« 誕生日プレゼント | トップページ | 松下幸之助の遺産 »

2006/11/14

『LiLi』ライブ in 渋谷VUENOS

早いものでライブに参加してから10日ほどが経ちます。
連休中日の11月4日、この日は久しぶりの『LiLi』箱ライブに参加して来ました。

_dsc8493xs
(横浜出身のオールジャンルバンド『LiLi』)

当日は『せきずい』も昼から深夜まで1都2県の3会場でライブをやると聞いていたので、スケジュール調整も大変でした。

昼のライブは家庭の事情で参加できなかったものの、

18:00~『VUENOS』(渋谷)に『LiLi』ライブ
20:30~『原宿RUIDO』で『せきずい』ライブ
24:30~『新横浜Bell's』で『せきずい』ライブ

という予定を組みました。

最後の『新横浜Bell's』はオールナイトイベントと聞いていたので、若干体力的にやや心配だったものの、こういう機会も滅多にないので参加することにしました。

今見てもなかなかハードなスケジュールです。

最初は『LiLi』のライブを観るため、東京・渋谷にあるライブハウス『VUENOS』へ向かう。
109の脇を過ぎ、道玄坂を登る。
人波に逆行して歩くのがつらい。

初めて行く場所ですが、過去に何度か行ったことがある『O-West』『O-East』といった大きなライブハウスの並びにあるので、わかりやすく、迷うことなく無事に到着。

入り口の受付を抜けると地下にあるホールに向かう階段がある。
ふつうのライブハウスとはちょっと作りが違います。
昔のディスコのような感じだろうか。
後で「元々はクラブとして使われていた」と聞いたので、基本設計は当時のまま改装したのではないだろうか。

ステージがあるフロアに降りると薄暗く、天井には豪華なシャンデリアが。
すごく懐かしい雰囲気です。

初めて来る会場の場合、照明が暗いこともあるので、いつも使っている長めのズームレンズだけでなく、大口径の明るいレンズも持ち込むようにしています。

この日も、カメラの準備をしていると、いつも『LiLi』ライブで顔を合わせるべたおさんから、

「ここは照明が暗いから、いくらcyroさんでも撮るのは難しいですよ。」

と情報をいただき、大口径レンズに付け替えてセッティング。

いつもなら、他のバンドのステージを撮りながら、明るさや照明の強さなどを確かめながらカメラの設定をするのですが、『LiLi』の出番はトップバッター。いきなりの一発勝負です。

ステージが始まり、最初に照明が当たった時に

「おや?やっぱり暗いな。シャッターが切れない。」

と少し不安になる。
(撮った絵がブレないように、1/30以下では切れないように設定してある)

_dsc8457xs
(『LiLi』Vo.Gori。元気いっぱいの曲から、バラードではこのような儚げな雰囲気も)

「でも、曲がサビに差しかかれば、もっと明るくなるだろう。そうすれば、きちんシャッターが切れるはず。」

しかし、サビになっても思ったほど明るくならない。

「もっとアップテンポの曲になれば…」

_dsc8510xs
(照明が安定するMCの間に撮ってみた)

それでもかなり暗く、時々シャッターが切れるくらいに明るくなるが、とてもいい表情を捉える余裕はない。
仕方がないので、ブレを覚悟で低速でも撮れるように設定を変更。
撮影中にぶっつけ本番でやるのは、良くないことですが、この際、仕方ありません。

_dsc8537xs
(Vo.Gori[左]とBass Yukko[右])

そして、その結果が、このような感じです。

_dsc8464xs
(Key.Hajime。このような感じでステージ内の他のメンバーの動きと客席の様子に気を配る)

_dsc8474xs
(Key.Hajime[左]とVo.Gori[右]。こういうふうに表情が揃ってくると、客席にいてバンドとしての一体感を感じる。)

_dsc8485s
(Bass Yukko。最近、動きが激しいのでフレームに捉えるのも大変ですが、いい表情になりました。)

撮影中、モニターで確認しながらやったのですが、その時もマズい雰囲気が漂っていましたが、自宅に帰ってモニターで改めて見ると「……」なことに。

_dsc8500xs
(Gt.Jiro。いい表情をしていたのですが、上手く写真に収めることが出来ず。次回は必ず押さえます。)

まだまだ、精進が足りません。

アーティストの写真を撮影する時、一番輝いている瞬間を捉えようとカメラを構えるのですが、そのステージに応えられない絵しか撮れなかった日は本当に凹みます。

_dsc8551xs
(Drs.Emi。いつも撮影には難しいポジションにいるのですが、この日は特に難易度が高かった。)

初めての場所、ぶっつけ本番でも撮る絵がそこそこに仕上がるくらいの技を身につけたいものです。

これを糧にして、今回のリベンジではないですが、次はもっと『LiLi』のいい絵が撮れるように気合いを入れて臨みたいと思っています。

また、新曲も増えて『LiLi』のテイストの幅が広がって来たので、こちらもそれに合わせた絵作りも考えていかなければなりません。

ファインダーをのぞいていて、「あっ、この表情いい!」といつも新鮮な刺激を与えてくれるので、撮っていて非常に楽しいものです。
その楽しさが写真を見てくれた人に少しでも伝われば、これ以上うれしいことはありません。

_dsc8506xs
(これは途中で「暗い照明の中でしか出来ない表現はないか?」と思って撮ったもの)

_dsc8568xs
(照明の暗さを活かして、セピアっぽく撮ってみました。)

_dsc8512xs
(でも、今はもう少し瞳の輝きをメインに追ってみたいと思っています。)

"Link"
posted with amazlet on 06.11.14
LiLi
インディペンデントレーベル (2005/10/21)
売り上げランキング: 31695
おすすめ度の平均: 4.5
5 楽しみ
5 つながり
4 ちょっと気分のいい遭遇

|

« 誕生日プレゼント | トップページ | 松下幸之助の遺産 »

コメント

トラバ、ありがとうございます!会場は暗かったですが、さすがですね。

投稿: べたお | 2006/11/14 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/12676433

この記事へのトラックバック一覧です: 『LiLi』ライブ in 渋谷VUENOS:

« 誕生日プレゼント | トップページ | 松下幸之助の遺産 »