« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/09

微妙に狙ってる?

これは昨日、渋谷のセンター街の奥で見つけた掲示。

掲示板

押しピンを付け替えた形跡はないので、これが貼られたままから、この状態のようです。

ピンの間隔が微妙に不自然で、何かの意図を感じてしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/09/08

雷雨

このところ、夕方から夜にかけて、激しい雷雨がやってくる。

昔の夕立のように、短い時間ざあっと降って、カラリと上がるようなものではありません。
路面を叩く雨は、アスファルトの路面を白く霞ませ、雷鳴は蒸し暑い空気をバリバリと引き裂いて行く。

温暖化のせいで、夕立もスコールのようになってしまったのだろうか?

この週末も例外ではないようで、やはり雷雨に襲われた。

これだけ豪快な雨と雷をただ家の中で見るのももったいないと、カメラを持ち出し、撮影してみることにした。
しょっちょう稲妻が空に輝くので、簡単に撮れるとたかをくくっていたのが大間違い。
この広い空のどこで光るかなんて、予想出来ない。
光った瞬間、その方向にカメラを向けてももう遅い。

「馬鹿なことをはじめたものだ。」

と思いながら、しばし挑戦してみました。

Dsc_9146a

雷が落ちそうな高い建物を中心に広角レンズで狙って、ようやく何カットか撮影に成功しました。

初めて雷を撮ってみましたが、実に難しいものです。
思いつきでサッと撮れるほど甘くないことがよくわかりました。
イメージ通りの絵が撮れるまでには、相当な習練が必要なようです。

避雷針などのメーカーである音羽電機工業というところが雷写真コンテストを主催していますが、その難しさを反映してか、

・グランプリ 1点 賞金100万円
・金賞 1点 賞金 50万円
・銀賞 1点 賞金 30万円
・銅賞 3点 賞金 10万円
・佳作 10点 賞金 3万円

と、写真コンテンストの中でも、かなり高額な賞金(間違いなくトップクラス)になっています。

入選作の入賞作を見ると、どれも本当にすごい作品ばかり。
いつかは、こういう絵も撮ってみたいものです。


カミナリさまはなぜヘソをねらうのか
吉野 裕子
サンマーク出版
売り上げランキング: 249070
おすすめ度の平均: 4.0
4 いろんなところに陰陽道の影響が。
4 忘れ去られた思想に触れることのできる書

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/09/07

ヴェネチア国際映画祭

ベルリン、カンヌと並ぶ世界3大映画祭の1つであるヴェネチア国際映画祭

昨夜は、最高賞である金獅子賞をはじめとするメイン賞が発表されました。
いつもは、リアルタイムで結果を知りたいと思うことはないのですが、今回は応援している押井守監督『スカイ・クロラ』が、ノミネートされているので気になって仕方がありません。エンドロールに自分の名前を入れていただいているだけになおさらです。(と、いうことはヴェネチア国際映画祭でも自分の名前が流れた?(驚))

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2

既に「フューチャー・フィルム・フェスティバル・デジタル・アワード」の授賞が決まっていたので、期待は高まります。

時差の関係で、発表は日本時間の9月7日午前3時。
祝杯のビールを準備して、スタンバイ。

結果は、

・金獅子賞:“The Wrestler”(ダーレン・アロノフスキー監督)
・銀獅子賞(監督賞):アレクセイ・ゲルマンJr.監督“Paper Soldier”
・審査員特別賞 :“Teza”
・男優賞:シルヴィオ・オルランド“Il Papa di Giovanna”
・女優賞:ドミニク・ブラン“The Other One”
・マルチェロ・マストロヤンニ賞:ジェニファー・ローレンス“The Burning Plain”
・オゼッラ賞(脚本):“Teza”
・オゼッラ賞(撮影):“Paper Soldier”
・特別獅子賞:ヴェルナー・シュローター“Nuit de Chien”

日本からの3作品は、惜しくも授賞を逃しましたが、日本映画の良さを世界に知らしめることに大きく貢献出来たのではないでしょうか。

祝杯が、ひとり慰労会になり、つい朝方まで。
おかげで今日は昼間からボーッとしております。


凡人として生きるということ (幻冬舎新書 (お-5-1))
押井 守
幻冬舎
売り上げランキング: 192
おすすめ度の平均: 4.5
4 若者へ向けた現代サバイバル論
5 上辺だけではない、社会分析
5 現代へのメッセージ
5 「今の自分は何者でもないし、平凡な人間なのだ」
4 建前ではないが真っ当な意見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

早朝「出勤」の理由

ヴェネチア国際映画祭に出発する直前の押井守監督のコメントを取るために、2時間以上かけて成田空港に行っていました。

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2
(押井監督の『スカイ・クロラ』がコンペティション部門へノミネート)

これが、早朝「出勤」の理由です。

ワンチャンスしかないので、不測の事態を考慮して早く出たので、約束の1時間以上前に到着。
朝の8時過ぎには空港ロビーにいました。

さすがに疲れましたが、いい表情の写真とコメントをいただけたので気分は上々です。

当日の様子の一端はこちらでご覧いただけます。
映画祭主要賞の発表は、9月6日夜(日本時間9月7日未明)。
ぜひとも金獅子賞を獲得して、凱旋帰国する押井監督の姿を見たいものです。

P.S:待ち合わせ場所に、主演女優の菊地凛子さんが最初に現れた時は、予想していなかったので、ちょっと驚きました。

押井守ワークス+スカイ・クロラ The Sky Crawlers (別冊宝島 1546 カルチャー&スポーツ)
宝島社
売り上げランキング: 830
おすすめ度の平均: 5.0
5 これおもしろいよ
5 原作小説のガイドブックとしても有用
5 The Sky Crawlers material

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/02

早朝「出勤」

朝6:00に家を出て、ただいま成田空港に向かっております。

いつもより約2時間早い「出勤」にも関わらず、思ったよりも電車が混んでいて驚いています。

現地までの道のりはまだまだ長い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »