてしまいました。

とはいえ、これでこの週末は気分穏やかに過ごせます。
でも、上手く行って、良かった反面、

「映画をやろう!」

みたいな話になってしまったので、また重い荷物を背負うことになりそうです。
確かにそうなるように仕組んだのですが。
内部からの発案だと時間がかかり過ぎるので「外圧」を使って、早く新しいものを創りたかったので。

課題は色々あるのでしょうが、春を前にして、前向きな話が出て来たということで、良しとしましょう。


映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
キネマ旬報映画総合研究所
キネマ旬報社 (2005/09)
売り上げランキング: 85,069

|

« 決戦の木曜日 | トップページ | 寝坊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/9126199

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にやるの?:

« 決戦の木曜日 | トップページ | 寝坊 »