« 書くネタが無いワケではない | トップページ | ちょっと一息 »

2007/04/25

オーディション

オーディションに行って来ました。

もちろん、受ける方ではありません。

なぜか審査する立場にいたりします。

審査の対象は中学生。
「同じくらいの時に自分も演劇をやっていたよな」と久しぶりに当時を振り返ってしまいました。

でも、審査員は初めての経験なのに不思議と違和感がないのです。

むしろ既視感に近いものすら感じます。

審査をしながら、その理由を考えていました。

過去に新人研修のクラス(これがこのブログのタイトルとなっている「FDクラス」です)担任をやっている時に似たようなことをやっていたのを思い出しました。

あれから早くも4年が経ちますが、まさかこんな形で当時の経験が役に立つとは思いませんでした。

おかげで冷静に審査に臨むことが出来ました。

「無駄な経験はない」という言葉をリアルに感じた1日でした。


芸能オーディション必勝マニュアル―あこがれは現実になる
渡辺 浄
ドリームワークス出版 (2001/12)
売り上げランキング: 549956
おすすめ度の平均: 5.0
5 全ての〝夢を持つ人〟の参考になること頻り!!

|

« 書くネタが無いワケではない | トップページ | ちょっと一息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/14838307

この記事へのトラックバック一覧です: オーディション:

« 書くネタが無いワケではない | トップページ | ちょっと一息 »