« 私の成分分析 | トップページ | 『LiLi』ライブ in 『アコringポップ』 »

2006/04/07

伝えない愛は愛ではない

いきなりこんなタイトルなので、自分を知っている人は、

「一体どうしたんだ?!」

という感じで、きっと驚いたかも知れませんね。
およそそういうことを言う人種とは全くかけ離れた存在なので。

別に急に色気づいたワケでも(そういう年でもないし)、神の言葉を聞いたワケでもございません。

深夜に帰宅すると、地上波のテレビも別に見たい番組もない。
契約しているスカパーの韓国語放送『KNTV』にチャンネルを合わせると、コメディドラマが流れていた。

奥手な兄と遊び人の弟が一人の女性を争うという内容だったと思いますが、この記事のタイトルは、そのドラマの中で出てきたセリフ。

鳴らない鐘は鐘でなく、歌わない歌は歌でない。

そして、相手に伝えない愛は愛ではない。

すごく軽いコメディドラマにこんなセリフが出てきたので、逆に印象に残ってしまいました。

韓国ドラマや映画は仕事の関係上、何本も見ましたが、やはりこういった詩的な表現が多く見られます。詩集がベストセラーになるような国なので、そういうこともあるでしょう。
でも、それは日本でも誰もが知っているような有名な俳優や女優が何人も出演している作品。

こういうドラマにも出てくると、「おやっ?」と思ってしまいますが、注意深く見ていると、詩的な表現はかなり多く聞くことが出来ます。

ちょっとオーバーだな、と感じる時もありますが、それ以上に韓国人の表現の豊さと己の語彙の貧困さを痛感することの方が多いような気がします。

気の利いた言い回しを聞いてみたくなった時には、韓国ドラマはオススメかも知れません。

どれを見ていいのかわからない方には、最近、こういう本も出ているので参考にされるといいと思います。


恋する言葉 韓国シネマ・ドラマ 名場面名セリフ81
韓国版SCREEN編集部
英治出版 (2006/02/01)

|

« 私の成分分析 | トップページ | 『LiLi』ライブ in 『アコringポップ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/9219259

この記事へのトラックバック一覧です: 伝えない愛は愛ではない:

« 私の成分分析 | トップページ | 『LiLi』ライブ in 『アコringポップ』 »