« 吉祥寺 | トップページ | 絶対に変(笑) »

2009/10/29

将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?

東京・芝にある増上寺は、徳川家の菩提寺。

歴代将軍の霊が祀られています。

戦後、増上寺の敷地内には、東京タワーやプリンスホテルが建ちました。

その過程で徳川将軍の霊廟も移転の対象となり、お墓を掘り起こしての引っ越しとなりました。

江戸幕府2代将軍 徳川秀忠の霊廟もその一つでした。

将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?
(霊廟を中心とした建物群の入口だった惣門。建物の多くは空襲で罹災・焼失。)

将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?
(「台徳院」とは、徳川秀忠の院号です。)

跡地は西武グレープのプリンスホテルの所有地となり、ゴルフ練習場になってしました。

上京して、すぐの頃、変わり果てた姿を見て、愕然としたものです。
「大門」の名で知られる増上寺の三解脱門を見て、わくわくした気持ちが一気にたたき落とされた感じでした。

将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?
(「大門」の名で知られる増上寺の三解脱門。この風景に「さすが将軍家の菩提寺」と期待したが…)

その後、再開発で「ザ・プリンスパークタワー東京」というタワー型の豪華なホテルになりました。

こんなに立派な建物です。

将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?
(東京タワーを従える高層タワー型ホテルの場所に将軍 秀忠の墓所があった。)

今日は取材で、ザ・プリンス・パークタワー東京の地下2階のホールに行きましたが、この場所に徳川秀忠が眠っていたと思うと複雑な気持ちでした。

【補記】
改葬される際に、土葬状態で埋まっていた歴代将軍の遺骸を発掘して調査されています。
ちなみに秀忠はがっしりとした体格で、血液型はO型だったことがわかっています。
この時の詳細な報告が、増上寺 徳川将軍墓とその遺品・遺体という本にまとめられて、東京大学出版会から出版されています。
発掘直後の様子がたくさんの写真付き(白骨化した遺骸がたくさん…)で掲載されています。(昔、図書館で初めて見た時は、衝撃を受けました。)

発掘・調査後、将軍の遺骸は、荼毘に付されて、再び眠りについている場所が、今の墓所となります。

終戦直後や高度経済成長期といった時代もあったのでしょうが、何とも乱暴で情のないことです。


徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書)
篠田 達明
新潮社
売り上げランキング: 21994
おすすめ度の平均: 5.0
3 徳川の血
3 アイディアは斬新
5 地味だが真面目でおもしろい
5 徳川将軍家分析の新しい切り口,実に斬新な内容,おもしろい!
5 徳川将軍15人のカルテが見られる書。

|

« 吉祥寺 | トップページ | 絶対に変(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/46618612

この記事へのトラックバック一覧です: 将軍 徳川秀忠のお墓の跡に建った豪華な建物とは?:

« 吉祥寺 | トップページ | 絶対に変(笑) »