« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

東京ラブロマンチストナイト

先ほど、東京・原宿にあるライブハウス原宿RUIDOで行われた『せきずい』のワンマンライブに行ってきた。

Dsc_8004s2
(竹下通りから見た開場30分前の原宿RUIDO前の様子。奥に見える人の集まりは『せきずい』ワンマンライブ入場待ちの列。右奥にある白い原宿RUIDOの建物に沿って列が続く。長くなり過ぎたため、画面左の外にある小さな道にも列が続いている。)

会場は大勢の観客であふれて、立錐の余地もない。
入場者数300人余、原宿RUIDO始まって以来の入りだという。
確かに、客席を見ると、いつもは「関係者席」としてイス席になっている一番後ろのスペースも当日は一般席として公開されていた。(自分は最前列左端に撮影ポジションを確保したが、ライブが始まると全く動ける感じではなかった。ステージ中央に徐々に観客が集まるため、体を右に曲げて相当不自然な姿勢で撮影することになった。)

約1ヶ月ぶりのライブハウスでのライブ。
しかも全てが『せきずい』ファンだけである。

 パチュッパ 04 ピヨッパ
(パチュッパ)

この記念すべき日を盛り上げるかのように、以前『原宿ジャイアン7』で「パチュッパ 」彼らとでコラボレーションをしたタカラトミー(当時はトミー)からワンマンライブのお祝いに緑の「ホッピィポッピー」 200個が届けられ、観客にプレゼントされた。しかも、全てにメンバーのサイン入り。ライブ直前の忙しい中、200個ひとつひとつにサインを入れるとは大変なことだと思う。来てくれた観客へのもてなしの気持ちなのだろう。(自分がもらったものには「4/29 東京ラブロマンチストナイト 涌井亮」とDr.リョウのサインが入っていた。)
これだけでなく、先着170人に「東京ラブロマンチストナイト」オリジナルタオルも付いて、ファンにはたまらないイベントだったのではないだろうか。

ホッピィポッピー かえるくん
(ホッピィポッピー かえるくん。音に反応して動きます。)

また、ライブの前半1時間は『Yahoo!動画』と『Livecheers』でも映像が生中継された。
これだけの環境が用意されて盛り上がらない訳がない。

『せきずい』も客席も今までの想いを一気にぶつけたようなステージであった。

Dsc_8063s
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

続きを読む "東京ラブロマンチストナイト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/24

『せきずい』ライブ in 『アコringポップ』

(気が付くと、『アコringポップ』から1ヶ月も経っているので、急いで続きを書くことにします。)

『LiLi』のステージが終わった後、1階のフロアで人の移動が始まり、2階から見えなかった床が見える。これなら、下でも見られそうである。

次のバンドの準備の間に少しずつステージに向かって移動する。
空調のせいか1階の方が涼しいような気がする。
時間をかけてステージ前の最前列左端に到着。
エアコンからの空気の対流があるので、確実にこちらの方が涼しい。
これでようやくひと心地ついた。

周りには顔なじみの『せきずい』ファンもいて、話をするが一様に「暑い」を口にする。
(中には一瞬いなくなったと思ったら、ビールを片手に登場した方も。もう少し早く気が付けば自分も間違いなくビールを買いに行っていた。)

次は、アコースティックの2ピースバンドの『アコジィ』。
学生時代、頑なにアコギにこだわって、バンドを組むのが大変だったくらいなので、ジャンル的にはジャストミート。

Dsc_6686a

初めて演奏を聴いたが、期待以上だった。アコースティックギター2本で歌っていたということもあって、会場の意識がステージに集まっている様子がよくわかった。いいバンドを知ることが出来て『アコringポップ』スタッフのみなさんに感謝したい気持ちである。

さて、いよいよ『せきずい』の出番。

Dsc_6848a_1
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

続きを読む "『せきずい』ライブ in 『アコringポップ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

ニトログリセリン

薬が切れたせいなのか、疲労が重なったせいなのかわからないが、確実に胸の痛みは慢性化して、不眠に至っては半年以上続いているので、そろそろ病院に行かないと思っていた。

年度末やら、サービスの立ち上げなどが重なり、ずっと行けず仕舞い。
ようやく、年休を取って病院に行く時間が出来たので、1ヶ月半ぶりに行った来た。

で、処方されたのがこれ。

続きを読む "ニトログリセリン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

祝・『東京ラブロマンチスト』初登場5位!!

4月14日発売の『せきずい』の2ndアルバム『東京ラブロマンチスト』が、タワーレコード渋谷店の「インディーズチャート」(2006/04/10~2006/04/16)で初登場5位になりました!

Tokyo_love_romanticist

また、「総合アルバムチャート」でも33位にチャートイン。
30位が、あのプリンスです。
なかなか感慨深いものがあります。

【インディーズチャート】
http://www.bounce.com/news/chart/20060418_shibuya_ind.html

【総合アルバムチャート】
http://www.bounce.com/news/chart/20060418_shibuya_all.html   

ワンマンライブまで、あと10日。
本当に今から楽しみです。


東京ラヴロマンチスト
せきずい
インディペンデントレーベル (2006/04/15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

出会いと別れ ~ 過去から現在までの彼氏彼女を振り返る恋愛診断

「出会いと別れ ~ 過去から現在までの彼氏彼女を振り返る恋愛診断」

せきずい』ファン仲間のmixi日記で見つけて、面白そうなのでやってみました。

過去に付き合った人のことに関する質問事項に答えて行くと、「結婚に向いている人」「あなたに合っている人」「成長させてくれた人」「ろくでもない人」のランキングを付けて採点してくれます。さらに、その結果を毒舌太郎さんと井戸端乙女さんから辛口のコメントで評価していただけます。

元々入力項目が多いのに加えて、散々フラれて来たので、入力しながら古傷を引っかくようで辛いこと辛いこと…

で、その結果。

続きを読む "出会いと別れ ~ 過去から現在までの彼氏彼女を振り返る恋愛診断"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/17

取材待ち

ただいま、東京・日比谷にある帝国ホテルにいます。

今日は韓国映画『デュエリスト』の取材で朝からこちらに来ています。

取材待ち
(会見場です。もうすぐすると記者とカメラマンでいっぱいになります。)

受付は10:00からですが、いい撮影ポジションを取るために早くから並ばなければなりません。

取材待ち
(プレスパスです)

特に今回のように主演の俳優カン・ドンウォンや女優ハ・ジウォンといった人気のある方の来日記者会見となると大変です。

ようやくカメラテストも終わり、11:00からの会見待ちです。

間もなく主催者側からの段取り説明が始まります。

時間が限られている中でひたすらシャッターを切りまくります。少しでも良い絵が撮れるようにがんばります。

この経験が『せきずい』のライブ写真撮影にも活かされているはず(?)です。


オオカミの誘惑 デラックス版
ジェネオン エンタテインメント (2005/09/22)
売り上げランキング: 213
おすすめ度の平均: 4.45
4 オーディオコメンタリーに注目!
4 オオカミの誘惑を観て・・・
4 本当に最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

祝・『せきずい』2ndアルバム『東京ラブロマンチスト発売!!

昨日4月15日は、『せきずい』の2ndアルバム『東京ラブロマンチスト』の発売日。

この日、発売を記念して東京・代々木公園でストリートライブが行われるというので、見に行くことにした。

Dsc_7317
(代々木公園でCD発売記念ストリートライブを行う幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

渋谷駅を降りて現地に向かう途中にCDショップに立ち寄り、発売状況をチェック。
タワーレコード渋谷店では、前日から店の棚に平置きで並び、15日午前中で完売したと聞いていたので、別の大きな全国チェーンの某店に向かった。

店に入って、「Japanese」と書かれた邦楽コーナーの棚を探す。

Pa0_0004_1

おっ、これは…。

Pa0_0005_1

2ndアルバム『東京ラブロマンチスト』、確かにありました。

Pa0_0006_1

ふと、棚を見ると、一番上がスカスカです。
売れ筋の商品を置く場所なのにもったいない。

CD1枚を面出しに出来るくらいのスペースはありそうです。

Pa0_0007_1

ちょっと、右に寄せて見ました。

Pa0_0008_1

では、実際にCDを置いてみましょう。

Pa0_0009

ちょうどいい感じですね。

大手CDショップでも発売されていることも無事確認出来たので、そのまま(!)ライブ会場がある代々木公園に向かいました。


東京ラヴロマンチスト
せきずい
インディペンデントレーベル (2006/04/15)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/14

祝・FDクラス3周年!

今日4月14日は、自分がこのブログのタイトルにもなっている「FDクラス」を担当した日から、ちょうど3年目になります。(覚えていますでしょうか?)

ずいぶん遠い過去のようでもあるし、つい最近のことのようにさえも思えます。

でも、3年前のこの日から自分の意識も進む道も大きく変わったことは間違いない。

実のところ、当時の自分は目標を失って半ば腐っていて、家庭内も配偶者が入院していたりでグチャグチャな状態。とはいっても、新入社員教育のスタッフとしては「模範的な先輩」でなければならない。自分の個人的な事情でこれから社会人として夢を抱いてやって来た希望あふれる人たちに悪影響を与えてはいけない。

最初は、そんな様子を気取らないように精一杯「いい先輩」を演じていました。

でも、日々彼ら彼女たちのまっすぐな視線と熱さに接しているうちにそんな自分が恥ずかしくなってしまいました。

このままでいいのか?

過去形で語るだけでいいのか?

未来形で語れる夢があるのか?

それから演じていた役と現実のギャップを埋めるのと、こんな自分でも頼りにしてくれる彼ら彼女たちに応えるのに必死でした。

新選組!! 土方歳三最期の一日
(「死に場所を探して戦う」から「生きるために戦う」の心境ですね)

以来、常にFDクラスの視線を意識しながら、この3年を過ごして来ました。おかげでかなり無茶な生活を続けていても、倒れもせずに過ごせています。

この記念する日に新しいサービスを開始することになっている(正午に公開予定)のも何かの因果を感じます。

あれから3年。
FDのみんなは元気にがんばっているだろうか?
あのひたむきな想いを忘れていないだろうか?
夜通し熱く語ってくれた夢は今も胸の中にあるだろうか?

自分はといえば、全てが思うように行っているとは言えないけれど、もし再び彼ら彼女たちと語る機会があっても、未来形で夢を語る自信だけはあるし、いつまでもそうあり続けたいものです。


あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。
池間 哲郎
致知出版社 (2004/10)
売り上げランキング: 10,544
おすすめ度の平均: 4.83
5 胸が熱くなります
4 夢。
5 子供に読みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

『LiLi』ライブ in 『アコringポップ』

かなり間が空いてしまったが、去る3月22日に行われた『LiLi』ライブの様子をレポートします。

Dsc_6669s
(横浜発オールジャンルバンド『LiLi』)

『アコringポップ』は、『せきずい』メンバーの母校でもある東京ミュージック&メディアアーツ尚美という専門学校生の手による企画。このライブには自分が応援している『せきずい』『LiLi』の2バンドが出演するだけでなく、企画・実行メンバーに近所に住む『せきずい』ファン仲間も入っていて、素敵なイベントになるようにがんばっているのを知っていたので、以前から楽しみにしていた。

とはいえ、開催が平日の夜。深夜残業が恒常的になっているので、参加はかなり厳しかったが、何とか都合を付け、7時過ぎに事務所を飛び出す。
8時頃だと聞いていた『LiLi』の出番に果たして間に合うのか?

この日は、朝からずっと雨。
道路では、水たまりを避けて、雨で濡れた階段では、転ばないように足元に意識を集中させて、帰宅ラッシュの人混みの間を駆け抜ける。
運動不足の身には、かなりこたえる。

会場は、東京・渋谷にあるライブハウス『RUIDO K2』。
JR渋谷駅南口を出て、すぐ左にある歩道橋を渡ってすぐのところにある。
いつもなら別になんてこともない距離だが、この日に限って長く感じてしまう。
8時少し前に現地に到着。
入口で受付をしていると、薄く空いた扉から『LiLi』の『手紙』が流れて来る。
この曲は、ステージの「締め」として、いつも最後に演奏されるもの。

「もしかして、ギリギリのところで間に合わなかったか!?」

続きを読む "『LiLi』ライブ in 『アコringポップ』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/07

伝えない愛は愛ではない

いきなりこんなタイトルなので、自分を知っている人は、

「一体どうしたんだ?!」

という感じで、きっと驚いたかも知れませんね。
およそそういうことを言う人種とは全くかけ離れた存在なので。

別に急に色気づいたワケでも(そういう年でもないし)、神の言葉を聞いたワケでもございません。

深夜に帰宅すると、地上波のテレビも別に見たい番組もない。
契約しているスカパーの韓国語放送『KNTV』にチャンネルを合わせると、コメディドラマが流れていた。

奥手な兄と遊び人の弟が一人の女性を争うという内容だったと思いますが、この記事のタイトルは、そのドラマの中で出てきたセリフ。

鳴らない鐘は鐘でなく、歌わない歌は歌でない。

そして、相手に伝えない愛は愛ではない。

すごく軽いコメディドラマにこんなセリフが出てきたので、逆に印象に残ってしまいました。

韓国ドラマや映画は仕事の関係上、何本も見ましたが、やはりこういった詩的な表現が多く見られます。詩集がベストセラーになるような国なので、そういうこともあるでしょう。
でも、それは日本でも誰もが知っているような有名な俳優や女優が何人も出演している作品。

こういうドラマにも出てくると、「おやっ?」と思ってしまいますが、注意深く見ていると、詩的な表現はかなり多く聞くことが出来ます。

ちょっとオーバーだな、と感じる時もありますが、それ以上に韓国人の表現の豊さと己の語彙の貧困さを痛感することの方が多いような気がします。

気の利いた言い回しを聞いてみたくなった時には、韓国ドラマはオススメかも知れません。

どれを見ていいのかわからない方には、最近、こういう本も出ているので参考にされるといいと思います。


恋する言葉 韓国シネマ・ドラマ 名場面名セリフ81
韓国版SCREEN編集部
英治出版 (2006/02/01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の成分分析

今日の午前中、ちょっとした話題になったネタ。

その名も『成分分析』。

http://seibun.nosv.org/

ちなみに自分の成分分析は次の通り。

さて、当たっていますでしょうか?

*****(本名)の59%はやさしさで出来ています
*****(本名)の31%はミスリルで出来ています
*****(本名)の6%は成功の鍵で出来ています
*****(本名)の2%は苦労で出来ています
*****(本名)の2%は記憶で出来ています


心の傷を癒すカウンセリング366日―今日一日のアファメーション
西尾 和美
講談社 (1998/10)
売り上げランキング: 7,727
おすすめ度の平均: 4.29
5 怯えて硬くなった心に、そっと語りかけてくれる本です
3 アダルト・チルドレンに限定された本
5 今の感情から逃れられない時。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/04/06

雨が降る水曜日、応接室で目にしたものとは…

あいにくの雨の中、取引先での打ち合わせに出かけた。

渋谷駅前からタクシーで、現地に向かう。
取引先の方とは、以前、自分が勤務する会社でお会いしていたが、お伺いするのは初めてである。

15分ほどで到着。
中に通され、

「こちらへどうぞ。」

と応接室の扉が開く。

「あ、どうもすみません。」

と軽く会釈し、応接室に入る。

頭を上げて、ふと左側を見ると、

「うわっ!!」

続きを読む "雨が降る水曜日、応接室で目にしたものとは…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

祝・累計70万アクセス!!

本日、70万アクセスを突破しました。

このブログにご訪問いただいたみなさんに心より感謝申し上げます。

60万アクセス到達が昨年の10月26日だから、約5ヶ月で大台を超えたことになります。

50万から60万までが約4ヶ月なので、若干ペースが落ちてはいますが、以前のようにネタ系の記事を書いたり、まめに更新したり、トラックバックを打ったりなど、アクセスを追わなくなった(追えなくなった方が近い?)ので、それも仕方ないことかと思います。

節目を迎えて、この期間に色々なことがあったなと思います。

続きを読む "祝・累計70万アクセス!!"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/04/04

『せきずい』ライブ in 『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』

年度末やら何やらでこのブログの更新もずいぶん間が空いてしまいました。

3月18日に東京・原宿RUIDOで行われた幸せ配達型ロックバンド『せきずい』ライブレポート。
ひと足先に『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』の模様のうち一部を「せきずいまにあ向け」として公開しましたが、ようやく本編の登場です。

Dsc_6387
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

この日の昼間は、レイザーラモンHGの番組収録で新宿・歌舞伎町のキャバクラに。

Pa0_0002
(当日の様子はこちら)

収録が17時過ぎに終わり、外に出ると雨が降っている。
晴れバンドである『せきずい』のライブ当日で傘を使うなんて本当にめずらしい。
ずいぶん久しぶりではないだろうか。
収録現場からライブ会場がある原宿に直行する。

開場時間である18時前に会場に到着。
開場前に到着するのは実は初めてである。
あいにくの雨にもかかわらず、すでに7~8人が並んでいた。

この日は、『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』のタイトル通り、当日はワイルドなテイストになることが予想される。予告もされていたので、どういうステージになるのか楽しみである。

続きを読む "『せきずい』ライブ in 『WILD SIDE RUMBLIN' Vol.2』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »