« ロケやってます | トップページ | せきずい in 代々木公園 »

2007/04/30

せきずい in 『かませ犬 round 19』(渋谷O-Crest)

先日、『せきずい』が出演する「ザ・ルーズドッグス Presents 『かませ犬 round 19』~春爛漫リニューアルSP~」に行ってきた。

Dsc_0367
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

『かませ犬』には、『せきずい』ライブつながりで何度か参加しているが、今回はそれまで会場としていた原宿RUIDOの閉店に伴い、場所を渋谷のO-Crestに移して最初のリニューアルライブ。

ザ・ルーズドッグス』もメジャーデビュー以前から見ているバンドで、『せきずい』ともツアーで何度もともに地方を回るなど縁が深いが、ライブを見るのはずいぶん久々である。
NHKアニメ『メジャー』に採用されたり、その後の活躍もめざましい。

どれくらいパワーアップしたのか楽しみである

Dsc_0817
(4人ともメインボーカル「1粒で4度おいしい」バンドの『ザ・ルーズドッグス』)

会場に着くと、既に会場は観客でいっぱい。
GW前の週末の夜。
他にもたくさんやることがあるはずである。
その中で、これだけ集めることが出来るのは大したもの。
素直に驚いてしまった。

Dsc_0710
(この写真家らも混み具合がわかると思います。撮影出来る場所が取れただけでもラッキーなくらいでした。)

『せきずい』のライブも気が付くと3年ほど見ている。
最近だと前回参加した六本木morphと同様、250人くらいのキャパのライブハウスでは狭さを感じる。

しかも、トリではなくトップバッターの時でもである。
これは彼ら自身が集客能力を付けたというのもあるが、対バン相手も同様に力のあるバンドになって来たというのも大きい。

3年ほど前、最初の彼らを撮り出した時には、ステージ側こそ観客がいっぱいになっていたが、客席の真ん中から後ろには比較的余裕があって、自由に撮影ポジションを変えることが出来た。

少し前までは、最初に決めたポジションからは動けなかったが、ここ最近は場所を確保するのも大変である。

この調子だと仕事で記者会見の取材撮影で使っている脚立などの装備を持ち込まなければならないのも時間の問題かも知れない。

すでにレンズはかつて活躍した近距離用の短いものでは引き(= ワイド。広い範囲が写せる。)の絵しか使えず、寄り(= テレ。ズームアップして写せる。)で表情を押さえようとすると、大砲のようなものを使うしかないようになっている。

寄りと引きを両方押さえようとすると、かなり大変なことになる。
今は、その場でレンズを交換しているが効率的ではない。

理想としては、寄り用に1台、引き用に1台用意して、撮れるようにしたいもの。
この調子で行くと、また撮影機材がエスカレートしそうな予感がする。

Dsc_0273
(『せきずい』Gt&Vo.ゴウ)

レンズモニターの課題報告の件があるので、提出予定のものと似たアングルや色が同じものは出せませんが、それから外れたものをいくつかアップしたいと思う。

Dsc_0289
(『せきずい』Key.ヨシアキ)

Dsc_0280
(『せきずい』Bass カズヒロ。先週会った時と髪形が変わった?)

Dsc_0345
(『せきずい』Drs.リョウ。遠くから見ても全身から迫力が伝わって来ます。)

Dsc_0318
(『せきずい』Gt.テツヲ。この日は、プレイボーイな えなりかずきのモノマネ。)

Dsc_0354
(Key.ヨシアキのタンクトップは、86枚。夏に向けてペースアップするのだろうか?)

Dsc_0660
(熱唱するGt&Vo.ゴウ。箱ライブでは爆発力を感じます。)

Dsc_0590
(人垣の間から撮るのも大変です。)

Dsc_0662
(照明効果でストロボ発光している時に、長時間シャッターを開けて撮ったもの。上手くいくとこんな感じで連続写真が出来ます。)

トリは、このライブの主催バンド『ザ・ルーズドッグス』。
「いい感じになってきたな」と感じた。
余裕というか、間の持たせ方が、以前見ていた頃よりも良くなって来たというのだろうか。
無駄な部分が無くなって、見る方から見ても疲れないステージになっている。

Dsc_0806
(A・Gt&Vo.前田 一平)

今回は主催ライブということで、会場全体がホーム的な雰囲気に包まれていたが、アウェーだとどういうステージをするのか非常に興味深い。

このステージを見る限り、絶対的なアウェーでも、その場に応じて、きちんと組み立てられると思うのだが、どこまでやってくれるのか気になるところである。

Dsc_0754
(E・Gt&Vo.永田 武)

「4人がメインボーカル」というだけあって、ステージ上でパスがきちんと回っている。
かつては、「どこからでもシュートが打てる」というものが出過ぎて、いくつか隙があったのだが、この日は「センターに戻す」という型が出来ていたので、統一感が感じられた。

Dsc_0803
(Bass&Vo.古市 宏樹)


しょぼい顔すんなよ ベイベー
ザ・ルーズドッグス 永田武 林部直樹 前田一平 古市宏樹 高橋健志
カッティング・エッジ (2006/04/19)
売り上げランキング: 13196
おすすめ度の平均: 5.0
5 この歌詞で二人泣かせました(^^;
5 へこんだ気持ちを吹っ飛ばしてくれます。

|

« ロケやってます | トップページ | せきずい in 代々木公園 »

コメント

わ~ヽ(゜∀゜)ノ
CYROサン、最高です!!!

写真って、こんなに気持ちを伝えるものなんですね。
正直ビックリしてます(((;゜Д゜)))

そんな写真を撮ってしまえるCYROサンは素敵です!!!

投稿: キョウ | 2007/04/30 13:12

>キョウさん

コメントありがとうございます。
そう言っていただけるとうれしいです。

気持ちが入った時とそうでない時とはやはり違いますね。
被写体に感じるものがあった時は、撮ってて楽しいですね。

まだまだ未熟ですが、もっといい絵が撮れるようにがんばります。

投稿: cyro | 2007/05/01 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/14882893

この記事へのトラックバック一覧です: せきずい in 『かませ犬 round 19』(渋谷O-Crest):

» 茶犬 [茶犬]
この絶望しかないいまの世の中にこつぜんと現れた救世主お茶犬さま。一同頭が高ーい! [続きを読む]

受信: 2007/04/30 02:44

« ロケやってます | トップページ | せきずい in 代々木公園 »