« 確かに溜まってます | トップページ | 間もなくオープン »

2006/07/31

『せきずい』ライブ in 多摩センター

ここに来て少し時間が出来たので、昨日の多摩センターでの「せきずい」ストリートライブの写真を公開します。

Dsc_2723
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』 in 多摩センター)

この日は、梅雨明けにふさわしく、雲がやや多かったものの好天に恵まれた。
正午から夕方4時までの時間限定とのことで、「やれる限り歌う」とのことだった。

「諸事情」があって参戦は3時頃。
日差しも少し弱まってからだったから、こちらは助かったが、既に彼らや最初から見ている観客は3時間ほど照り返しのキツい路上にいる。

にもかかわらず、メンバーも観客もみな表情が明るい。

Dsc_2722
(Gt.&Vo.ゴウ)

Dsc_2735
(Gt.テツヲ)

上の写真でもわかる通り、多少、風もあったので、足を止めてストリートライブを見る家族連れが多かった。

彼らのストリートライブを見るのはずいぶん久しぶりだが、確実に動員力が増していることに驚いた。確かにコアなファンもいるのだが、一見客を集める力は間違いなく上がっている。

しかも、客層が若い女性だけでなく、中高生くらいの男性の団体が腰を下ろして見ているなど、多様化している。

Dsc_2743
(Bass カズヒロ)

Dsc_2870
(Dr. リョウ[この日はカホーン]。ストリートライブだと「スマイルメーカー」ぶりが存分に発揮されている。)

Dsc_2734
(Key.ヨシアキ[この日はピアニカ])

確かに彼ら自身の力が上がって来ていることもあるが、ライブハウスとは違った「ストリートライブでの見せ方」の基本形が出来てきていることが大きい。

Dsc_2800
(ライブハウスではステージの一番後ろにいるDr.リョウのこんな表情や)

Dsc_2964
(こんな表情もストリートライブでは間近で見ることが出来る)

例えば『チャリンコライダー』の説明。
初めて彼らに接する人向けの仕様になっている。

今日の場合、好きな人と自転車の二人乗りをした想い出(あるいは二人乗りをしたい)をテーマにGt.&Vo.ゴウとGt.テツヲによるショートコントのようなMCで一見客を捉えつつ、その曲の世界観を伝えていた。

Dsc_2915
(自転車をこぐ男を演じるGt.&Vo.ゴウとその後ろに乗る女「テツコ」を演じるGt.テツヲ)

もう一つの例を挙げるとすると、Key.ヨシアキ。
ライブハウスではキーボードを担当していて、ステージでは、その派手な動きと細やかな演奏のコントラストで観る人の目を引きつける。

ストリートライブでは、電源の関係等でピアニカを使っている。
最初に見た時、「ピアニカでもこういう見せ方があるのか?」と思ったが、いつもライブハウスでのパフォーマンスを見なれていると少々おとなしく感じた。

初期の頃は、ピアニカに付けたピックアップ(マイク)のシールド(ケーブル)の関係で動けなかったが、その後、シールドが長くなり客席に近い所でのソロプレイなど演出にも磨きがかかった。

Dsc_2879
(客席に近づくピアニカを演奏するKey.ヨシアキ)

Dsc_2882
(完全に客席の中に入った)

そして、今日は「ストリートライブでの武器」を手に入れ、さらにパワーアップした。
そう、「ワイヤレス」である。
考えてみれば単純なのだが、これは大きい。

当日の様子はこのような感じであった。

Dsc_3081
(ここまでは同じ)

Dsc_3082
(Gt.&Vo.ゴウの「もっと客席へ」の声でピアニカのシールドを外す)

Dsc_3083
(その様子をカメラで追っていたら、「ワイヤレス ヨシアキ」がこちらに急接近)

Dsc_3084
(ひるまずにシャッターを切る)

Dsc_3085
(熱いソロプレイが続く)

Dsc_3086
(最接近した状況がこれ。周囲の笑い声からも客席が盛り上がっている様子が感じられた。)

これは絶対にライブハウスでは得られない体験。
ストリートライブでの彼らのステージを知っていても、こういうのがあるなら「ストリートライブも行かなきゃ」という気持ちになる。

それぞれ別の見せ方をして観客に楽しんでもらえれば、「ライブハウスもストリートも」というようになり、自然にリピーターが増えていくはずである。

今日のストリートライブを見ていても、

Dsc_2797

「これは○○の時に客席の反応が良かった時のものだ」

「あれは△△の時に食いつきが良かったパターンの応用だ」

と思う例が随所にあった。

ただ回数をこなすだけでなく、1回1回の経験から少しずつ何か次につながるものをメンバーそれぞれが一緒になって試しながら積み重ねている。

毎回感じることだが、彼らの貪欲なまでに追い求める姿勢は頭が下がる。
この努力や気持ちが続けば、そう遠くない未来に彼らがもっと高いところに達することが出来るのではないかと思っている。

Dsc_2873

Dsc_3092

Dsc_2905

Dsc_2813

Dsc_3074


東京ラヴロマンチスト
せきずい
インディペンデントレーベル (2006/04/15)

|

« 確かに溜まってます | トップページ | 間もなくオープン »

コメント

さすがしろうさん!良い場面を取りこぼさない!
良い写真ばかり!感服!

投稿: ひでひろ | 2006/07/31 11:13

とってもいい表情ですね。
本当に素敵です。

投稿: ユウ | 2006/07/31 19:53

よい絵ですねぇ。表情がとてもよい。
行けばよかったなぁ・・・。

投稿: Qちゃん | 2006/07/31 23:24

みなさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

もっといい表情が撮れるように精進したいと思います。

ストリートライブだと、箱ライブと違う表情が見られていいですよね。(しみじみ)

投稿: cyro | 2006/08/01 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/11161001

この記事へのトラックバック一覧です: 『せきずい』ライブ in 多摩センター:

« 確かに溜まってます | トップページ | 間もなくオープン »