« iPodを買ってしまった | トップページ | 睡眠不足… »

2006/03/08

『せきずい』ストリートライブ in 代々木公園

週末の日曜日は渋谷で買い物。
システム手帳用のリフィルなのだが、勤務先に付近にも自宅近くにも売っていない。
仕事上ないと業務に支障が出るので、自宅から一番近い「都会」に出かけることになった。
1軒目では見つからなかったが、2軒目のLoftで目的のアイテムを無事ゲット。

せっかく休日に渋谷まで出て来たのだから、このまま帰るのももったいない。
しかも、この晴天である。
きっと代々木公園に行けば、ストリートライブが見られるはずである。
そうと決まれば話は早い。

お気に入りの『せきずい』の曲を聴きながら、Loft脇の細い道を抜けて、公園通りに出る。
パルコ横の坂を上って、代々木公園に向かった。

DSC_5851s
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

坂道を登り切ると、にぎやかな音が聞こえて来る。
公園が視界に入ると大勢の人の姿が見える。
かなりの数のストリートライブと観客がいるようである。
その様子を見るだけでも「何が起こっているのだろう?」とワクワクする。

NHK横の道を進むと『ピストルモンキー(ズ)』 やかつて『せきずい』と対バンをした『MinxZone』など知っているバンドもいて、どこも多くの人を集めていた。

さらに先に行くと左手にこれも以前『せきずい』ライブで見たことがある『ひなた』が目に入る。観客の輪の一番後ろから見ようかと、ふと右手をみると目の前に『せきずい』のGt&Vo.ゴウの姿が!

DSC_5892s
(Gt.&Vo.ゴウ)

「さっきまで聴いてた曲のホンモノが突然現れたから、びっくりしましたよ!」

と話しかけると、

「どうもホンモノです。」

といたずらっぽく笑う。

ついさっきまで聴いていた曲を歌っているホンモノが目の前にいるのは何とも不思議なものである。

DSC_5964s
(Gt.テツヲ)

周りを見回すと、他のメンバーの姿だけでなく、『せきずい』ファンの姿も。
この日は津田沼にいるものだと思っていただけに、何とも妙な感じである。

DSC_5838s
(Dr.リョウ)

真相を聞けば、3月12日に行なわれる津田沼でのストリートライブの予定と情報が交錯していたらしく、昼過ぎには『せきずい』HP掲示板に告知されていたとのこと。

顔なじみの『せきずい』ファンからは、

「cyroさん、ちゃんとホームページをチェックしないとダメですよ~」

と言われてしまった。

ともあれ、前日に引き続き『せきずい』のライブが見られて、しかも手元にカメラも持っているというのはラッキー以外何物でもない。

DSC_5910s
(Key.ヨシアキ)

第一部が終わった直後のようで、第二部から参加することにした。
正面にいる『ひなた』のライブが終わるのを待って、『せきずい』のストリートライブ第二部がスタート。

天気がいいだけでなく、2日前の雨のおかげで空気が澄んでいて、光に透明感がある。
ファインダーをのぞいていても、春らしいいい色が出ているように感じる。
空の青さや木々の緑も鮮やかである。

DSC_5847s
(Bass カズヒロ)

代々木公園で『せきずい』のストリートライブを見るのは、ずいぶん久しぶりのような気がする。
半年ぶりくらいだろうか。
この半年の間に彼らが積み重ねて来たものに対して、観客がどのように反応するのかが非常に興味があった。

最初に気付いたのは、それまでと違う客層が加わったことである。
渋谷に隣接している公園というロケーションもあるが、10~20代女性を中心とした幅広い年齢層の観客を集めていた。

DSC_5846s

これは昔と変わらない。
しかし、以前は立ち止まることが少なかった10代の男性が、この日はほぼ1ステージを見ている姿も見ることが出来た。
さらにライブ終了後にCDを購入する男性もいた。

この先、彼らがさらなる飛躍を果たすには、男性ファンを獲得することが重要である。バンドにしろ、役者にしろ、同性の共感と支持を得られる人はやはり強い。
今回のストリートライブでは、若い男性たちを立ち止まらせて1曲だけでなく、最後まで聴かせた。しかも、その場でCDまで買わせる至った。その数は少ないものの、この「変化」は大きいと思うのである。

次に気付いたのは、ストリートライブに慣れして来たことである。
他のバンドが目当てであったとしても、ライブハウスでのステージは、「音楽を聴きに来る人たち」といった明確なターゲットが相手である。

DSC_5853s

だが、ストリートライブは、不特定多数の無党派層を相手にしなければならないという難しさがある。極端な場合、彼らの名前や顔を知らないどころか、興味もない人の方が多いのである。そういった人たちを振り向かせ、立ち止まらせるだけでも大変だが、さらに自分たちの曲を聴かせなければならない。これは相当に難しいことである。

DSC_5886s

昨年、最初にこの場所でのストリートライブを見た時には、手さぐり感が見て取れた。
回を重ねるうちに少しずつ、屋内でのライブとは違うスタイルを確立していった。
少なくとも自分が見ている範囲でも、「着実に前の回の経験から学んでいるな」と思う工夫がいくつもあった。

DSC_5931s

ここ代々木公園に何度か来ているので、屋内ライブで見たことのあるバンドもいくつかある。それぞれ見せ方を工夫しているが、屋内と屋外双方で観客を集めているケースは少ない。
大体、どちらかが盛況なら、一方がいま一つということが多い。
その理由の主なものは、ステージ上の演出が、いずれか一方に最適化されていることである。環境やターゲットも全く異なるところで、同じことをやってもいつも受けるわけではないのは当然の話である。
花火は夜空に散るから美しく、ひまわりは真夏の太陽の下で咲くからこそ美しい。同様にライブハウスでの最高のパフォーマンスが、ストリートライブでも最高とは限らないのである。

そういう意味で、今回のストリートライブは今までの経験値がよく盛り込まれていたように思えた。通りすがりの人を立ち止まらせること、自分たちの名前を覚えてもらうこと、そして初めて彼らを見る人に楽しんでもらうこと等々。

DSC_5873s

特に最後の初めての人でも楽しんでもらうという点は、『せきずい』は非常に優れていると思っている。
当日、数多くのストリートミュージシャンやパフォーマーが競い合っていたが、パフォーマンス系を除けば、『せきずい』ライブの観客に占める外国人の割合は結構高いのではないだろうか?
最初の頃、彼らのライブを見ていた外国人観光客が彼らのどこに興味を持って見ているのかが知りたくて、何度か話を聞いたことがある。

「日本語は全くわからないが、(彼らのステージは)見ていて楽しい。」

DSC_5888s
(路地裏で乗りまわした 愛車のママチャリが僕の宝物~♪)

DSC_5889s
([ママチャリに乗る公園警備のおじさんを指差しながら]路地裏で乗りまわした 愛車のママチャリが僕の宝物~♪)

DSC_5894s
([さらに指でママチャリに乗る公園警備のおじさんを追いながら]路地裏で乗りまわした 愛車のママチャリが僕の宝物~♪)

DSC_5895s
([まだ指でママチャリに乗る公園警備のおじさんを追いながら]路地裏で乗りまわした 愛車のママチャリが僕の宝物~♪)

DSC_5897s
([それでもGt.&Vo.ゴウはママチャリに乗る公園警備のおじさんを追いながら]路地裏で乗りまわした 愛車のママチャリが僕の宝物~♪「まだやるんかい!?」とツッコミを入れるGt.テツヲ)

という回答が多かったように思える。
といっても、自分が聞いてみたのは、せいぜい5~6人くらいである。それで全てをくくるのは多少乱暴かも知れないというのは十分承知しているが、傍証のひとつくらいにはなるのではないだろうか。

DSC_6050s
(なぜこんなところにKey.ヨシアキが?)

最も端的に感じたのは、カメラのファインダーを見ていて、屋外でも「絵になってきた」とである。

DSC_5915s

色とりどりの照明に包まれたライブハウスのステージではなく、自然光の中でも屋内と違った魅力で輝き出したように見えた。例えるなら、仕上げの研ぎに入った漆器のようなもので、徐々に下から金地や光沢が見え始めたような感じである。

DSC_5899s

この日、『せきずい』メンバーは、『玉手音.tv』のインターネットラジオ収録のため、17:30に恵比寿のスタジオに入る必要があった。
17:00には現地を出発しなければならなかったが、出発ギリギリまで観客を楽しませ、ストリートライブは終了した。

DSC_6065s
(本日のストリートライブ終了)

次回は、3月12日(日)13:00に津田沼駅前にて、ストリートライブが行われる予定なので、もし、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
5人の幸せ配達人がきっと素敵な時間を届けてくれることでしょう。

DSC_5988s

(※スケジュール等の詳細は『せきずい』のホームページをご参照ください。)


セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet on 06.03.06
せきずい
インディペンデントレーベル (2004/04/07)
売り上げランキング: 3,385
おすすめ度の平均: 4.83
5 これがインディーズ?
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された!

|

« iPodを買ってしまった | トップページ | 睡眠不足… »

コメント

楽しそうな様子がすごく伝わってきて
幸せな気持ちになりました♪
すごくいい表情ですね。
6枚目のカズヒロさんすごく気持ちよさそう。

CYROさんのせきずいに対するコメントが
わかりやすくてこうだったのかなと想像しやすいです。いつもご苦労様です(^-^)

それにしても偶然ストリートが見れたなんて
ラッキーでしたね♪
ストリートの様子が知ることができて
私にとってもラッキーでした。

投稿: たこぽん | 2006/03/08 09:45

たこぽんさん、コメントありがとうございます。
当日現地で見ても楽しいのですが、自宅に帰って撮影した写真を見るとメンバーも観客も本当に楽しそうな表情をしている(プライバシーの問題であまりアップにして掲載できないのは残念ですが)ので、また楽しくなってしまいます。

「音楽をやっていて楽しい」「聴いてもらってうれしい」というメンバーの気持ちと、「聴いていていい感じになる」「見ていて楽しい」という観客の気持ちの両者が作り出す雰囲気がとても素敵でうれしくなってしまいます。

せきずいの魅力が伝わるように、またがんばってレポートをしたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: cyro | 2006/03/11 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/8976051

この記事へのトラックバック一覧です: 『せきずい』ストリートライブ in 代々木公園:

« iPodを買ってしまった | トップページ | 睡眠不足… »