« また会う日まで | トップページ | 今夜は飲んだくれ »

2008/04/16

壊れた冷蔵庫

古い巨大な冷蔵庫の中に並ぶ野菜や卵、肉や魚。

フロンガスが少しずつ抜けているのか、毎年冷えが悪くなっている。
コンプレッサーは、必死に回転数を上げてうなっているが、なかなか温度は下がらない。

周りの温度に敏感な冷凍庫のアイスクリームや氷は、すっかり溶けて外に流れ出てしまった。

中から決して開けることの出来ない扉がある限り、庫内の物は外に出ることは出来ない。

暖かい季節を迎えて、庫内の温度は上昇を続ける。
熱に弱い魚は頭から腐りはじめ、レタスは溶け始めた。
熱のこもった微風を送り続けるファンのせいで、肉は黒く変色していく。

一瞬、扉が開けられた瞬間に転がり落ちたレモンは幸いである。

残された物たちは、徐々に痛んでいく。
もはやまともな状態の物は無いようだ。
ぱっと見は変わらないように見える卵も中身は、すっかり腐ってしまっているはずだ。

外見だけは、昔と変わらぬ有名ブランドの巨大な冷蔵庫。
白くてきれいな厚い扉の中の世界は、腐臭に包まれつつある。

全てが腐ってダメになる前に、抜本的な対応として大がかりな修理をするか、買い換えるかしないといけないのだが、この家の主人は、そういった声に耳を貸さずにいかに脱臭剤や芳香剤を手に入れるかに執着している。

「電気屋を呼ぼう」と進言する人を疎んじ、強力な脱臭剤やキツい香りの芳香剤を数多く集められる者を頼りに奔走している。

「おかしな話だ」
そう思うだろう。
でも、この家の中の人は、本気でそれが正しい判断だと思っているのだ。

その間にも庫内のものは、着々と腐っていく。

腐らないはずの缶詰も錆びはじめている。
このままだと、近いうちに一つとしてまともなものなどなくなってしまうだろう。

泥の付いたジャガイモである自分も、体のあちこちに毒を含んだ芽が伸び始めてしまった。


はだかの王さま
はだかの王さま
posted with amazlet at 08.04.16
アンデルセン 中井 貴恵 colobockle
ブロンズ新社
売り上げランキング: 200756
おすすめ度の平均: 5.0
5 おとなが楽しめる

|

« また会う日まで | トップページ | 今夜は飲んだくれ »

コメント

泥のついたジャガイモは、レモンと一緒に転がり落ちることはできなかった?

泥のついたジャガイモがフロンになるには冷蔵庫が巨大すぎる?

もしかしたらレモンは転がり落ちたんじゃなく、転がり出たのかも・・・。

とにかく腐らないよう、できるだけ外気に触れることをお勧めします。

投稿: ありちゃん☆ | 2008/04/16 22:34

正確に言えば、レモンは転がり出たのだと思います。そのタイミングで同調するつもりはなかったです。まだ可能性を信じていたので。

泥の付いたジャガイモはフロンになることは出来ませんが、乾いたでんぷんの粉末になれれば、粉塵爆発で冷蔵庫を破壊できるかも知れません。ただ、そのためには、いくつものハードルがあります。

腐らぬように出来るだけ外の空気に当たるようにはしてます。
幸い扉の近くにいるおかげで、隙間から入る外気に触れられてるので救われています。

投稿: cyro | 2008/04/17 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/40893221

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れた冷蔵庫:

« また会う日まで | トップページ | 今夜は飲んだくれ »