« 春の夜に思ふ | トップページ | 年々歳々 »

2008/04/09

幸福論

幸福とは、甘ったるい砂糖菓子のようなものである。
ひとくち、ふたくちは口にやさしいが、やがてすぐに飽きが来る。
どんなに甘党でも、3食すべてが砂糖菓子の生活が毎日続けばうんざりであろう。

不幸とは、塩水のようなものである。
薄い分には耐えられるが、濃すぎるものを立て続けに飲まされると苦痛でしかなく、下手をすれば死にもつながる。

幸福とは、不幸に対する相対的なものであり、そのギャップが幸福の大きさを決定づける。

誰も不幸は嫌がるが、不幸があるからこそ、幸福を感じることが出来る。
また、結果として、より多くの幸福を幸福として受け入れられる。

だから、涙の味に慣れすぎてしまった時、ほんの小さな幸せが強烈な甘さに感じられてしまうのではないだろうか。


はじめまして
はじめまして
posted with amazlet at 08.04.09
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2001-04-18)
売り上げランキング: 21160
おすすめ度の平均: 4.5
5 このCDの意味を『人生』と言っていもいいですね。
5 言葉を聴いて欲しい
4 一番トータルアルバム色が濃いアルバム
4 ここからみゆきさんは変わったかも・・・・
5 『渇き』を感じさせるユーモア&シニカルな一枚

|

« 春の夜に思ふ | トップページ | 年々歳々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/40821178

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福論:

« 春の夜に思ふ | トップページ | 年々歳々 »