« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/25

焼酎ビール

先日、職場近くの居酒屋で「焼酎ビール」なるメニューを発見。

焼酎ビール
(壁に貼られた「焼酎ビール」のメニュー。値段は生ビールより安い。)

よせばいいのに、「迷ったら進め」の性格なので、早速注文してみました。

ホッピーと似たようなものじゃないかと思ってましたが、焼酎を薄いビールで割ったような感じで、中には氷まで浮いていました。

焼酎ビール
(見た目はビールだが、泡の中に氷がある。)

味は、

「もう二度と飲むものか!」

と思うようなシロモノで、その後の「口直し」で一気にピッチが上がり、

「1リッター フォー 10リッター」

状態になってしまいました。
全く危険な飲み物です。


なぎら健壱の東京居酒屋夕べもここにいた!
なぎら 健壱
毎日新聞社
売り上げランキング: 88926
おすすめ度の平均: 4.0
4 このお店のラインナップ、関わり方こそが、なぎら健壱の素敵な人生

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/24

密かな期待 『うしろの百太郎』Tシャツ

週刊漫画雑誌『少年マガジン』と『少年サンデー』が来年ともに創刊50周年を迎えるのを記念して、両誌とユニクロがタイアップして、今年4月から歴代人気キャラクターのイラスト付きTシャツを毎週水曜日(両誌の発売日)にリリースしています。

ユニクロ UT: サンデー・マガジン 50TH ANNIVERSARY

来年3月までの約1年間に80種類以上のデザインのものを投入する予定らしいのですが、いまだに1970年代半ばの心霊・オカルトブームを代表する名作『うしろの百太郎』(つのだじろう作)は、まだ登場していません。

うしろの百太郎 3 (3)
(これが『うしろの百太郎』)

心霊・オカルトマニアとして、実は『百太郎』Tシャツの登場を密かに期待していたりします。

肝試しの季節まで「出番待ち」なのでしょうか?

強力な守護霊・百太郎のパワーでどんな悪霊でも大丈夫。
バックプリントに毛筆で「悪霊退散」の文字を入れればカンペキでしょう。

出たら私は絶対に買うつもりです。
「気味が悪い」と周りから人も退散しそうな気もしますが。

P.S:ソフトバンクのCMに登場する人間の言葉を話すお父さん役の白い犬を見ていると『うしろの百太郎』に出てくる霊犬「ゼロ」を思い出してしまうのは、私だけでしょうか?


うしろの百太郎―心霊恐怖レポート (1) (講談社漫画文庫)
つのだ じろう
講談社
売り上げランキング: 499563
おすすめ度の平均: 5.0
5 文庫版心霊恐怖レポート編第一巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回戦

月曜日だというのに、これからシラフで帰宅です。

やっぱりと言いますか、予想通り孤独な戦いになって参りました。

2年連続で似たような境遇に陥っていますが、相手はだんだん大きくなっています。

ちょうどトーナメントの第二回戦を迎えたみたいな感じです。

さて、無事にこの夏を乗り切れるでしょうか?

乗り切れたら、間違いなく良い意味ですごいことが起こる可能性を秘めているだけに気が抜けないところです。

まずはここ2週間が、ひと勝負。ぶっ倒れるまでやってみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

FD卒業式から5年

5年前の今日は、このブログのタイトルにもなっているFDクラスの卒業式でした。

クラススタッフ控室で一足先に各人の配属先を受け取り、安堵したり、落ち込んだり。
どこに行ってもたくさんのことを学べますし、後になって「意に沿わない」と思った配属先が結果的に希望への近道だったりすることは自分が一番よく知っているはずなのに、日頃彼ら彼女たちの夢を間近で聞いているだけに思いは複雑でした。

卒業式からちょうど5年。
それぞれの道を歩み始めてから5年です。

080617_21030001
(5年前の同じ日も金曜日。日曜日は、それぞれの赴任地に旅立つ彼ら彼女たちを東京駅と羽田空港に見送りに行きました。)

私にとっても、この5年は、みなさんから得た熱で再びスタートを切って進んだ時間でもあります。

みなさん、それぞれの夢に近づけていますか?

私も目指した場所には、まだまだたどり着けていませんが、少なくともみなさんに負けないくらいのことを現在進行形、未来形で話せる程度のことはやって来たと思っています。

これから先、もっともっとたくさんのことが語れるように更に気合いを入れて進むつもりです。

では、体に気をつけて、お互いがんばって行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

信じて進むしかない

ひょんなきっかけで途中から関わることになったプロジェクト。

(ある程度、予想はしていましたが)気が付くと、いろいろな意味で信じらない環境にいます。

脇役、それもほんのチョイ役で出るはずだったのに、いつの間にか主役もメインキャストも舞台からいなくなり、一人残されたような感じです。

しかも大舞台になりそうな場所に。

観客だけでなく、舞台の袖には大監督もいます。こんな中でストーリーもセリフも即興で作りながら、幕が下りるまで演じ切らなけばならないのは、相当なプレッシャーです。

しかし、今さら舞台から逃げることも出来ないので、とにかく最後までやるしかありません。

全力でやり切れば、何かが目の前に開けてくると信じてただ進むだけです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/15

仮面ライダー1号

昨日、仕事で仮面ライダー1号を演じた藤岡弘さんにお会いしました。

子供の頃、当時の日本中の子供がそうであったように、自分も藤岡さんの仮面ライダーに夢中でした。

080615_23260001
(最新の著書『仮面ライダー=本郷猛』。サインの文字もダイナミックです。)

まさかこういう形で接点が出来るなんて夢にも思っていませんでした。

最初に仮面ライダー1号をテレビで見てから30年以上。当時の子供も、すっかりいいおじさんになってしまいました。

しかし、たずねた楽屋で自分の目の前で話す藤岡さんは、当時と変わらないピカピカのヒーローでした。

熱い言葉をいただいたおかげで、また月曜日から戦う力が湧いて来ました。

時が流れ、環境が変わっても藤岡さんのように軸がブレない生き方が出来る人になりたいものです。


仮面ライダー=本郷猛
仮面ライダー=本郷猛
posted with amazlet at 08.06.15
藤岡 弘、
扶桑社
売り上げランキング: 584

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/14

あれから1年

ちょうど1年前のこの日、『キキコミ』の撮影が始まりました。

天気も今日と同じような快晴でした。

そして、同じ日に全然別の仕事で主演の加藤夏希さんと共演の松田賢二さんとお会いすることになるとは、何とも不思議な縁です。

加藤夏希さんとは、これから別の仕事でもお会いすることになっていて、追っかけみたいになってます。

ドラマの撮影現場にいると、また次の作品を作りたくなります。

この1年の間に考えたり、身に付けたことをぶつけてみたい気持ちでいっぱいです。

焦る思いはありますが、まずは目の前のハードルを一つずつクリアしていくしかありません。


キキコミ
キキコミ
posted with amazlet at 08.06.15
ポニーキャニオン (2008-08-29)
売り上げランキング: 5495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/13

私の選択基準

複数の選択肢が目の前にあった時の基準。

・多くの人が進む古くから知られた道と人の少ない新しい道なら後者を選びます。

・結果がわかっている方よりは、どうなるかわからないけれども何かが変わる可能性がある方を選びます。

・どうせやるなら他人がやったことのない方を選びます。

・多少のリスクなら、躊躇なくおもしろそうな方を選びます。

・簡単なことと難しいことなら、あえて難しい方を選びます。

昨日の記事でもおわかりかと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/12

よせばいいのに今年も

よせばいいのに今年も
よせばいいのに今年も恐いもの見たさで買ってしまいました。

ペプシブルーハワイ

去年が「キュウリ味」のグリーンの液体。キュウリ味というよりは、「カメムシ味」といった感じでさんざん懲りていたはずなのに。

そういえば、キュウリ味の前には、赤やゴールド(?)なんていうのもありました。

もしかするとネタを提供する目的で、このような変わったペプシを出しているのかも知れません。
来年は、ピンクのスイカ味でしょうか?
それともグレーの黒ゴマミルク味でしょうか?

どんな珍妙な色と味のペプシを出して来るのか今から楽しみでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/11

いくら価格破壊とはいえ…

いくら価格破壊とはいえ…
こんなところにも価格破壊の波が。しかも24時間営業。

そりゃあ、高いよりは安い方がいいですが、こればっかりは…

いくら安くても、まとめ買いは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

起きている時に見る夢

起きている時に見られる夢があるというのは、非常に幸福である。

寝ている時よりもはるかに長い時間楽しめるだけでなく、他の人とも共有することが出来る。

そして何より、その夢がかなった時には、永遠に消えることのない現実となるからである。

だから、起きている時に見る夢がある限り、目の前にどんな障害があろうと自分は止まることはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

塞翁が馬

昨日の朝、布団から起きた直後、立ちくらみが。
同時に左足がつって、見事に転倒。

「ガン!ガン!」

という派手な音とともにパソコンデスクと、タワー型パソコンの角に右の側頭部を思いっきりぶつけて大きなコブを作ってしまいました。
久しぶりに星が見えるほどの衝撃を受け、驚いてしまいました。
流血はしませんでしたが、いい年して本当にマヌケな話です。

腫れが引いた後も、頭痛が残ってたので、念のため、週末は外出せずに自宅で休んでいました。
本来なら、土曜日はライブを見に出掛け、日曜日は秋葉原に増設用のハードディスクを買いに行くつもりでした。

「せっかくの週末が無駄になった」とテレビのニュースを見ていると、秋葉原で大惨事が起こっているではありませんか。

転倒してケガをしてなかったら、間違いなく同時刻に現場近くにいたはずです。

「人間万事 塞翁(さいおう)が馬」といいますが、落馬して足の骨を折ったために徴兵されずに生き残った塞翁の息子のようです。

不幸だと思っていたことが、結果的に幸運を拾ったわけですから、人間何が幸いするかわかりません。


人間万事塞翁が丙午 (新潮文庫)
青島 幸男
新潮社
売り上げランキング: 109823
おすすめ度の平均: 5.0
5 予想以上!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/07

緊急停止

ほろ酔い加減で乗った電車が緊急停止。

転倒することはなかったものの、不自然な姿勢で体をひねって痛みが残ってしまいました。

久しぶりの休日を前につまんないところでミソがついてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/04

再インストール

最近、自宅のパソコンの調子がおかしかったので、昨夜、全てフォーマットして、再度OSからインストールし直すことにしました。

2年くらい使っているので、ちょうどいい時期なのかも知れません。

しかし、データが多いし、重いのでバックアップにやたら時間がかかって仕方がありません。この調子だと全ての設定が終わって、バックアップデータを元に戻して完全に復活するまでには、もう少しかかりそうです。

「パソコンみたいに全部をクリアして、ゼロから出来れば楽なのに」と思うこともありますが、人は、それが出来ないからこそ辛くもあり、また面白いものでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/03

ホモソーセージ

080526_21480001

「ホモソーセージ」

ホモ+ソーセージ

これほどわかりやすいものはございません。

この場合の「ホモ」とは、「均質化された」を意味する「homogenized(ホモジナイズド)」のことだとはわかっています。
でも、このてらいのないストレートなネーミングとパッケージデザインに持って行かれてしまいました。

写真を撮りながらも、必死に押さえようとしてもジワッと込み上げて来る笑いをこらえることが出来ませんでした。

ちなみに森永の「ホモ牛乳」の「ホモ」も同じ「均質化された」の意味で、牛乳やプリンに付いているキャラクターの名前は「ホモちゃん」といいます。

0606_02
(いろいろな表情の「ホモちゃん」)

以下は、参考情報です。(タイトルの「『ホモちゃん』の秘密」で持って行かれそうです。)

【商品キャラクター「ホモちゃん」の秘密】

ホモちゃんは1952年(昭和27年)に発売された「森永ホモ牛乳」のパッケージキャラクターとして誕生しました。「ホモちゃん」という名前は、牛乳が分離しないように乳脂肪分を均質化する「ホモジナイズ」という製造工程に由来しています。

ホモちゃんの顔のイメージは「太陽」です。日光浴で得られる、ビタミンDをはじめとする豊富な栄養を含む「森永ホモ牛乳」のキャラクターとして、明るく爽やかな太陽をイメージしたデザインになっています。
「森永 牛乳プリン」シリーズのパッケージに描かれているキャラクターの表情は全部で24種類。ほくろや眉毛、そばかすなど微妙に異なるホモちゃんのかわいい表情も、皆様から愛される理由の一つかもしれません。

(出典はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »