« 夏の終りの花火大会 | トップページ | F-4EJ改に見る自衛隊装備の老朽化 »

2009/08/23

せきずい in 横田基地(2009.8.23)

去年に引き続き、米軍 横田基地の日米友好祭で行われた『せきずい』ライブに行って来ました。

Dsc_3232
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

前回が1年前の同じ日でしたから、ちょうど1年ぶりです。
家を出る時は、曇り空でしたが、現地に着く頃には、晴天になっていました。
青梅線 牛浜駅に到着したのは、16:30近く。

Dsc_3181
(旧国鉄・青梅線 牛浜駅前の様子。ここは、混雑してなかったのですが…)

『せきずい』の出番の30分前。
駅から入口の第5ゲートまで、徒歩10分余り。
中の移動を考えても5~10分前には着くと思っていたら、甘かった。

基地に向かう道に出た途端に、すごい人混み。

Dsc_3182
(動けやしません。)

米軍の最新鋭ステルス戦闘機F-22ラプターが本土初上陸ということもあってか、昨年以上の人出。

Dsc_3523
(世界最強と言われる最新鋭のステルス戦闘機F-22ラプター。意外に小さかったのが印象的。軍事機密の固まりというだけあって警備も厳戒でした。)

時計の針が進むのを見てイライラしながら、列の流れに沿って進みます。
第5ゲート前の交差点は、帰る人と、入る人であふれ返っています。

Dsc_3185
(第5ゲート前の交差点付近は、すごい混雑です。ちなみいスクランブル交差点ではありません。)

ゲートの右と左で入りと出を分けていたので、ここまで来るとずいぶん楽になります。
ライブ開始まであと10分余り。

Dsc_3186

荷物と身分証明書のチェックを軽くクリアすれば、あとは、基地の中を突っ切るのみ。
多少混んでますが、これくらいなら大丈夫。

Dsc_3188
(「これくらいなら軽い軽い」と思っていたのですが…)

ライブ会場は、滑走路の真ん中。
去年行ったので、場所は覚えています。
ゲートからまっすぐ行って、突き当たりを左。
あとは、そこを直進するだけです。

しかし、ここも大変な混雑。

この通りです。

Dsc_3189

人で覆い尽くされた光景に、一瞬気が遠くなりました。
でも、ここで諦めることは出来ません。

人混みをかき分け走ると、ステージが見えます。
リハーサルで音出しをしているのか、『せきずい』Gt.& Vo. ゴウの声がかすかに聞こえます。

Dsc_3190
(やっとライブ会場が見えて来た。)

Dsc_3191
(聞き慣れた声がかすかに聞こえた。)

Dsc_3313
(本日のタイムテーブル)

汗を拭きつつ、ステージに近づくと、リハーサル中の最後だったようで、

Dsc_3192
(リハーサルの最終調整。始まってなくて良かったです。)

「一旦ここで引っ込んでまた出てきますから。」

とゴウの言葉の後にメンバーがステージを降りるところでした。

Dsc_3194
(「また出て来ますから」)

『せきずい』メンバーが、ステージから降りて数分後、ライブハウスと同様に「Space Cowboy」の『Talking in your sleep』に乗って、再び登場。

Dsc_3198
(メンバー登場!気合いが入ってます。)

Gt.& Vo. ゴウが言う。

「みなさんが見ているよりも、ステージの上から見える景色は、もっとすごい。
ずっと向こうまで広がっていて、最高ですよ。」

客席の端からステージを見ても、開放的な環境でいつもと全く違う雰囲気でしたが、きっと、それ以上の素敵な光景が広がっていたのでしょう。

Dsc_3460

顔なじみの『せきずい』ファンの顔だけでなく、この日は、一般の観客もたくさん足を止めて見ていました。

Dsc_3206
(Bass カズヒロ)

Dsc_3219
(去年は、ステージのすぐ近くまで行けたのですが、今年は規制線が引かれ、その中には入れなくなりました。ちょっと寂しいですね。)

Dsc_3232_2

Dsc_3235
(Key. ヨシアキ)

Dsc_3241
(Bass カズヒロ[左]、Gt.& Vo. ゴウ[右])

Dsc_3245
(Gt. テツヲ)

Dsc_3288
(Drs. リョウ)

Dsc_3252
(「暑い中ですが、ジャンプを!」と、『チャリンコライダー』の前フリをするゴウ。)

Dsc_3254
(チャリで~♪)

Dsc_3265

Dsc_3285

Dsc_3277

Dsc_3366

Dsc_3372

Dsc_3382

Dsc_3388

写真を撮りながら、

「爽やか系のバンドだね。」
「あの子(どの子のこと?)かわいいよね?」
「結構いいよね。チラシもらっとく?」

なんて、言葉を聞くと、ファンとしては、思わず頬が緩んでニヤニヤしてしまいます。

Dsc_3293

Dsc_3331

Dsc_3338

Dsc_3394

Dsc_3466

日本人だけでなく、米軍の兵士やその家族、人種も性別も年齢も様々ですが、こうして観客として、同じ音楽を聴いて楽しめるのは、本当に平和だと思います。

Dsc_3301
(Key. ヨシアキの上に屋上から警備をする米軍兵士。こういうのを見ると、ここが軍事施設であることを改めて実感させられます。)

いつもと違うスケールの大きな場所でのライブだったからでしょうか。
日本の中のアメリカという特殊な場所だったからでしょうか。

彼らの演奏が普段よりもずっと遠くまで届いていたように感じられました。
夏の終りにまたいい思い出が出来ました。

セキズイズム
セキズイズム
posted with amazlet at 09.08.23
せきずい
yellow ribbon inc. (2004-04-07)
売り上げランキング: 40009
おすすめ度の平均: 5.0
5 これがインディーズ?
4 お父さんもハマった!
5 幸せ配達された
5 夢とパワー
5 元気になりたい方、夢を見失いかけた方にお勧めです。

|

« 夏の終りの花火大会 | トップページ | F-4EJ改に見る自衛隊装備の老朽化 »

コメント

来年こそは、絶対に行くぞupと、
素晴らしい写真cameraを拝見して決意しました。

家から遠く、混んでいて、夕方からの野外
という状況に尻込みしてしまいましたbearing
でも、Cさんのほうが遠いですよね!good

いい雰囲気ですね~note
まわりがなんとなくガヤガヤしていて、
それを包むように音が響いていて・・・
そんなライブが一番好きです。
アウェイな感じのlovely・・・

来年は、絶対いこ!

投稿: meru | 2009/08/25 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/46010914

この記事へのトラックバック一覧です: せきずい in 横田基地(2009.8.23):

« 夏の終りの花火大会 | トップページ | F-4EJ改に見る自衛隊装備の老朽化 »