« 年末恒例の徹夜作業 | トップページ | 年賀状作成作業ただいま終了 »

2006/12/27

ノッポさんとの遭遇

先程、エレベーターでノッポさんに会った。

ノッポさんとはNHKの子供番組『できるかな』のメインキャラクター。

自分が子供の時だけでなく、自分の子供の時も含めて親子二代で見ました。

子供の頃からずっとテレビの中の人だったノッポさん。しかもこの番組をきっかけにモノを作ることが好きになった者としては感激ものです。

しかし、あんなに背が高いとは…。自分よりも頭ひとつ分近く高かったのではないでしょうか。

年末の挨拶回りでこんな発見があるとは思いませんでした。


五歳の記憶―ノッポ流子どもとのつき合い方
高見 映
世界文化社
売り上げランキング: 231478
おすすめ度の平均: 4.0
4 エッセイ?

|

« 年末恒例の徹夜作業 | トップページ | 年賀状作成作業ただいま終了 »

コメント

のっぽさん、懐かしいですね!!
当時、のっぽさんがおもちゃを作るのを手品の様な感覚でみていました。
今はどんな活動をしていらっしゃるのでしょう?

のっぽさんにピンポンパンがあの頃憧れでした(*^^*)

投稿: てる | 2006/12/27 23:09

懐かしいでしょう?
僕らの世代だと感涙ものですよ。
この直後にオリエンタルラジオの2人とレイザーラモンRG(HGではないです)を見ましたが、ノッポさんほどの感動はなかったです。

「あの~、ノッポさんですよね?子供のころ見てました。あ、(エレベーターは)何階で降りますか?」

別に話しかけなくてもいいのに、舞い上がってしまいました。

ピンポンパンといえば、エンディングでおもちゃをもらえるのがうらやましくて、

「どうしたら、出られるんだろう?」

と当時なりに悩んだ気がします。

今はテレビも過程に何台もあって、ビデオやハードディスクレコーダーがあるので、昔みたいに同じ時間に同じ番組を見て、時代というものを共有できることも難しくなったな、って思います。

昔は確かに不便ではありましたが、それが今より不幸であったかといえば、そうではなくて、こんなふうに何十年も経っても同じ話題で盛り上がれという幸せもあるんですね。

投稿: cyro | 2006/12/28 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/13224210

この記事へのトラックバック一覧です: ノッポさんとの遭遇:

« 年末恒例の徹夜作業 | トップページ | 年賀状作成作業ただいま終了 »