« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

せきずい in 川崎Serbian Night(2009.4.29)

ゴールデンウィーク期間、最初のライブ参戦は、「川崎Serbian Night」での『せきずい』ライブ。

『せきずい』が、川崎でライブをやるのは、非常に珍しい。
(ライブ終了後、Drs. リョウから「あんまりないですね。川崎でやるのは、本当に久しぶりです。」とのコメントがあったので、かなりレアな機会なのでしょう。)

Dsc_8212
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

ここ5年近く彼らのライブを見ていますが、川崎で見るのは、2回目くらいだったと思います。
最初に見た時は、屋外だったので、箱ライブは、初めてです。

Dsc_7912
(「川崎Serbian Night」の入口。ここの3Fになります。)

自分もこのライブハウスに来るのは、2回目。
前回来たのが、2005年9月ですから、3年半ぶりになります。

川崎では、よく知られた箱ですが、もっぱら都内・横浜のライブハウスへの参戦がメインなのであまり来ることがないだけなのですが。

今回ここに来るに当たって、3年半前の撮影データを見ましたが、思わず愕然としました。
当時のカメラとの性能差もありますが、それなりに自分も進歩していることがよくわかりました。

では、取り急ぎ、最新のライブフォトを公開します。
明日(もう今日か?)は、通常業務なので、取り急ぎ。

続きを読む "せきずい in 川崎Serbian Night(2009.4.29)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/28

うるさーい!!

うるさーい!!
帰宅しようと思ったら、電車が人身事故で運転見合わせ。

こんな時間に、しかも重い撮影機材を抱えている時に限って、これですかい?

仕方がないので、他の路線で迂回しながら帰宅しております。

幸い座れたので、ゆっくり本でも読みながら帰ろうかと思いきや、目の前にろれつが回らぬオヤジたちが大声でしゃべくっていて、全く集中出来やしない。

うるさーい!!
しまいにゃあ、口にガムテープ貼るぞ、ゴルァ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち状態

待ち状態
取材で待ち状態が続いてます。

先ほど主催者側から発表された変更後のスケジュールは、予定から1時間押し…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上には上が

今日は、恵比寿のスペイン料理屋で、あるキー局の文化・教養番組担当プロデューサーの方々との飲み会でした。

そのうちの一人は、自分が子供の時に夢中になった番組を作った方で、大好きな司馬遼太郎さんの本にも登場する人でもあります。

「クイズ向き」と言われるくらい幅広く対応出来る自分も、本物を前にしては、さすがに全く歯が立ちません。

ただ、学生のように、うなずき、質問することしか出来ませんでした。

この年になって、上には上がいることを肌で知ることが出来るのは、幸せだと思います。

小さな成功で満足することなく、さらに先を目指す力になりますから。

自分の中にあるのは、他人の評価ではなく、あくまでも自分自身が満足出来るかどうか。

それが小さいものであっても、高望みと言われるものであったとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

現実逃避

現実逃避
世の中的には、GWに入ったようですが、こちらは相変わらず現実に追われたままです。

たまには、思いっきり現実逃避をしてみたいものですが、それもなかなかままなりません。

こうして、新聞に載っている旅行会社のツアー広告を見て、あれこれ考えるので精一杯なのが現実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/26

非日常から現実に

幕末の新選組を扱った舞台でしたが、笑いあり、殺陣もあり、コメディ好きの歴史・時代劇マニアにとって、良いとこ取りの内容でした。

小島裕さんは、今回が初めての和物と殺陣だったそうですが、しっかりこなせてて良かったです。

時代劇マニアは、所作や殺陣に注目します。
下手な人が上手い人に混じって殺陣をやると見苦しいものですが、あれだけの入り乱れた中で流れを乱さずに溶け込んでたので、大したものだと思います。

背が高くて見映えもするので、更に極めて欲しいものです。

あと、蒼井そらさんが良い演技をしてました。
正直、予想以上だったので、驚きました。
全編に渡って登場する重要な役柄でしたが、あれだけをこなすには、かなり練習を積まれたと思います。

劇場を出ると、もう夕方。
携帯の電源を入れて、メールチェックをすると、楽しかった非日常の世界から、一瞬で現実に引き戻されてしまいました。


「そら模様」
「そら模様」
posted with amazlet at 09.04.26
蒼井 そら
講談社
売り上げランキング: 262827
おすすめ度の平均: 3.0
2 異彩を放つ
2 自己プロデュース
2 寛大になる事
2 自己表現
2 AV業界とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台を観に新宿へ

舞台を観に新宿へ
今日は、新宿のSPACE ZEROに舞台『BARAGA-鬼ki』を観にやって来ました。

出演は、根本正勝さん、蒼井そらさん、ほか。
自分が注目しているのは、小島裕さん。

先日別の公演で観た時は、現代劇でかなりクセがあるキャラクター(個人的にはかなりツボでした。)でしたが、今回は幕末が舞台、どんな役を演じてくれるのか楽しみです。

間もなく開演。
休憩を挟んで3時間の長い舞台ですが、楽しんで来たいと思います。


時代劇マガジン Vol.19 (タツミムック)

辰巳出版
売り上げランキング: 45752

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブ参戦用 Tシャツのプロトタイプ

気が付くと、もうすぐGW。
最近、年が明けたと思ったのに、もう1/3が終わろうとしているんですね。

本格的な春を迎え、これからだんだん暑くなり、暑がりな自分には苦手な季節がやってきます。

ここでネガティブになっても仕方がないので、前向きに考えたいものです。
夏のライブ参戦に向けて、Tシャツのデザイン案を考えてみることにしました。

毎年、『せきずい』主催の大きなライブやワンマンのタイミングに合わせて、過去に撮った写真を素材にしたTシャツを一品もので作ってみたりしています。

最近は、ライブハウスで、『せきずい』ファンの女性が思い思いの感性で立派なオリジナルTシャツを作っているので、やるんならちゃんとやりたいものです。

今、イメージしているのは、こんな感じです。

続きを読む "ライブ参戦用 Tシャツのプロトタイプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/25

雨の日ドライブ

雨の日ドライブ
ここ数日、起きられない朝を迎えていましたが、昨日早めに寝られたおかげで、ようやく気持ちよく目が覚めました。

朝から雨でしたが、久しぶりに車を運転してみました。

時間が許せば、どこまでも遠くまで行きたいものですが、それもかなわないので、近場をぐるりと回って帰ることにしました。

勢いで飛び出したのはいいものの、ちゃんと車庫入れが出来るか自信がないです(笑)。


日本珍スポット100景
日本珍スポット100景
posted with amazlet at 09.04.25
五十嵐麻理
ぴあ
売り上げランキング: 27651
おすすめ度の平均: 4.0
3 サブカルチャー本の入門書
5 目からウロコ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/24

新入社員

週末の金曜日。
真新しい紺色のスーツの集団が駅前の飲み屋街のあちこちで騒ぎたてております。

6年前の今頃は、新人研修のクラス担任をやってましたが、本当に毎週のように飲んでいたものです。

ボウリングをした後、オールで飲んで、始発で築地の寿司屋で締めなんて無茶なこともやってました。

徹夜明けの土曜日は、朝からジムに行って、筋トレでアルコール抜いてたりしましたが、今では絶対に出来ません。確実に死にます。

精神的にも肉体的にも、あれだけのことが出来た最後の時期だったのでしょう。

新入社員の集団を見ながら、ふと考えます。

彼ら彼女たちの前で約束したことを実現出来ているだろうか?

そう思うと、中途半端で、もの足りないことばかりです。

中堅社員として、日々最前線で成長する彼ら彼女らに負けないように、まだまだがんばらねばなりません。

立ち止まって考えてばかりじゃいかんのです。


被取締役新入社員
被取締役新入社員
posted with amazlet at 09.04.25
安藤 祐介
講談社
売り上げランキング: 227048
おすすめ度の平均: 5.0
5 昨今流行りの読み物
4 ドラマの原作
5 ダメ人間出世物語!
5 惜しみない賛辞を贈りたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/23

せきずい in 大塚Deepa(2009.4.22)

ウィークデー真ん中の水曜日。

東京・大塚にある「大塚Deepa」で行なわれた『せきずい』のライブに行って来ました。

せきずい
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

平日のライブに参戦するなんて、いつ以来でしょう?
最後がいつだったのかすら、もはや忘れてしまったほどです。

Dsc_3091
(Gt.&Vo.ゴウ)

Dsc_3081
(Key. ヨシアキ)

当日、土壇場で何があるかわからないし、日中は外出もあったので、軽いサブカメラのNikonD70(1年半前に、今のD300を導入する以前はメインでした。)に小さい28-70mmレンズを付けたものをカバンに入れて出勤。

Dsc_3122
(Bass カズヒロ)

定時に事務所をダッシュで出て、取りあえず『せきずい』の出番にはギリギリ間に合うことが出来ました。

平日の早い時間の出番(19:15)にもかかわらず、かなりの数の観客が。
人と人の間からスナイパーのように狙うしかありません。
ズームで狙えないのでフットワークで勝負です。

Dsc_3242
(Drs リョウ。狙うのが大変でした。)

Dsc_3345
(Gt.テツヲ)

高感度に弱い610万画素のカメラに小さいながらも明るいレンズを付けて、何とかがんばってみました。
途中、フォーカスポイントが動かなくなるアクシデントはありましたが、取り急ぎアップします。

続きを読む "せきずい in 大塚Deepa(2009.4.22)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/22

昔の担当エリア

昔の担当エリア
昔の担当エリア
昔の担当エリア
取引先に向かう途中、大崎から五反田方面を通りました。

ここは新人の頃に担当したエリア。

何もかもすっかり変わってしまいましたが、わずかに昔の取引先の建物に当時の面影を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグトゥモロー君

100年に1度(本当にそうであるかは非常に疑わしいが)の大不況。
明日の我が身も知れないサラリーマンは、数多いと思います。

こういう時に大発生するのが、いじましいほど上司にシッポを振る人たち。
傍で見ていると、もうちぎれんばかりです。
こんな姿を見せられると、ムツゴロウさんならずとも、思わず抱きしめてしまうことでしょう。

自分の身を守るための術ですから、別に非難するつもりもございません。(自分は絶対嫌ですけどね。)
ただ、中途半端な向上心があるのか、絵に描いたようなマニュアル通りのご対応をされる方を見ると、思わず苦笑してしまいます。

そんな人たちを自分は、昔から「ビッグトゥモロー君」と呼んでました。
「ビッグトゥモロー」とは、青春出版社から出ている雑誌『月刊BIG tomorrow』から来たものです。1980年創刊ですから、もう30年近くになりますか。

こちらの目次を見てわかる通り、大きなことを言っているようで、何だかすごくスケールが小さいです。
自分が誇大妄想狂の夢追人なので、そう感じるせいかも知れませんが。

今は不良社員ですが、一応、これでも新人研修の担任として、ここに書いてあるようなことは、ひと通り教えられるくらいのことはやって来ました。
それだけにね、笑えるんですよ。
マニュアル通りにやってる人がいると。
忠実にやればやるほど、腹筋が痙攣しそうになります。
笑っちゃいけないんでしょうけどね。

続きを読む "ビッグトゥモロー君"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/21

珍しい日

平日のこの時間に家にいて、しかも後は寝るだけの状態でいる。

何だか信じられない気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

してやられた感

してやられた感
予報通り雨が降っております。

外れた時は腹が立ちます(大きな傘を持って出て、外れた日には…)が、かと言って当たれば当たったで、「してやられた」みたいな感じで何か面白くないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/20

こげなふうたい

新しい週のスタート。

たまには、早く行くのも悪くない。
天気もいいし、準備も万端に整えて、いざ出発。

駅に着くと、踏切内で車が立ち往生したため、遅延らしい。

完全に出鼻を挫かれ、思わず口をついて出た。

「こげなふうたい。」

博多弁で「こんなふうだから」という意味ですが、「何かやろうとした時に限って、こんなことになる」といったニュアンスでしょうか。

慣れないことをやると良くないようです。


高校大パニック [DVD]
高校大パニック [DVD]
posted with amazlet at 09.04.21
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 45361
おすすめ度の平均: 4.5
4 学生映画のカリスマ石井聰亙の一般映画進出作
5 おもしろいテンションの高い映画でした。
5 身につまされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

猛獣使い

あんまり生活感のない自分ですが、親というのは大変ですね。
子供が生意気になって来ると、自分が猛獣使いになったかのような気持ちになります。

そういうのが、重なると疲れますね。
ホント疲れます。
自分の親は、よくも3人も育てたものだと改めて感心します。


育てたように子は育つ―相田みつをいのちのことば (小学館文庫)
佐々木 正美 相田 みつを
小学館
売り上げランキング: 18890
おすすめ度の平均: 5.0
5 思春期の子供を持つ親におすすめです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/18

モノ作りの醍醐味

ある女優さんのブログの立ち上げが、ようやく一段落。
オープンは、先週だったのですが、微調整などの作業が残っていました。

たくさんのファンの方からの歓迎のコメントを見ると、

「本当にやって良かった」

と思います。

「楽しんでもらいたい」と思って作り、それを受け取った人が喜んでくれる。

これぞ、モノ作りの醍醐味。
エンターテイメントの神髄でございます。



ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3
ハピネット・ピクチャーズ (2005-06-24)
売り上げランキング: 17382
おすすめ度の平均: 5.0
5 最終巻!!
5 ミュージカル最高!
4 うまい
5 泪ちゃ~ん(;_;)
5 銭形泪の集大成!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/17

不適合

不適合
今日は朝から銀座に来ています。

昨夜は歓送迎会で深酒をしてしまい、若干二日酔い気味です。
ここに来るまでの満員電車で、すでに気分が悪くなってます。

昔、新宿や丸の内に勤めていた時は大丈夫だったのに。
もはや都心での勤務には不適合な人間になっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/16

早く帰ろうと思ったのに

昨日、帰りに雨でずぶ濡れになったせいか、ちょっと体調を崩してしまいました。

今日は、早く帰ろうと思ったのに、気がつくとやはりこんな時間に。

まぁ、終電より2本早いし、晴れてるし、久しぶりに団体戦で仕事が出来たから良しとしますか。

久しぶりと言えば、今日はスーツで仕事してました。
やっぱり、サラリーマンのコスプレをやってるみたいな違和感を感じてしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/15

閻魔大王も

新年度が始まったばかりだというのに、今日の打ち合わせでは再来年の話をしています。

これじゃあ、鬼が笑うどころか閻魔大王も腹を抱えて笑いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No TV program worth to watch but NHK.

帰宅し、ひとり酒を傾けていると、こんな時間。
テレビを見ても、民放はしょうもない番組しかやってません。

結果、自然にNHKのBS再放送を流している総合テレビで見ることに。
「絶対、民放じゃ作れないだろうな」というものが目白押し。
木造駅舎の旅とか、「世界のナベサダ」こと渡辺貞夫がフランス人女性(何故か全編英語の字幕付き)と行く宇都宮採石場を巡りなんてシブ過ぎます。

ナベサダが宇都宮出身だからみたいなんですが、こんな企画、NHKじゃないと絶対に通りません。

でもね、いい味出しているんですよね。
地味だけど、丁寧に作っている。
同じ時間帯の民放の番組がひどすぎるだけに余計に目立ちます。


モーニング・アイランド
渡辺貞夫
ビクターエンタテインメント (1994-06-25)
売り上げランキング: 5911
おすすめ度の平均: 5.0
5 やさしいフュージョン
5 ナベサダのソロが光る傑作!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずぶ濡れ

終電を目指して同僚と駅までダッシュ…

何、この滝のような雨は?!

駅に着くはるか手前で、既にずぶ濡れ。

ずぶ濡れ

HPを使い果たした体に大量の冷水を浴びせられ、LPは限りなくゼロに近い状態です。

RPGやファンタジーの世界だったら、薬草や呪文ひとつで復活出来ますが、残念ながら、ここは現実世界。

家に帰って、風呂に入るまでは、ひたすら寒さに耐えねばなりませぬ…。


アメトーークDVD3
アメトーークDVD3
posted with amazlet at 09.04.15
よしもとアール・アンド・シー (2009-03-25)
売り上げランキング: 29
おすすめ度の平均: 4.5
5 絶対笑える
4 内容が実にマニアック、豪華な出演陣も見所です。
5 これもいい
4 面白い
4 最近の深夜番組の中では群を抜いておもしろい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

アキバで発見!ヘビメタの宅配便

都営地下鉄 岩本町から旧国鉄(民営化から20年以上経つが、いまだに「JR」と言うのに抵抗がある。) 秋葉原駅に向う途中、ヘビメタの宅配トラックを発見。

090408_150702
(厳密に言うと、赤帽は宅配便じゃないらしいんですけどね。)

その名も「ヘビメタ急便」。

「まさか、そんなわけはない。単なる偶然だ。」

と思い、軽トラの後ろに行ってみました。

090408_150701

アルファベット表記で「HEVI-META」と書いてあるので、これは完全に「Heavy Metal」に間違いありません。

即座に会社の名刺に「metal」と入れたり、同じく会社の業務用メールアドレスが「metal@某一部上場企業名.co.jp」だったりするメタル課長を思い出しました。

「もしかすると、あの人が副業でやっているのではないか?」

あるいは、

「クラウザー様みたいなドライバーでは?」

SWITCH vol.26 No.9(スイッチ2008年9月号)特集:松山ケンイチ[動くマンガ2008]
(『デトロイト・メタル・シティ』のGt&Vo. ヨハネ・クラウザーII世。)

と思いましたが、残念ながら(?)そうではありませんでした。
ごく普通のドライバーさんでした。


デトロイト・メタル・シティ 7 (7) (ジェッツコミックス)
若杉 公徳
白泉社
おすすめ度の平均: 4.0
4 根岸の苦悩ぷりに爆笑
4 デトロイトメタルシティ 7巻
2 パロディ(笑)のオンパレード
4 ご帰還☆
5 デスメタルなアートキワ荘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

せきずい主催イベント「more green14」 in Shibuya BOXX(2009.4.12)

今日は、東京・渋谷にあるライブハウス「Shibuya BOXX」で行なわれた『せきずい』主催ライブ「more green14」に参加して来ました。

Dsc_7760
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

幸い朝から快晴で、公園通りの坂を登るのも心地よく、「Shibuya BOXX」がある代々木公園も多くの人で賑わっていました。

Dsc_7153s
(開場直前のShibuya BOXX前。)

今回は、約1ヶ月前に新横浜BELL'Sで行なわれた「more green13」と続けての参戦。

このイベントも昔は、東京エリアがメインだったので、ほぼ続けて参加出来ていたのですが、大阪、名古屋、仙台でも行なわれるようになって、全部を見るのは難しくなってしまいました。

Dsc_7161s
(今回の前説は、この2人。Gt.テツヲ[左]とBass カズヒロ[右])

Dsc_7182s
(必死に否定するカズヒロ。一体何を否定しているのか?)

そういう意味では、同じイベントをこうして続けて見られるのは、ありがたいことですし、ステージの見せ方の変化を見るうえでも非常に貴重でした。

Dsc_7230s
(Gt.テツヲ)

Dsc_7231s
(Drs. リョウ)

Dsc_7235s
(Bass カズヒロ)

Dsc_7260s
(Key. ヨシアキ)

Dsc_7294s
(Gt&Vo. ゴウ)

写真は、本日のライブの様子です。

Dsc_7527s

続きを読む "せきずい主催イベント「more green14」 in Shibuya BOXX(2009.4.12) "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/12

20090412 Shibuya

日曜日の午後、渋谷。

20090412 Shibuya

街は初夏のようです。
周りの人たちの服装にも季節の変化を感じます。
公園通りの坂を早足で歩くと汗ばむほどです。

20090412 Shibuya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

お酒が怖い

金曜日の終電は酒臭いのが常ですが、この時期は特にキツいものがあります。

ただ今、終電の中。
車内は、酔っぱらいであふれています。

自分の目の前には、会社員のグループ。
50代の上司らしきオヤジが酔った勢いで、部下の女性(30代前半。手と目もとの肌から推定)に必死で触ろうとしています。

さりげなさを装っているつもりなのでしょうが、所詮は酔っぱらいの猿芝居。

端から見ていて、本当に腹が立ちます。見苦しい以外に何ものでもありません。

やるんなら、同じことをシラフで堂々とやって欲しいもの。

やれないなら、きちんと自制するのが「大人」じゃないですかねぇ…

最近、飲みなれてないので、めっきりお酒に弱くなりました。
それだけにこういうのを見ると、飲むのが怖くなります。


酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)
真先 敏弘
新潮社
売り上げランキング: 50662
おすすめ度の平均: 5.0
5 酒乱な人も酒乱じゃない人も。
5 DNA分析、大脳生理学によるアルコール依存症の分析

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/10

タンポポ

タンポポ
通勤途中の道で見つけたタンポポの花。

日の光を浴びて、キラキラしてます。

今の時期、どうしても桜に目が行きがちですが、足元のこいつらも結構がんばって咲いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/09

ハリウッド版『鉄腕アトム』がビッグボーイのキャラに見える

ハリウッド版の『鉄腕アトム』が、『Astro Boy』として、今年(2009年)10月に日米で公開されることが決まったらしいです。

しかし、このアトム、報道される度に見ているのですが、いつも某ファミレスのキャラクターを思い出してしまいます。

試しに2つを並べてみました。

Astro_boy
(これがハリウッド版の鉄腕アトム)

そして、これがファミレス『ビッグボーイ』のキャラクター。

続きを読む "ハリウッド版『鉄腕アトム』がビッグボーイのキャラに見える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

アキバにて詠める

アキバにて詠める
電車待つ
隣の待ち受け
萌えアニメ
見間違いかと ついのぞき込む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニスカートの衝撃

帰宅途中の電車の中。
座って本を読んでいた。

下車駅が近づき、顔を上げると…

続きを読む "ミニスカートの衝撃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

収録終了後にロケ

あるキー局のスタジオ収録が終わって、駅に向かう途中にロケ現場に遭遇。

遠目にも背の高い中井貴一さんは、すぐにわかりました。

人通りのある所でのロケは、人を長く止められないし、雑音の問題もあります。

役者さんを長く待たせると気を遣いますし、様々な環境の問題もあってリテイクも難しい。

当事者だった時は、

「早く無事に終わって欲しい」

と思うだけでしたが、作品が完成した時の充実感を知ってしまうと、不思議と懐かしくまた戻って来たくなります。

あれから2年。
色々な人の現場に参加して来ましたが、やはり他人の現場ではなく、早く自分の現場に立って再びやってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキバのお店で

先日、秋葉原のあるお店に行ってきました。
いつも感覚に合うものを置いているので、行くと必ず立ち寄ってしまいます。

この日も十分満足をさせてくれました。
人目がちょっと気になりましたが、ちょっと撮ってみたのがこれです。

090404_175301

信じられないようなお値段で驚きました。

好きな人は、好きなのでしょうが、自分は、触るだけでやめておきました。
それ以上はとてもとても。

そのお店は、

続きを読む "アキバのお店で"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/05

ライブ終了

ライブ終了
ライブが終わったので、これから帰宅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからお台場でライブ

これからお台場でライブです。

ステージには立ちませんが、主催元の1人として参加しています。

これからお台場でライブ

痛車(=「イタシャ」。アニメやゲームのキャラクターを描いた痛い車のこと。)について熱く語りまくるトークイベント。

少しでも多くの方に楽しんでいただけるとうれしい限りでございます。

これからお台場でライブ

実は、今回のライブは、芸文社さんから出ている雑誌『痛車グラフィックス』とのコラボ企画。
この日の様子は、この夏発売の『痛車グラフィックス Vol.5』に掲載される予定です。

痛G―痛車グラフィックス (Vol.4) (GEIBUN MOOKS No.639) (GEIBUN MOOKS 639)

写真は、3/26発売の最新刊『痛車グラフィックス Vol.4』。
ここにも今日のイベントについて紹介されていたりします。

「きゃらコン」 マクロスF ランカ・リー (SUBARUインプレッサWRX)
シー・シー・ピー (2008-11-07)
売り上げランキング: 243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »