« 凧上げ大会 | トップページ | 今年最初のLiLiライブ »

2007/01/11

人も危険「ブルセラ症」

「ブルセラ病」という病気があるらしい。

そっち方面ではなく、ちゃんとした病気である。

昨日の報道によると、大阪のブリーダーでその病気が発生したという。

人も危険「ブルセラ症」 犬が集団感染か 大阪

1月10日8時0分配信 産経新聞

 大阪府和泉市内で営業している犬の繁殖販売業者が飼育していた犬が、ヒトや家畜などにも感染する「ブルセラ症」に集団感染した疑いがあることが9日、分かった。約260匹の犬は業者が所有権を放棄し、現在は和歌山県内の動物愛護団体が世話をしているが、府は11日以降に全頭の採血検査をするなど、詳しい調査を実施する方針。現在、人に感染したとの報告はないという。

 府動物愛護課によると、業者は約260匹の犬を飼育。流産や死産などブルセラ症の典型的症状が多発したため昨年11月、48匹を抽出して動物病院で検査したところ、19匹がブルセラ症と診断されたという。

 診断結果を受け、業者は感染した犬を隔離していたが、隔離方法が不十分だったために感染が拡大している可能性があるという。業者は今月6日に犬の所有権を放棄しており、現在、犬の世話は和歌山県の動物愛護団体「ワンライフ」が行っている。

 この業者について、府に「飼われている犬がブルセラ症らしく経営が怪しい。このままでは虐待になりかねない」との通報があり、適正な飼育をしているか立ち入り検査を行っていた。同課によると、虐待の事実は確認できなかったが、狭い場所で犬が増え過ぎていた。同課では11日、全頭を対象に血液検査を行い詳しい調査をする。

こちらによると結構怖い病気で、家畜から人間にも感染し、死ぬこともあるというのだ。

しかも、日本では発症例がほとんどないものが発生しているのだから、由々しき問題である。

いつ自分がかかるかわからない。

病気にカッコ良いも悪いもないが、この病気に感染して死ぬのだけは勘弁して欲しい。

「あの人、亡くなったんだって?何で亡くなったの?」

「病気らしいよ。」

「何の病気?」

「ブルセラ病…」

死んでまでネタにはなりたくないものである。

ただ、こればかりはわからない。

高校の時、自分の父の友人が虫歯が原因で亡くなった(正確に言えば、虫歯を我慢しているうちに、神経がやられてやがて痛みを感じなくなり、そのままにしていたら、虫歯が顎の骨にまで達して、そこからガンになったというのが真相なのだが。)こともあるし、男性でも乳ガンにかかることもある(10万人に1人くらいの確率らしいが、発見が遅れることが多いので悪い経過をたどるらしい)。

用心するしかないのだろうが、個人的にはせめて最後くらいは美しく逝きたい。


新 家庭の医学
新 家庭の医学
posted with amazlet on 07.01.11
堀原 一 細田 瑳一
時事通信社
売り上げランキング: 38035
おすすめ度の平均: 5.0
5 病気・怪我の早期治療のために。
5 さすがはロングセラーです!

|

« 凧上げ大会 | トップページ | 今年最初のLiLiライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/13422255

この記事へのトラックバック一覧です: 人も危険「ブルセラ症」:

» ブルセラ症 [SIDEWALK TALK]
今朝、気になったニュース。 大阪府和泉市内の犬の繁殖販売業者が飼育していた犬が、「ブルセラ症」に集団感染した疑いがあることがわかった。 イヌが、ブルセラ症? まさかワンちゃんが、ブルマーやセーラー服を見るとやたら興奮したり、ブルセラショップに足繁く通ったり…、んなワケないですよね。 報道によると、「... [続きを読む]

受信: 2007/01/11 10:55

« 凧上げ大会 | トップページ | 今年最初のLiLiライブ »