« 早朝「出勤」の理由 | トップページ | 雷雨 »

2008/09/07

ヴェネチア国際映画祭

ベルリン、カンヌと並ぶ世界3大映画祭の1つであるヴェネチア国際映画祭

昨夜は、最高賞である金獅子賞をはじめとするメイン賞が発表されました。
いつもは、リアルタイムで結果を知りたいと思うことはないのですが、今回は応援している押井守監督『スカイ・クロラ』が、ノミネートされているので気になって仕方がありません。エンドロールに自分の名前を入れていただいているだけになおさらです。(と、いうことはヴェネチア国際映画祭でも自分の名前が流れた?(驚))

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2

既に「フューチャー・フィルム・フェスティバル・デジタル・アワード」の授賞が決まっていたので、期待は高まります。

時差の関係で、発表は日本時間の9月7日午前3時。
祝杯のビールを準備して、スタンバイ。

結果は、

・金獅子賞:“The Wrestler”(ダーレン・アロノフスキー監督)
・銀獅子賞(監督賞):アレクセイ・ゲルマンJr.監督“Paper Soldier”
・審査員特別賞 :“Teza”
・男優賞:シルヴィオ・オルランド“Il Papa di Giovanna”
・女優賞:ドミニク・ブラン“The Other One”
・マルチェロ・マストロヤンニ賞:ジェニファー・ローレンス“The Burning Plain”
・オゼッラ賞(脚本):“Teza”
・オゼッラ賞(撮影):“Paper Soldier”
・特別獅子賞:ヴェルナー・シュローター“Nuit de Chien”

日本からの3作品は、惜しくも授賞を逃しましたが、日本映画の良さを世界に知らしめることに大きく貢献出来たのではないでしょうか。

祝杯が、ひとり慰労会になり、つい朝方まで。
おかげで今日は昼間からボーッとしております。


凡人として生きるということ (幻冬舎新書 (お-5-1))
押井 守
幻冬舎
売り上げランキング: 192
おすすめ度の平均: 4.5
4 若者へ向けた現代サバイバル論
5 上辺だけではない、社会分析
5 現代へのメッセージ
5 「今の自分は何者でもないし、平凡な人間なのだ」
4 建前ではないが真っ当な意見

|

« 早朝「出勤」の理由 | トップページ | 雷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/42404679

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネチア国際映画祭:

« 早朝「出勤」の理由 | トップページ | 雷雨 »