« 肩こりに効きそうな映画館 | トップページ | 決戦の木曜日 »

2006/03/15

真夜中のひとり言

今日も帰りはこげな時間です。
別に仕事が好きな訳じゃなかっちゃけど、やりたかこっばやろうとすっとこげんなる。

なーんも考えんと、他ん人と同じかごとやっとけば、楽なんかも知れん。
「他と同じ」というとが、昔っから、好かんけんそりゃ無理。
「変わっとう」というとが最高の褒め言葉んごと思うとったもんね。
ま、天の邪鬼っちゃあ、それまでっちゃけど、これが自分やし、こげん年になって今さら変えようっちゃあ思うてもそりゃあ無理ばいね。

最近、変えられんと気付いたんが言葉。

こっちに来てから20年近うなるし、仕事で仕方がなかけん、標準語ば使いようけど、やっぱ頭ん中で「翻訳」しようけん言いたかことがすぐに出て来ん。
やけん、いっつも「あー、しゃあしかねー」と思いよっちゃけど、しゃあないけん使いよった。
それに慣れてもう大丈夫やろと思うとった。
ばってん、疲れるうとそれもしゃあしくなる。
で、最近は、博多弁をそんまま標準語にして話すようにしとります。
ただ、そうすっと、周りから見ると、べらんめぇ調に聞こえるらしゅうて、ガラの悪か人んごと思わるうごたあるとが難点やけどね。

そんまま博多弁でしゃべりゃあ誤解もなかと思うっちゃけど、たぶん、それじゃあ、何を言いよっかいっちょんわからんやろうけん、コミュニケーションにならんやろうな。

何もない時は、そげん感じんかったけど、疲れて来っと、やっぱ「翻訳」しながら話すんは想像以上に自分の負担になっとったんがわかる。
そげな意味じゃ、こげん経験も自分ば知る意味じゃ大切なことと思う。

大した内容じゃないけど、いつも頭の中に出てくる言葉を「翻訳」せずにそのまま文字に落とすと、気分がすっきりするものですね。
いつもは、標準語の言葉を選びながら話をしているので、どうしても思考がスムーズに流れません。


博多学
博多学
posted with amazlet on 06.03.15
岩中 祥史
新潮社 (2003/08)
売り上げランキング: 146,173
おすすめ度の平均: 3.83
4 ☆復習として読みました。☆
2 福岡空港の本屋で購入
4 もと福岡市民(いや、住民票まだ移しとらんけん現福岡市民か・・・)より

|

« 肩こりに効きそうな映画館 | トップページ | 決戦の木曜日 »

コメント

そんなストレスがあったとは・・・。
CYROさんの優しいお人柄を知っているので、
博多弁でも、よかとよ(笑)
むしろ、CYROさんの博多弁が聞きたいっす♪

投稿: あきら | 2006/03/15 23:54

あきらしゃん、久しぶりやね~。
元気しとった?ホント、コメントおおきにね。
別に博多弁でしゃべってもよかっちゃけど、
「こん人、なんば言いよっちゃろ?」
げなことになると思いますよ(笑)

投稿: cyro | 2006/03/16 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/9094858

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のひとり言:

« 肩こりに効きそうな映画館 | トップページ | 決戦の木曜日 »