« また雨が | トップページ | 「写真家・宮武東洋」展 »

2009/05/09

虹と水戸黄門

昨日、都内では、夕方に大きな虹が見られました。

社内では、窓際に人が押し寄せ、写真を撮るで賑わっていました。

P1010364
(二重にかかる虹。主虹の左に副虹もくっきり。副虹は、色の順番が主虹と逆になります。)

日中は、外にいて、雨が降ったり、止んだりだったのを体験したせいか、この虹を見ながら、水戸黄門のオープニングテーマ『あゝ人生に涙あり』(実はこれが正式名称って知ってました?)を脳内で口ずさんでいました。

人生楽ありゃ 苦もあるさ
涙のあとには 虹も出る
歩いてゆくんだ しっかりと
自分の道を ふみしめて

何万人もの人が、この虹を見ていたと思いますが、

「こんな自分は、かなり奇特な部類なんだろうな。」

と改めて、実感してしまいました。

ちなみに2番以降は、こんな感じ。

人生勇気が 必要だ
くじけりゃ誰かが 先に行く
あとから来たのに 追い越され
泣くのがいやなら さあ歩け

人生涙と 笑顔あり
そんなに悪くは ないもんだ

なんにもしないで 生きるより
何かを求めて 生きようよ

いや、含蓄のあるお言葉です。

虹といえば、旧約聖書では、大洪水を生き延びたノアに対して、神が、

「二度と地上に生きるものを滅ぼすことをしない」

という約束の証としてかけたと書かれています。
確かに、あの大きな虹を見ると、昔の人が人知を超えた力を感じるのも無理はないと思いました。それから何千年も後の人間をこれだけ動かすのですから。(東洋でも虹は、龍の存在になぞられています。「虹」の漢字も「虫」偏は「龍」を表し、つくりの「工」は、龍がカッと口を開いた様子を示したものです。)

ただ、今の世の中を見る限り、その大いなる力が、「約束」を守り続けてくれるのか、自信ありませんが。


マンガ聖書物語 (旧約篇) (講談社+α文庫)
樋口 雅一
講談社
売り上げランキング: 45034
おすすめ度の平均: 4.0
4 あの分厚い旧約聖書のストーリーが、楽々と分かる。

|

« また雨が | トップページ | 「写真家・宮武東洋」展 »

コメント

すごいっ☆ めっちゃキレイな虹ですね\(≧▽≦)丿 最近見てないな…。

投稿: かぼちゃパンツ | 2009/05/11 00:40

>かぼちゃパンツさん

すごい虹でした。
都会でもこれだけ見事なのが見られるとは思いませんでした。
日常の中の非日常というのはインパクトがありますね。

投稿: cyro | 2009/05/16 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/44956670

この記事へのトラックバック一覧です: 虹と水戸黄門:

« また雨が | トップページ | 「写真家・宮武東洋」展 »