« 腐女子彼女。 | トップページ | 混雑でチクチク »

2009/05/03

忌野清志郎

昨夜、携帯に入った友人からのメールで清志郎の死を知った。

ギター弾き語り 忌野清志郎 ギターソングブック (ギター弾き語り)

いつか来る日だとは思っていましたが、自分の中の何かが終わったような虚脱感に襲われて、気が付くと朝までYouTubeで彼のライブ映像を見てました。
おかげでヘッドホンで圧迫された耳が痛くて仕方がありません。

中学の時、ラジオの深夜放送で彼の曲を初めて聴いたインパクトは今でも鮮烈に覚えている。

「何だ、この変な曲は?」

甲高い声、歌詞はハッキリしているのにねっとりとした歌い方。
今までにないザリザリとした違和感に抵抗を感じながらも、ずっと耳に残って気になって仕方がない。
突然流れた来たから、誰の何という曲なのかもわかりません。
気が付くと、「あの曲」を探していました。

今みたいにネットがあってすぐに調べられる時代ではありません。
時はアイドル全盛の1980年代。
同級生は、アイドルに夢中。ちょっと早熟な人でも洋楽派でしたから、そんな変わった曲に興味を持つ人はいませんでした。
ひたすら再びラジオから流れて来るのを待つだけでした。
そんな努力を続けること何ヶ月。
やっと、それがRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』という曲だとわかりました。
そして、その声の持ち主が、忌野清志郎だとわかったのは、少し後のこと。
音楽雑誌でその姿を見て、改めて衝撃を受けたのは言うまでもありません。

いつの間にか、この「変な曲」にハマっていったのですが、こんなマニアックな音楽の話をする相手もなく、自分だけの世界で楽しんでおりました。

しかし、それから約1年半後。
化粧品のCMに採用され、『ザ・ベストテン』という超有名な音楽番組に登場することで、「変な曲」は、メジャーな曲になっていきました。

その後、以前このブログにも書いたように、忌野清志郎、RCサクセション、タイマーズは、特別な思い入れとともに、自分の中にいました。

『カバーズ』を出した時、「清志郎だけは、政治や反権力を持ち出して欲しくなかった。何があっても、突き抜けたあの世界を貫いて欲しかった。」と失望した友人もいましたが自分は「さすがは、清志郎だ」と快哉していました。
当時は、若かったので、単に主張があるアーティストがカッコいいと単純に思っていただけでしたが、今、あの頃の清志郎の年になって振り返ると、やはりすご いことだと思います。一歩間違えば、これまで築き上げて来たもの全てを失うだけでなく、音楽活動が出来なくなる可能性もあった訳ですから。
ロックをやる人はたくさんいますが、生き方までロックな人は、ごくわずかしかいません。
そういう意味では、彼は間違いなく希少種だったと思います。

NHKの『SONGS』で復活すると聞いた時は、不安で仕方ありませんでした。
多くのアーティストがそうであるように、年を取ると、高音が出にくくなって、残念な状態になって行きます。
彼の場合は、さらに喉の病気を克服した後でしたからなおさらです。
しかし、テレビ映る清志郎は、そんな大きな病気がなかったかのような姿と声。
これを見て、

「これがロックだ!」

と思ったものです。

きっと、復活の後、ずっとずっとジジイになってもカッ飛んだ清志郎でいてくれると信じていたのに、この訃報は、ショックでした。
清志郎、これじゃ普通じゃないか!

どうしたんだ Hey Hey Baby
おまえまでそんな事言うの
いつものようにキメて ブッ飛ばそうぜ

と言ってやりたい。

でも、あの清志郎のことだから、

どっかのヤマ師が オレが死んでるって 言ったってさ
よく言うぜ あの野郎 よく言うぜ
あきれて物も言えない

オイラ その香典あつめて こうして遊んでるってワケさ
ますます 好き勝手な事ができる
さあ オマエに何を買ってやろうか

だから Baby さぁ 今夜はどこで遊ぼうか
まだまだ 香典 集まりそうだ
当分苦労はさせないぜ

なんて言って、タバコをふかしながら、どっかで笑って見てると信じたい。

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD]
UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(D) (2008-05-28)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 5.0
5 「忌野清志郎」逝く‥。
5 サイコーです
5 いつものキヨシローがいつものように・・・。
5 がん転移の事実を知って観たら、涙が出そうだった
5 あ?キヨシロー?

|

« 腐女子彼女。 | トップページ | 混雑でチクチク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/44880980

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎:

« 腐女子彼女。 | トップページ | 混雑でチクチク »