« 今年最初の休日出勤 | トップページ | コスプレ写真 »

2009/01/29

舞台『鉄人28号』

先日、天王洲にある銀河劇場に『鉄人28号』の舞台を観に行って来ました。

舞台『鉄人28号』

脚本・演出は、日本アニメ界の巨匠 押井守。

「観に行きたい」と思っていたところに、以前お世話になった方からお誘いをいただき、観劇に行くことに。

昨年夏に『スカイ・クロラ』でお仕事をさせていただいて以来、すっかり押井作品に縁づいております。

あの押井ワールドをステージでどう表現するのか気になっていましたが、実に見応えのある舞台に仕上がっていました。

押井作品を観たことがある人なら、思わずニヤリとなる要素も盛りだくさん。
肩の力を抜いて楽しむことが出来ました。

圧巻は何と言っても、ステージ中央に方膝を立てて座る巨大な鉄人。(座ったままで、6メートル以上!)

クライマックスで、巻き上がるスモークの中で立ち上がる姿に思わず涙腺が緩んでしまいました。

その巨大な存在のみが持つ何がが、そういう気持ちを呼び起こすのでしょうか?

昨日、押井監督にお会いした時にその話をすると、

「そういう感じた人は多かったみたいだね。
大きなものが持つ何かというのはあるね」

とおっしゃってくださいました。

来月から大阪でも公演が始まりますが、機会がある方はぜひご覧ください。

あれだけ迫力がある鉄人は、この機会を逃すと二度と見られないかも知れません。

リボルテックヤマグチ No.43 鉄人28号
海洋堂 (2008-01-11)
売り上げランキング: 1386

|

« 今年最初の休日出勤 | トップページ | コスプレ写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/43897169

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台『鉄人28号』:

» 舞台「鉄人28号」 [Akira's VOICE]
ひっさびさの舞台。  [続きを読む]

受信: 2009/02/07 12:11

« 今年最初の休日出勤 | トップページ | コスプレ写真 »